MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

【2024年】かっこいい車 セダン編 1度は乗りたいおすすめ ベスト5

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 cool sedan

2024年(令和6年)現在、新車で購入が可能なセダンの車種で独断と偏見でおすすめできる「かっこいい車」を紹介する理由はないが「かっこいい」そんな車を街中で見かけることもあるでしょう。これから車の購入を検討されている人は参考にして頂ければ嬉しいです。

目次

セダンとは?

セダンは、3つのボックス形状を持つ、フォーマルなイメージのある車種です。近年はSUVの人気に押され気味ですが、そのスタイリッシュなデザインと快適な乗り心地から、根強い人気を誇っています。

1位 トヨタ「プリウス」

第44回 2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー トヨタ「プリウス」が受賞、更に北米カー・オブ・ザ・イヤー2024を受賞しており世界で認められた5代目「プリウス」である。

5代目新型「プリウス」エクステリアはキープコンセプト。今や伝統的となった、「モノフォルムシルエット」ワンモーションスタイルの5ドアハッチバックのボディ形状を採用、今や伝統的となった、ワンモーションスタイルの5ドアハッチバックのボディ形状を採用、第2世代「TNGAプラットフォーム」を採用による、さらなる低重心化。19インチ大径タイヤの採用よって、よりスタイリッシュなプロポーション。トヨタの分類ではセダンとなる。

ハンマーヘッドをモチーフとした機能性とデザイン性を高次元で両立したフロントデザインとフルモデルチェンジにより大型 ”コの字型”DRL(デイタイムランニングライト)「シグネチャーランプ」を採用。ヘッドライト標準で「Bi-BeamLEDヘッドライト+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ」「LEDフォグランプ」が採用する可能性が高い。リアは完全な横一文字テールライトを採用。トヨタ車ではハリアーやクラウンでも似た横一文字テールライトを採用する。

トヨタ「プリウス」Bi-Beam LEDヘッドランプを全グレードで採用

Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDターンランプ+ LEDクリアランスランプ+LEDを全車に標準装備しているのは素晴らしいと感じました。

トヨタ「プリウス」ボディサイズが素晴らしい

ボディサイズは日本環境を考慮した全長4,600mm、全幅:1,780mm、全高:1,420mm、ホイールベース:2,750mmである。全長と全幅のサイズは非常に絶妙である。日本中に多い車種と比較すると「カローラスポーツ」は全長:4,375mm、全幅:1,790mm、全高:1,460mm、ホイールベース:2,640mmと比較すると全幅以外はすべて「インプレッサ」の方が少し大きい。

トヨタ「プリウス」インテリアの質感が高い

試乗するとわかりますが、運転席からの視界が非常によく、サイドミラーとピラーの形状が非常に考えられており先代よりも見やすく運転しやすい印象です。

「センターメーター」を廃止、正面にデジタルメーター採用、新型「MIRAI」や新型「クラウン」「ハリアー」などトヨタ車の流れとしてインパネ周りとしてはエアコンの吹き出し口を変更しナビディスプレイの位置を上にすることによりより使い勝手のいい仕様に変更する可能性が高い。「8インチor12.3インチディスプレイオーディオ」を採用する。更に、「電動パーキングブレーキ&ホールド」を採用する。「デジタルインナーミラー (前後方録画機能付)  」 車両後部に取り付けたカメラの映像をルームミラーに表示する。更に録画機能を備える。個人的には基本で付いていてほしい装備なので素晴らしいと思いました。

スペック新型プリウス 1.8L
(X/U)
新型プリウス 2.0L
(G/Z)
全長4,600mm4,600mm
全幅1,780mm1,780mm
全高1,430mm1,420mm
ホイールベース2,750mm2,750mm
エンジン直4 DOHC 1.8L+
モーター
(リダクション機構付き
シリーズパラレル
ハイブリッド)
直4 DOHC 2.0L+
モーター
(リダクション機構付き
シリーズパラレル
ハイブリッド)
最高出力72kW(98ps)/
5,200rpm
112kW(152ps)
最大トルク142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm
188Nm(19.2kgm)/
4,400-5,200rpm
フロントモーター
最大出力
70kW
(95PS)
83kW
(113PS)
フロントモーター
最大トルク
185Nm
(18.9kgfm)
206Nm
(21.0kgfm)
リアモーター
最大出力
30kW
(41PS)
30kW
(41PS)
リアモーター
最大トルク
84Nm
(8.6kgfm)
84Nm
(8.6kgfm)
システム出力103kW
(140ps)
144kW
(190PS)
0-100km/h加速9.3秒7.5秒
WLTCモード 燃費32.6km/L28.6km/L

