ランボルギーニ 新型 シアン 初のハイブリッドモデル 限定生産63台 発表

ランボルギーニ・シアン ランボルギーニ
ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニは初のハイブリッドモデル「ランボルギーニ・シアン」を2019年9月12日に開催される「フランクフルトモーターショー2019」にて一般公開する。

ランボルギーニ 新型 シアンについて

アヴェンタドールの後継車として量産ハイブリッドカーである。ブランド創立年度に敬意を表して、わずか63台のシアンを制作すべての車はすでに完売済みである。

ランボルギーニ・シアン

6.5L 自然吸気V12エンジン最高出力774 HP(785 PS)にマイルドハイブリッドシステム48V、34HPの電動モーターを使用。合計の最高出力は808 HP(819 PS)となる。

ランボルギーニ・シアン

2.8秒未満で0-62mph(100km/h)、最高速度は217mph(350km/h)ランボルギーニによって社内で開発された回生ブレーキシステムは、蓄電池の対称的な動作を利用し、ブレーキをかけるたびに完全に充電。貯蔵されたエネルギーは、最大80mph(130km/h)の速度のパワーブーストとしてドライバーに即座に利用可能。ギア内加速も大幅に改善され、新しいランボルギーニシアーンは、アヴェンタドールSVJに比べて 43〜75mph(70〜120 km/h)走行で1.2秒速くなった。

ランボルギーニ・シアン

リチウムイオンバッテリーパックを使用する代わりに、同じ重量のバッテリーよりも3倍強力で、さらに3倍軽量な蓄電装置を使用。最適な重量配分のために、キャビンとエンジンの間の隔壁に取り付けられている電気モーターと蓄電装置の重量はわずか34 kgであり、シアンはアヴェンタドールSVJよりも優れた重量対出力比1.0kg/hpを達成。

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ・シアン

ランボルギーニ・シアン

「ランボルギーニ・シアン」は、ランボルギーニの電動化への第一歩であり、今後も同様の電動化が進められるだろう。

フランクフルトモーターショー2019 出展車両まとめ

フランクフルトモーターショー2019 出展車両まとめ
「フランクフルトモーターショー」はドイツのフランクフルトで2年に1度開催される世界最大のモーターショーである。 プレスデー:2019年9月10日〜9月11日  開催期間:2019年9月12日〜9月23日(日本時間) 随時更新 レク...

ソース

https://www.carscoops.com/2019/09/new-lamborghini-sian-breaks-cover-as-brands-first-hybrid-and-most-powerful-supercar/

ランボルギーニ ニュースリリース

https://www.lamborghini.com/jp-en/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/lamborghini-sian-the-first-hybrid-few-off

https://www.lamborghini.com/jp-en

ランボルギーニ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました