MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

日産 新ブランドアンバサダー 「木村拓哉」さんが就任

日産は日産の新たな幕開けに合わせ、ブランドアンバサダーに「木村 拓哉」さんを起用。2020年8月22より新TVCM「やっちゃえ NISSAN 幕開け篇」をスタートする。

目次

TV CM 「やっちゃえ NISSAN 幕開け篇」

木村拓哉さんを起用した新CMは非常にメッセージ性の強い言葉と共にこれまで日産が作ってきた名車「GT-R」「サファリ」「240Z」「スカイラインGT-R」に乗り、最後には電気自動車 SUV「アリア」に乗り込み「さあ行くぞ、もう一度。 やっちゃえ NISSAN」と言う演出は鳥肌が立つしかっこいい演出です。

平坦な道なんて、なかった。 何度もつまづき、転びかけた。 それでも、逃げなかったろ。 諦めなかったろ。 そして、誰より、クルマを愛してきただろ。 上等じゃねぇか、逆境なんて。 待っても来ない夜明けなら、 こっちから迎えに行こうぜ。 さあ行くぞ、もう一度。 やっちゃえ NISSAN

「何度もつまづき、転びかけた。 それでも、逃げなかったろ。 諦めなかったろ。 そして、誰より、クルマを愛してきただろ。 」ここには本当日産の深い歴史を感じる言葉だと思います。

TV CM 「やっちゃえ NISSAN ハマっちゃう篇」

木村拓哉さんが電気自動車 SUV「アリア」を実際に使うシーンが印象的である。

あわせて読みたい
日産 新型 アリア 電気自動車 SUV 2020年7月15日発表 2021年11月12日順次発売 日産は新型電気自動車(EV)クロスオーバー「アリア」を2020年7月15日発表した。日本では2021年11月12日、新型BEV「アリア」のベースモデルの価格を発表。バッテリ容量6...

今後の日産はどうなる?

当サイトでは海外モデルの日産車をいくつも取り上げてきたが日本モデルとしての投入を見送られてきた車種を多く目にしてきました。日本市場はほぼ相手にしてこなかった日産、カルロスゴーン氏が抜け、2019年度決算をオンライン記者会見にて実施。そこで18カ月以内に12車種投入すると発表したこともあり、現在の経営状況からみても日本市場でも新型車の導入と効率化を図ることは最重要であり2023年度までが非常に楽しみであると同時に今後を左右することになるだろう。

あわせて読みたい
日産 18ヶ月以内に12車種投入 シルエットから車種を分析してみた 日産は「NISSAN NEXT: From A to Z」と言う動画を公開し12の新型車と思われる車種のシルエットが登場。2019年度決算をオンライン記者会見にて実施。そこで18カ月以内に1...

これから新型投入で期待される「X-TRAIL」「NOTE」「フェアレディZ」に大きな期待をしたい。

あわせて読みたい
日産 新型 エクストレイル e-POWER フルモデルチェンジ 日本モデル 2022年7月25日発売 日産は新型「エクストレイル (X-TRAIL)」のフルモデルチェンジを行い日本モデルを2022年7月25日に発売する。日本モデルでは日産独自のハイブリッドシステム、「e-POWE...
あわせて読みたい
日産 新型 ノート e-POWER 3代目 フルモデルチェンジ 2020年12月23日発売 日産は新型「ノート 」「ノートe-POWER」のフルモデルチェンジを行い2020年11月24日発表、2020年12月23日に発売する。 【3代目 新型 ノート / ノートe-POWER について】...
あわせて読みたい
日産 新型 フェアレディZ フルモデルチェンジ Z34 日本モデル 2022年7月発売 日産は「フェアレディZ」のフルモデルチェンジを行い2022年7月発売する。日本導入記念モデルとなる特別仕様車「Proto Spec(プロトスペック)」も同時に発売する。価格:...

日産ニュースリリース

https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/release-5f786044eb466dfe0a86a13a520096cc-200820-00-j

NISSAN

https://www.nissan.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次