2位 トヨタ「クラウン セダン」

トヨタは新世代「クラウンシリーズ第3弾となる新型「クラウン セダン」を2023年11月2日に正式発表、11月13日発売を開始する。HEV(ハイブリッド車)モデルとFCEVモデルをランナップし、価格は7,300,000円~8,300,000円となった。

トヨタ 新型 クラウン セダン エクステリアについて

フロント部分は独特なデイライト付きヘッドライトを採用する。「クラウン」エンブレムは継続採用リアは「LED リアコンビネーションランプ」を採用、横一文字に伸びる、薄くシャープなリアコンビネーションランプを採用。ボディカラーに今どきなツートン・カラーを採用する。駆動方式は「FR」ベース、全車ハイブリッドシステムを搭載プラットフォームは「TNGA」に基づく「新開発 プラットフォーム」を採用。シャシーをニュルブルクリンクで鍛え上げて「走る・曲がる・止まる」といった車両性能を大きく進化させている技術が継承される。

トヨタ 新型 クラウンセダン ボディカラーについて

モノトーンとなる単色を6色ラインナップ。

単色 6色

インテリアは最新装備充実

インテリアは共通化し、どの車種に乗っても「クラウンだね!」と思わせてくれるだろう。ディスプレイオーディオを一体化させたインパネデザインを採用。メーターには12.3インチ大型フル液晶デジタルメーターを採用。ナビゲーションシステムを「コネクティッドナビ」+「トヨタプレミアムサウンドシステム」を採用する 。デジタルインナーミラートヨタ初「ドライブレコーダー(前後方)」を採用。ディスプレイオーディオのオプションとして「車内Wi-Fi」を設定

クロスオーバーとセダンの内装を並べて比較すると共通化によってデザインは全く同じと言っていいだろう。しかし、カラーリングの部品に違いがあり「クラウンセダン」は水平基調カラーリングにより印象を変えているのがわかる。

「センターコンソール」「サイドパネル」が木目調にしており質感の高さが伺える。インテリアカラーは落ち着いたブラックとブラウン系の色合いとなっており落ち着いた印象を与えている。後部座席はこれぞクラウンというFRならではな室内空間となっており、質感の高さを感じる。

3位 レクサス「IS」

レクサスは「IS」をビックマイナーチェンジを行い2020年11月5日発売した。レクサスは「IS」の一部改良を行い 特別仕様車“F SPORT Mode BlackⅢ”を設定し、2022年8月25日に発売した。

レクサス 新型「IS」マイナーチェンジについて

愛知県豊田市下山地区に新設した車両開発用のテストコース「Toyota Technical Center Shimoyama」で鍛え上げた優れた操縦性や乗り心地。厳しい環境でクルマもエンジニアも日々繰り返し走行試験を行うことで、高次元での車両性能のつくりこみが可能となった。

2.5Lハイブリッドモデルはアクセル開度に対するエンジンとモーターの駆動力制御を変更。2.0Lターボモデルではドライバーのアクセル開度などから走行環境を判定し、シーンに応じて適切なギヤ段を設定するアダプティブ制御を採用。サイドラジエーターサポートの補強、フロントサイドメンバーのスポット打点追加、Cピラーからルーフサイドにかけての構造最適化などによりボディ剛性を高めることで、ハンドル操作に対するレスポンスなど運動性能も高めるとともに、ノイズや振動を徹底的に排除し乗り心地を向上させた。

ホイールの締結にハブボルトを採用し、締結力の強化と質量の低減を図りました。また、新採用の19インチタイヤはコーナリングフォースを大幅に向上。ショックアブソーバーのオイル流路に非着座式のバルブを設け、微小な動きに対しても流路抵抗による減衰力を発生させる「スウィングバルブショックアブソーバー」を採用。

レクサス 新型「IS」マイナーチェンジ エクステリアについて

エクステリアは「“Agile(俊敏) & Provocative(挑発的)”」をデザインコンセプトとし、走りを予感させるワイド&ローなスタンスと、シャープなキャラクターラインによるアグレッシブなデザインを目指した。

IS350 F SPORT

新開発の小型軽量ランプユニットを搭載した薄型のヘッドランプの採用、低く構えたグリル周りとそれに合わせて下げたサイドのキャラクターライン、ラゲージ後端部の造形で重心の低さを表現。張り出した前後フェンダー、Lシェイプ一文字シグネチャーランプ、立体的なバンパーガーニッシュを採用。加えて新意匠の19インチタイヤや、ワイドなトレッドによりスポーティな走りを予感させるプロポーションを実現。緩やかに傾斜したリヤクォーターピラーがサイドから回り込む引き締まったキャビンシルエットとし、張り出したリヤフェンダーとのコントラストでアグレッシブな印象を際立せた。

