日産 新型 ジューク フルモデルチェンジ 2代目 欧州モデル 2019年9月3日発表

日産 JUKE 日産

日産は「ジューク」のフルモデルチェンジを行い2019年9月3日(現地時間)に正式発表した。欧州モデルの発表となる、2019年11月発売予定だ。

2019年9月12日に開催される「フランクフルトモーターショー2019」にて一般公開する。

新型ジューク フルモデルチェンジについて

フルモデルチェンジした2代目となる新型ジュークはエクステリアデザインは先代モデル特徴である象徴的な円形ヘッドランプを継承した、上部には水平ラインのLEDライトから流れる様に大型Vモーショングリルに繋がる。更にCピラーに「フローティングルーフ」デザインを採用。

日産 JUKE

日産 JUKE

日産 JUKE

日産 JUKE

日産 JUKE

日産 JUKE

日産 JUKE

日産 JUKE

新型マーチ(マイクラ)やルノーキャプチャーから採用された新CMF-Bプラットフォームを採用する。CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)とは日産自動車とルノーが共同開発した、プラットフォーム基本的に「コックピット」、「エンジン」、「フロントアンダーボディ」、「リヤアンダーボディ」の各モジュールに「電子アーキテクチャー」を加えた5つのモジュールから構成されるのがCMFである。先代モデルで採用していた17インチホイールから、19インチホイールを採用。更にボディサイズを拡大、室内空間も広くなった。

日産 JUKE

更に先進安全技術「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」をはじめとする 「セーフティシールド360」「プロパイロット」など搭載。

新型ジューク

インテリアはインパネの上面にソフトパットを使用し高級感を高めた。NissanConnectインフォテインメントシステムは、Apple CarPlay、Android Auto、およびGoogle Assistantと互換性のある8インチタッチスクリーンディスプレイを採用。電動パーキングブレーキ&ホールドを採用。

新型ジューク

新型ジューク

The next generation Nissan Juke is here.

新型ジューク スペック(海外モデル)について

新型ジュークの海外モデルには「1.0L 直列3気筒ターボエンジン」を搭載。最高出力86kW(117ps)、最大トルク200Nm、6速マニュアルトランスミッションまたは7速DCTデュアルクラッチトランスミッションの組み合わせ。

スペック 新型ジューク
全長 4,210mm
全幅 1,800mm
全高 1,595mm
ホイールベース 2,636mm
エンジン 1.0L 直列3気筒ターボエンジン
最高出力 86kW(117ps)
最大トルク 200Nm
トランスミッション 6速MT/7速DCT

新型ジューク 先進安全技術 「セーフティシールド360」「プロパイロット」など搭載

「 360° セーフティアシスト」は、7種類の先進運転支援システムで構成される。「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」「アダプティブハイビームアシスト/ハイビームア」「後退時車両検知警報 RCTA」「インテリジェントLI /LDW(車線逸脱警報)」「RCTA 後退時車両検知警報」「標識検知機能」を採用。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ

フロントカメラで前方の車両(約10〜80km/h)や歩行者(約60km/h以下)を検知。夜間走行時にも動作。衝突の可能性が高まるとメーター内ディスプレイへの警告表示とブザーで注意を喚起し、ドライバーに回避操作を促します。万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、ブレーキによる衝突回避操作をサポート、または衝突時の被害や傷害を軽減。

踏み間違い衝突防止アシスト

進行方向に壁などがある場所での駐車操作中(約15km/h未満)、ブレーキ操作が遅れたり、アクセルペダルをブレーキペダルと間違えて踏み込んでしまった場合、警告すると共にエンジン出力やブレーキを制御し、過度の加速や衝突防止を支援。車両や歩行者の検知。

インテリジェントLI /LDW(車線逸脱警報)

意図せず走行車線を逸脱しそうな場合、表示と音で注意を喚起。

アダプティブハイビームアシスト/ハイビームアシスト

前方検知用のカメラで、先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替え。

RCTA 後退時車両検知警報

後退時に後方を横切ろうとする車両に衝突する恐れがあるとき、警報によってドライバーに注意を促す。

インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)

死角になりやすい隣接レーンの後側方を走行する車両を検知すると、ドライバーに表示で知らせ、さらに車線変更を開始した場合には、警報とともに車両をもとの車線内に戻すような力を発生し、隣接レーンの車両との接触を回避するようアシスト。

標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)

フロントカメラにより前方の「車両進入禁止標識」「最高速度標識」「一時停止標識」を検知。メーター内ディスプレイへの警告表示とブザーでドライバーに伝える。

新型ジューク オプション 採用

インテリジェント ルームミラー

インテリジェント ルームミラーは、車両後方のカメラ映像をミラー面に映し出す。

インテリジェント クルーズコントロール

先行車を検知している場合、ドライバーが設定した車速(約30~100km/h)を上限として、停止~約100km/hの範囲で先行車との車間を保つよう追従走行。

インテリジェント アラウンドビューモニター

上空から見下ろしているかのような映像をディスプレイに映し出し、
スムースな駐車をサポート。

プロパイロット

高速道路で負担を感じる二大シーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作をクルマがサポート。

プロパイロット パーキングアシスト

3ステップの操作だけで駐車完了するまでドライバーをアシスト。ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフト、さらにパーキングブレーキまですべて制御。

日産 安全運転支援システム プロパイロットなど搭載車まとめ

新型ジューク プレミアエディション

日産ジュークプレミアエディションは、ヨーロッパ全体で500台限定。ボディカラーはブラックと富士サンセットレッドのツートンカラーを採用。専用の19インチアルミホイールを採用。ンテリアは真っ黒なAlcantara®で作られている。

日産 新型 ジューク e-POWER フルモデルチェンジ 2代目 プロパイロット 2019年9月3日発表

日産 新型 ジューク e-POWER フルモデルチェンジ 2代目 プロパイロット 2019年9月3日発表
日産は新型「ジューク」のフルモデルチェンジを行い2019年9月3日発表(現地時間)した。日本モデルではハイブリッドモデル「e-POWER」を追加する。 2019年2月4日に英国で最大の自動車組み立て工場である日産のサンダーランド工場で、次...

ソース

https://www.carscoops.com/2019/07/2020-nissan-juke-teased-debuts-this-fall/

https://www.carscoops.com/2019/09/all-new-2020-nissan-juke-grows-up-without-losing-its-quirky-looks/

https://germany.nissannews.com/de-DE/releases/release-6807a703fe916045dccbadaae201c0cd-keep-your-eyes-open

日産ニュースリリース

https://uk.nissannews.com/en-GB/releases/release-3c884cb9b519fedef4610a96c8014eda-spoiler-alert-new-nissan-juke-primed-and-ready-for-action

https://www.nissan.co.uk/vehicles/new-vehicles/juke-2019.html

日産 ジューク

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/juke.html

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました