スズキ 新型 ワゴンR マイナーチェンジ 2020年1月20日発売

wagonr スズキ

スズキは「ワゴンR」「ワゴンR スティングレー」のマイナーチェンジを行い2020年1月20日に発売する。

新型ワゴンR マイナーチェンジについて

マイナーチェンジとなる新型「ワゴンR」は新開発「R06D型」エンジン(NA車)と新開発CVTを組み合わせた新しいパワートレインを採用。更に「デュアルセンサーブレーキサポート」のバージョンアップモデルを搭載。「前後の衝突被害軽減ブレーキ」「後方誤発進抑制機能」「リヤパーキングセンサー」をCVT搭載車(FA 5MT車除く)に設定した。「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当。

新型ワゴンR /ワゴンRスティングレーマイナーチェンジ スペック

スペック 新型ワゴンR/
ワゴンRスティングレー
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,680mm
ホイールベース 2,460mm
エンジン 660cc 直列3気筒
ターボエンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒
エンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒
エンジン
エンジン最高出力 47kW(64ps)/
6,000rpm
36kW(49ps)/
6,500rpm
エンジン最大トルク 98Nm(10.0kgm)/
3,000rpm
58Nm(5.9kgm)/
5,000rpm
モーター最高出力 2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
1.9kW(2.6ps)/
1,500rpm
モーター最高トルク 50Nm(5.1kgm)/
100rpm
40Nm(4.1kgm)/
100rpm
バッテリー リチュウムイオン
電池
駆動方式 2WD(FF)/4WD
WLCTモード燃費 23.4km/L(2WD)
21.8km/L(4WD)
25.2km/L(2WD)
24.2km/L(4WD)
24.4km/L(2WD)
23.2km/L(4WD)
乗車定員 4名

ワゴンR 6代目について

wagonr_2018_0041.jpg

wagonr_2018_0042.jpg

そして、5年目でのフルモデルチェンジする6代目新型ワゴンRはS-エネチャージを更に進化させモーターアシストする時間とモーター出力をUPし、容量の高い小型リチュウムイオンバッテリーを採用、更に、次世代軽量プラットフォーム採用とコンパクトで軽量なエンジンに仕上げJC08モード燃費33.4/Lまで引き上げる!!2014年12月22日から新型アルトで採用されている次世代軽量プラットフォーム「Kプラットフォーム」が使用される。車両全体で最大15%の軽量化を実現している。現行モデル同様に、ワゴンRは標準モデルとスティングレーモデルが用意されている。

現行モデルは先進安全技術にレーダーブレーキサポートを搭載しているが、新型にはデュアルセンサーブレーキサポートが搭載される。

ワゴンR 6代目 室内寸法について

wagonr_2018_0043.jpg

wagonr_2018_0044.jpg

全高:1,650mm (+10mm)

室内長:2,450mm (+285mm)

室内幅:1,355mm (+60mm)

室内高:1,265mm (0mm)

ホイールベース:2,460mm (+35mm)

(  )先代比

次世代軽量プラットフォーム採用により現行モデルよりも室内空間を広げることに成功した。

ワゴンR 6代目 スペックについて

スペック ワゴンR/
ワゴンRスティングレー
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,680mm
ホイールベース 2,460mm
エンジン 660cc 直列3気筒
ターボエンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒
エンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒
エンジン
エンジン最高出力 47kW(64ps)/
6,000rpm
38kW(52ps)/
6,500rpm
エンジン最大トルク 95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
60Nm(6.1kgm)/
4,000rpm
モーター最高出力 2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
モーター最高トルク 50Nm(5.1kgm)/
100rpm
バッテリー リチュウムイオン
電池
駆動方式 2WD(FF)/4WD
JC08モード燃費 28.0km/L(2WD)
27.0km/L(4WD)
33.4km/L(2WD)
30.4km/L(4WD)
26.8km/L(2WD)
25.4km/L(4WD)
乗車定員 4名

デュアルセンサーブレーキサポートを搭載

新型スイフトに採用された単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして危険を回避する。

前方衝突警報機能 約5km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。

前方衝突警報ブレーキ機能 衝突の可能性が高まると、警報に加え自動的に弱いブレーキを作動させ、運転者に衝突回避を促す機能。

前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能 衝突の可能性が高いと判断したあと、運転者が強くブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高める機能。

自動ブレーキ機能 衝突が避けられないと判断した場合に、自動で強いブレーキが作動し、衝突の回避、または衝突被害を軽減する機能。

誤発進抑制機能 ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避に貢献、前方約4m以内の障害物をステレオカメラで検知。停車、または約10km/h以下の徐行中、障害物があるにもかかわらずアクセルを大きく踏み込んだ場合に、エンジン出力を自動で抑えて急発進、急加速を抑制する機能。

車線逸脱警報機能 車線を外れそうになるとブザー音とメーター内の表示灯で警報。約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線の左右区画線を認識。車線を逸脱すると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。

ふらつき警報機能 車両が蛇行するとブザー音とメーター内の表示灯で警報。約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線内での車両の蛇行パターンから、ふらつきと判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。

先行車発進お知らせ機能 先行車の発進をブザー音とメーター内の表示でお知らせ停車時、先行車が発進して約4m以上離れても、自車が停止し続けた場合、ブザー音とメーター内の表示で運転者に先行車が発進したことをお知らせする機能。

後方誤発進抑制機能

前後の衝突被害軽減ブレーキ

リヤパーキングセンサー

軽初 ヘッドアップディスプレイ搭載

運転席前方のダッシュボードの上に、車速やシフト位置、デュアルブレーキサポートの警告などを表示する「ヘッドアップディスプレイ」を採用。

運転中、ドライバーの視線上に車速などを表示するため、ドライバーの視線移動を減らし安全運転に貢献します。ナビゲーション装着者を選択すればヘッドアップディスプレイ内に交差点案内が表示される。

SRSエアバック搭載

前席乗員の頭部や胸部への衝撃を緩和する「運転席・助手席SRSエアバック」を標準装備。HYBRID Tには、頭部への衝撃を軽減する「SRSカーテンエアバック」と側面衝突時の胸部への衝撃を軽減する「フロントシートSRSサイドエアバック」も装備し、6つのエアバックで衝撃にそなえます。

高性能シートベルト

前席のシートベルトには万一の衝突時、ベルトを瞬時に引き込んで体をしっかりと拘束するプリテンショナー機構を装備。さらに、ベルト荷重を2段階でコントロールする可変フォースリミッター機構も装備して胸部への衝撃を緩和します。

新型ワゴンR カラー 全10色について

wagonr_2018_0045.jpg

wagonr_2018_0046.jpg

ブリスクブルーメタリック

サニーイエローメタリック

リフレクティブオレンジメタリック

ピュアレッド

フィズブルーパールメタリック

スペリアホワイト

シルキーシルバーメタリック

アーバンブラウンパールメタリック

ブルーイッシュブラックパール

ピュアホワイトパール

スズキ 新型 ワゴンR / スティングレー フルモデルチェンジ 次世代軽量プラットフォーム採用 2017年2月1日発売
スズキは新型ワゴンR/スティングレーのフルモデルチェンジを行い2017年2月1日に発売した。新型ワゴンRの「FA」グレードに5速MT車を設定し2017年8月23日発売した。 スズキ ワゴンR FA 5MT 価格107万8920円~119万...

スズキワゴンR

https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/