ボディパネル製造工程において、内側から突き上げる成形を追加した「突き上げ工法」を採用し、リヤフェンダーのシャープなキャラクターラインを実現。また、上下方向のプレスの動きに合わせて金型が横方向からスライドする機構を追加した、LEXUSならではの緻密で立体的な造形を可能とする「寄絞り(よせしぼり)工法」を世界で初めて開発。これによりラゲージ後端部のキャラクターラインにおいて、高精度でよりシャープな造形を実現。新意匠のスピンドルグリルはグリルの先端を起点に立体的な多面体構造とすることで押し出し感を強調。スピンドルをモチーフとしたブロック形状とメッシュパターンを組み合わせ、スポーティな印象とした。エクステリアカラーは、「ソニックイリジウム」「ソニッククロム」の2色を新規設定した。

レクサス 新型「IS」マイナーチェンジ インテリアについて

マルチメディアシステムは、新たに10.3インチワイドタッチディスプレイを採用、「SmartDeviceLink」「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。画面操作や音声操作が可能になるなど利便性が大きく向上しました。インストルメントパネル上部やドアパネルに有彩色を設定しツートーン配色。また、ツートーン配色によるコントラストで乗車時に高揚感を感じさせるカラーコーディネートとした。ドアトリムの一部にLEXUSの新たな加飾表現である複数のエンボスラインを交差させたグラフィックパターンを採用。オーナメントパネルにアッシュ(オープンフィニッシュ/墨ブラック)、ブラックジオメトリーフィルム、F SPORT専用サテンクロムを新規採用。

スペックIS300IS350IS300h
全長4,710mm
全幅1,840mm
全高1,435mm
ホイールベース2,800mm
エンジン2.0L 直列4気筒
ターボエンジン
3.5L V型6気筒
エンジン
2.5L 直列4気筒
エンジン
+モーター
最高出力180kW (245ps) /
5,800kgm
234kW (318ps) /
6,600rpm
131kW (178ps) /
6,000rpm
最大トルク350Nm (35.7kgm) /
1,650~4,400rpm
380 Nm(38.7kgm) /
4,800rpm
21Nm (22.5kgm) /
4,200~4,800rpm
モーター
最高出力
105 kW(143ps)
モーター
最大トルク
 300 Nm(30.6kgm)
トランス
ミッション
8-Speed
SPDS
電気式
無段階変速機
駆動方式FR
乗車定員5名
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

レクサス 新型 IS マイナーチェンジ 2020年11月5日発売

メルセデス・ベンツ「Cクラス」

メルセデス・ベンツは新型「Cクラス」の7年ぶりのフルモデルチェンジを行い日本モデルを2021年6月29日発表した。2021年2月23日14時(現地時間)にオンラインで世界初公開した。新型「Cクラス」はほとんどすべての点でより大きくなっていました。ホイールベースは1インチ(2.54 cm)大きくなり、後部座席の乗客はさらに0.8インチ(2 cm)の足元スペースを確保できます。後部座席のヘッドルームは0.6インチ(1.5 cm)増加し、前席の乗客の場合、肘の部屋と肩の部屋は約1インチ(2.54 cm)のバンプになる。

新型 Cクラス フルモデルチェンジ エクステリア

全長4,680mm、全幅1,860mm、全高1,747mmです。旧型モデルより2.5インチ(6.35 cm)長く、幅は0.4インチ(1 cm)です。新しいCクラスが古い車よりも少ないと登録する唯一の指標は、ルーフラインが0.4インチ(1.0 cm)低い高さです。VDA認定によると、荷物容量は17.9 cu-ftのままで、前世代のCクラスと同じ。

新型 Cクラス フルモデルチェンジ インテリア

新型「Cクラス」は新モデル世代として、メーカー初の電動化シリーズ。追加のハイライトとして、新しいSクラスに続く新しいCクラスには、第2世代のMBUX(メルセデスベンツユーザーエクスペリエンス)も装備さ。これにより、客室はさらにデジタル化され、インテリジェントになる。12.3インチ高解像度インストゥルメントクラスターと11.9インチの縦型ディスプレイを採用するセンターディスプレイの2画面を標準装備。

