MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ステランティス 2026年 北米の充電規格(NACS)を採用

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 Jeep Wagoneer S

ステランティスは北米にてNACSの名前には言及しなかったが、ステランティスは北米のブランドが「一部の」2026年モデル車両から提案されたSAE J3400コネクタ(NACSコネクターの標準規格)を採用すると発表した。

電気自動車(EV)の普及に伴い、充電規格の統一は重要な課題となっている。北米では、テスラが独自に展開していたNACS規格が注目を集めている。今回、ステランティスがSAE J3400コネクタ(NACSコネクターの標準規格)格の採用を発表したことで、北米の充電環境は大きく変化する可能性がある。

目次

NACS規格とは?

NACS規格は、北米で広く利用されている充電規格です。テスラのスーパーチャージャーネットワークをはじめ、多くの充電ステーションで採用されています。NACS規格の採用により、EVユーザーは充電場所の選択肢が大幅に広がり、利便性が向上します。

NACS規格の優位性

NACS規格には、以下の優位性があります。

  • 充電速度が速い
  • 高出力に対応
  • 安全性が高い
  • コストが低い

これらの優位性から、NACS規格は北米における主流規格となる可能性が高いです。

ステランティス 北米の充電規格(NACS)採用について

北米充電規格(NACS)の優位性が強まっています。「フォード」「ゼネラルモーターズ」「BMW」「ホンダ」「メルセデス」「フィスカー」「ロールスロイス」「フォルクスワーゲン」「リビアン」「日産」「ジャガー」「ボルボ」「マツダ」「スバル」「トヨタ・レクサス」など、多くの自動車メーカーがこの規格を採用する計画を発表。

ステランティスは、フィアット・クライスラー・オートモービルズとPSAグループが合併して誕生した自動車メーカーです。多くのブランドを抱えるステランティスがSAE J3400コネクタ(NACSコネクターの標準規格)を採用すると発表されたことで一気に対応メーカーが増えることになる。北米の充電環境に大きな影響を与える。

NACS規格採用による影響

NACS規格の採用により、以下の影響が考えられます。

  • 北米におけるEVの普及が加速する
  • 充電ステーションの建設が進む
  • 充電料金が競争原理によって低下する

EVユーザーにとって、NACS規格の採用は大きなメリットとなります。

まとめ

NACS規格は、北米における主流規格となる可能性が高いです。ステランティスのNACS規格採用は、EVの普及を加速させ、充電環境を改善する効果が期待できます。

北米トヨタ EV充電 テスラ(NACS)規格を2025年から採用へ

北米 マツダ EV充電 テスラ(NACS)規格を2025年から採用へ

北米スバル EV充電 テスラ(NACS)規格を2025年から採用へ

ステランティス ニュースリース

https://media.stellantisnorthamerica.com/newsrelease.do?id=25673&mid=1

2024 Jeep Wagoneer S

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次