レクサス 新型 EVコンセプトカー「LF-30 Electrified」2019年10月23日発表

レクサス

レクサスは2019年10月23日に開催されている第46回東京モーターショー2019にて、次世代の電動化戦略「Lexus Electrified」を発表、電気自動車(EV)のコンセプトモデル「LF-30 Electrified」を世界初公開した。

電動化戦略「Lexus Electrified」

電動化技術を用いて車両の基本性能を大幅に進化させ、自動運転や電動化などモビリティ社会が変化し続ける時代においても、お客様へクルマがもたらす楽しさ・喜びを提供し続けることを目指す思想である。

2025年には全車種に電動車を設定し、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回ることを目標とします。直近では2019年11月にLEXUS初のEV発表を予定しているほか、2020年代前半でPHVやEV専用モデルを投入する計画である。

LF-30 Electrified

電動化ビジョン「Lexus Electrified」を象徴するコンセプトカーである。デザインにおいては、EVに期待される先進イメージを、アーティスティックな質感まで昇華した未来的な造形や、自動運転を初めとする新技術を積極的に織り込んだインテリアにより、LEXUS独自の世界観確立を目指した。パフォーマンスにおいてもLEXUSが培ってきた電動化技術と運動制御技術が融合した新テクノロジー「Lexus Advanced Posture Control」を採用。緻密なモーター制御で従来のガソリン車では不可能な高度かつ自由度の高い姿勢制御を実現しました。さらに人間中心の設計思想に基づく新コンセプトのコックピットやステアバイワイヤなど、「電動化技術を用いた車両基本性能の大幅な進化」を実現するため、2030年を見据えた先進技術を数多く採用。

LF-30 Electrified スペック

スペック LF-30 Electrified
全長 5,090mm
全幅 1,995mm
全高 1,600mm
ホイールベース 3,200mm
重量 2,400kg
WLTP航続距離 500km
バッテリー容量 110kWh
充電電力 150kW
0-100km加速 3.8秒
最大速度 200km/h
最大出力/最大トルク 400kW/700Nm

レクサスニュースリリース

https://lexus.jp/pressrelease/news/20191023.html