新型 Cクラス フルモデルチェンジ エンジン

「C300」はメルセデスのM254ガソリンエンジンを搭載。2.0L 4気筒ターボチャージャー付き、統合されたスタータージェネレーター(ISG)を備えた「C300」をマイルドハイブリッドにする48Vアーキテクチャーを組み込んでいる。限られた期間で、最大20 hp(20.2 PS)および148 lb-ft(200 Nm)のトルクのブーストが可能です。マイルドハイブリッドシステムにより、C300はエンジンを完全にオフにして滑空し、減速からエネルギーを回収する。トランスミッションは9G Tronic(9速AT)を搭載。C300のエンジンは、新しいツインスクロールターボチャージャーの配置を特徴としており、これはおそらくラグを少なくする。ただし、パフォーマンス志向のドライバーにアピールする別の側面があります。ターボチャージャーは、メルセデスがモータースポーツの頂点に立ち、これらの改善の一部は、ISGと組み合わせてオーバーブーストする機能。システム総出力259psシステムトルク200Nm、最高時速208km/h、100km/h加速5.9秒となる。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

メルセデス・ベンツ 新型 Cクラス フルモデルチェンジ 7年ぶり 日本モデル 2021年6月29日発表

BMW 「3シリーズ」

BMWは、新型「3シリーズ」のセダン / ツーリングのマイナーチェンジを行い、日本モデルを2022年9月20日発表し発売を開始した。

BMW 新型 3シリーズ マイナーチェンジ エクステリアについて

新型BMW 3 シリーズのエクステリア・デザインは、最新のBMW デザイン言語により、印象的なアップデートが行なわれている。新しいデザインのヘッドライトとBMWキドニーグリルを採用。デイタイム・ランニング・ライト機能を有する最新のLEDヘッドライトは、よりシャープな印象を与え、ダブル・バー採用のBMW 伝統のキドニー・グリル、フロント・エプロンのワイド化により、よりパワフルなデザインとなっている。リア・デザインにおいては、リア・コンビネーション・ライトを、より細く水平なラインとし、テール・パイプ径を90mm または100mm とすることで、パワフルな印象を与えている。

BMW 新型 3シリーズ マイナーチェンジ インテリア について

新型BMW 3 シリーズのインテリア・デザインにおいては、12.3インチのメーター・パネルと14.9インチのコントロール・ディスプレイを一体化させた最新の湾曲した「BMW カーブド・ディスプレイ」の採用により、優れた視認性と高い操作性を実現している。トランスミッションのシフト・レバーを廃止し、BMW 特有のiDrive コントローラー回りはすっきりとし、モダンな印象を与えている。なお、シフト・レバーの廃止に伴い、パドル・シフトは全てのモデルに標準装備。

新型3シリーズ ボディサイズについて

サイズ新型3シリーズ
全長4,720mm
全幅1,825mm
全高1,440mm
ホイールベース2,850mm

BMW 新型 3シリーズ マイナーチェンジ 安全装備について

高性能3 眼カメラ&レーダ ー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力を有す最先端運転支援システム、最新世代の安全機能を標準で装備している。高速道路での渋滞時においては、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」により、一定の条件下において、ステアリングから手を離しての走行が可能。 

スペック320i M Sport320i
エンジン2.0L 直列4気筒BMW
ツインパワーターボエンジン
2.0L 直列4気筒BMW
ツインパワーターボエンジン
最高出力135kW/5,000rpm115kW/4,500rpm
最大トルク300Nm/
1,350rpm-4,000rpm
250Nm/
1,300rpm-4,300rpm
トランスミッション8速AT/8速スポーツAT8速AT/8速スポーツAT
WLTCモード燃費13.0km/L13.0km/L
スペック320d xDrive M Sport
エンジン直列4気筒 2.0L BMW
ツインパワーターボ
ディーゼルエンジン
最高出力140kW/4,000rpm
最大トルク400Nm/1,750rpm-2,500rpm
トランスミッション8速AT/8速スポーツAT
WLTCモード燃費15.5km/L
スペック330e M SportM340i xDrive
エンジン直列4気筒 2.0L BMW
ツインパワーターボ
エンジン
直列6気筒 3.0L BMW
Mツインパワー
ターボエンジン
最高出力135kW/5,000rpm285kW(387PS)/
5,800rpm
最大トルク300Nm/1,350rpm-4,000rpm500Nm/
1,800-5,000rpm
モーター最高出力83kW
バッテリーリチウムイオン 10.3kWh
トランスミッション8速スポーツAT8速スポーツAT
0-100km/h加速5.9秒4.4秒
WLTCモード燃費13.4km/L10.6km/L

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

BMW 新型 3シリーズ マイナーチェンジ 日本モデル 2022年9月20日発売

まとめ

1度は乗りたい「かっこいい車」セダンを紹介したがいい車はありましたか?皆さんも街で見かける機会が多く目に止まる車種が紹介できたのではないかと思います。今後も気になる車種があれば随時更新していきます。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

【2024年】 速い車はこれだ! 0-100km/h加速 ランキング 国産・輸入車 世界トップ40

2024 cool sedan

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次