ロールス・ロイス 新型 ボートテイル 2021年5月27日発表

ロールス・ロイスは、ビスポーク仕様の「ボートテイル(Boat Tail)」を2021年5月27日(現地時間) 発表した。

目次

ロールス・ロイス 新型 ボートテイル

「ボートテイル」と呼ばれるこの印象的なコンバーチブルは、1920 年代後半から 1930 年代前半に製造された非常に珍しいローラーのシリーズにちなんで名付けられた。最も近い現代的な関係は、2017年にヴィラデステで発表された1回限りのスウェプテールクーペ。当時、1,280 万ドルの価格は、世界で最も高価な新車でした。

実際には、ボートテイルも3名の特別なユーザーと4年間の歳月をかけて製作。写真の車はその 3 台のうちの最初の車で、実行不可能なほど裕福な顧客から依頼されたもので、新車の納車に間に合うように復元された 1932年のオリジナルのロールスロイス ボート テールも持っていました。他の 2人の顧客は、匿名性を維持することに熱心だった。

 手の形をしたアルミニウム パネルの下には、最新のファントム リムジンに見られる、全長約5800mmの Architecture of Luxury アルミニウム スペースフレーム プラットフォームのバージョンがあります。これらのボディ パネルはすべて新しいものであり、超スリムな LED ヘッドライトと、さらにスリムなテールライトがピンチ テールに取り付けられているため、私たちの意見では、車の他の部分と不釣り合いに見える。

その尾の形を忘れてください。重要なのは、オープンポアの Caleidolegno ベニヤの下にある。中央に蝶番を付けたデッキリッドが蝶の羽のように開いて、ロールスが「ホスティング スイート」と呼ぶものを明らかにする. 中には、2つの冷蔵庫と、クリストフルの特別なカトラリーと食器セットがある。これは、高級な人々が夕食のテーブルに置いているものに違いない。セットアップは、カリナン SUV 用に設計された「レクリエーション モジュール」ロールスよりもさらに贅沢。

デッキリッドの 2 つの部分が上に持ち上げられると、ホスト スーツの 2 つのコンポーネントが上に持ち上げられ、アクセスしやすいように 15 度に傾けられる。カントリー ピクニック ツールキットを完成させるのは、カーボンファイバー製のスツール 2 組と、車の後部から伸びるパラソルです。キャビアが熱くなりすぎないようにする必要がある。長いボンネットの下には、ファントムのおなじみのV型12気筒 6.75L ツインターボエンジンがあり、最高出力563ps/5,000rpmを発揮。

あわせて読みたい
ロールス・ロイス 新型 ファントム フルモデルチェンジ 8代目 2018年モデル 2017年発売 BMW傘下のロールス・ロイス・モーター・カーズは2018年モデルとなるロールス・ロイス 8代目 新型ファントムのフルモデルチェンジ 2017年発売する。7代目 旧型ファントム...

ロールスロイス

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる