ポルシェ

ポルシェ 新型 タイカン クロスツーリスモ EVモデル 2021年3月5日世界初公開

ポルシェはEV(電気自動車)「タイカン」をベースにした「タイカン 4クロスツーリスモ」を2021年3月5日(現地時間)に世界初公開した。

ポルシェ 新型 タイカン クロスツーリスモ について

「タイカン」をベースにした「タイカン 4クロスツーリスモ」はデザインは引き継がれているが、長くて平らなルーフは、助手席にわずかなヘッドルームを追加、後部には便利な1.85インチ(47mm)多くなります。トランクが大きくなります。後部座席を落とすと、42.8cu ft(1,212リットル)で、さらに2.9cu ft(82リットル)がフランク。ベースのタイカンにはない全輪駆動と、ベースのタイカンに入れることができるが追加料金が必要な、より大きな93.4kWhパフォーマンスバッテリープラスが含まれる。他の標準キットには、アダプティブエアサスペンションとパノラマルーフが含まれている。

実用性は、あなたがどれだけ収まるかだけでなく、あなたがあなたの貨物を運ぶことができる場所にまで及びます。ツーリスモはセダンより20mm高く乗り、砂利モードに切り替えることによってさらに10mm持ち上げることができます。それでも不十分な場合は、オフロードデザインパックを使用すると、フロアパンと道路の間にさらに20mmの日光が入る。

標準の「4クロスツーリスモ」の他に、タイカンセダンを反映した「4S」「ターボ」「ターボS」のラインナップがあり。それらはすべてツインモーターと全輪駆動を備えている、追加のリアボディワークはレースで10分の1の費用でそれぞれ60mphになります。ベースカーはそこに到達するのに4.8秒かかりますが、ターボSは2.7秒(タイカンセダン2.6秒)でそれを行うことができる。

ポルシェ 新型 タイカンについて

ポルシェ初となるスポーツタイプのEV(電気自動車)である。

ポルシェ 新型 タイカン エクステリア

「タイカン」はポルシェらしいのエクステリアを採用した、4シーターのスポーツカーである。

porsche taycan

porsche taycan

porsche taycan

porsche taycan

porsche taycan

ポルシェ 新型 タイカン インテリア

メーターパネルは、クラシック、マップ、フルマップ、ピュアの4つの異なるモードを備えている。クラシックモードは従来のインストルメントクラスターに似ているが、2つのマップモードにはナビゲーション情報が表示。一方、純粋モードは、矢印を使用して「速度、交通標識、ナビゲーションなどの重要な運転情報」のみを表示する。

porsche taycan

porsche taycan

porsche taycan

porsche taycan

porsche taycan

porsche taycan

porsche taycan

デジタルインストルメントクラスターは、大型16.8インチ ディスプレイで、本物のガラスと反射防止特性を与える「蒸着蒸着偏光フィルター」を使用。

インフォテインメントシステムの下には、2つの長方形の通気口と触覚フィードバックを備えた8.4インチのタッチスクリーンを備えたランプ状のセンターコンソールがる。温度調節設定と加熱/換気されたフロントシートに簡単にアクセス、画面には手書き認識技術があり、ユーザーはナビゲーションシステムの住所を簡単に入力できる。

porsche taycan

助手席側には中央の10.9インチ インフォテインメントディスプレイがあり、「Hey Porsche(ハイ ポルシェ)」に対応する音声制御技術とナビゲーションなどのアプリを備えいる。電話、メディア、ポルシェコネクトに対応。Apple Musicを搭載する。

ポルシェ 新型 タイカン スペックについて

porsche taycan

スペック タンカン 4S タンカン ターボ タンカン ターボ S
全長 4,963mm
全幅 1,966mm
全高 1,300mm
ホイールベース 2,900mm
モーター 電気モーター×2
最高出力 390kW
(530PS)
500kW
(680ps)
560kW
(761ps)
最大トルク 640Nm 850Nm 1,050Nm
駆動方式 4WD
バッテリー 93.4kWh
リチウムイオンバッテリー
最高速度 260m/h
0-100km/h加速 4.0 秒 3.2秒 2.8秒
WLTP航続距離 463km 450km 412km

porsche taycan

porsche taycan

porsche taycan

270 kWの充電器の場合、充電の最大80%をわずか22分半で受け取ることができ、すわずか5分で60マイル(96 km)の範囲が利用可能。 150kW DC急速充電器を使用すると、36分で80%に達することができますが、9.6 kWの単純な240ボルトコンセントは11時間待たなければならない。

新型 タイカン ニュルブルクリンク 北コースのタイムアタック

新型タイカンのプロトタイプで「ニュルブルクリンク 北コース」のタイムアタック行いEV最速となる「7分42秒」のラップタイムを記録したと2019年8月26日(現地時間)発表。

メルセデスAMG GT R  7分10秒92

ホンダ シビックタイプR 7分43秒80

ルノー メガーヌRS.275トロフィーR  7分54秒36

ポルシェジャパンが「タイカン」のプロモーションとしてバーチャルモデルの「imma」を起用

ポルシェ初のフル電動スポーツカー新型「タイカン」のプロモーションとして、バーチャルモデルの「imma」を起用することを発表。バーチャルモデルを起用したプロモーションは、ポルシェジャパンとして初めての試み。

ポルシェニュースリリース

https://www.porsche.com/japan/jp/aboutporsche/pressreleases/pj/

ソース

New Taycan Cross Turismo Is Porsche’s Electric Allroad That Starts At $90,900

タンカン

https://www.porsche.co.jp/sp/taycan/

ポルシェ

https://www.porsche.com/japan/

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-ポルシェ
-,