トヨタ 新型 GR スープラとBMW 新型 Z4 徹底比較

supra 競合車種比較

トヨタは新型「GR スープラ A90型のフルモデルチェンジを行い2019年5月17日に発売する。BMWは新型Z4のフルモデルチェンジを行い日本では2019年3月25日発売を開始した。新型スープラ発売を前に簡単に兄弟車となるBMW 新型Z4のスペックや仕様比較をしてみた。

新型 GR スープラ A90 フルモデルチェンジ

今回の新型「GR スープラ A90型」はBMW 新型 Z4と共同開発により基本的にはプラットホームやエンジンはBMWが担当し、エクステリアデザインやインテリアデザインはトヨタが独自に行なっている。BMWの先進安全性能を採用したToyota Supra Sense を搭載。

新型 GR スープラ A90とA80ボディサイズ比較

スープラ A80型と比較すると全長-140mm、全幅+55mm、全高+20mm、ホイールベース-80mmである。全長を短くしながらもスープラ A80型と同様にロングノーズ・ショートデッキのデザインは継いでいながらも現代的なスポーツカーに仕上げた。前後重量配分を50:50とし全幅を伸ばしたことで安定性を向上しボディ剛性も高めておりよりスポーティな走りが楽しめる。

supra

GR supra A90

サイズ スープラ A80 新型スープラ A90
全長 4,520mm 4,380mm
全幅 1,810mm 1,865mm
全高 1,275mm 1290-1,295mm
ホイールベース 2,550mm 2,470mm

トヨタ 新型 GR スープラ A90とスープラ A80 スペック 徹底比較

新型 Z4 フルモデルチェンジ

Z4は先代に続きキープコンセプトながら、BMWの最新のデザインと先進技術を取り入れている。BMW Z4はLEDヘッドライトを標準装備、オプションのアダプティブLEDヘッドライト、インテリアには「BMWオペレーティングシステム7.0」などを採用した。

BMW Z4

BMW Z4

新型Z4と現行Z4ボディサイズ比較

先代モデルと比較して、全長は96 mm長い4,335mmに、全幅は75 mm広い1,865 mmに、全高は14 mm高い1,305 mmになりました。ホイールベースは26 mm短い2,470 mmになり、前後重量配分を50:50とし安定性を向上しボディ剛性も高めておりよりスポーティな走りが楽しめる。

サイズ Z4 新型Z4
全長 4,239mm 4,335mm
全幅 1,790mm 1,865mm
全高 1,291mm 1,305mm
ホイールベース 2,496mm 2,470mm

新型 GRスープラと新型 Z4 エクステリア比較

toyota-supra-gr

新型 GR スープラ

bmw-z4

新型 BMW Z4

toyota-supra-gr

新型 GR スープラ

bmw-z4

新型BMW Z4

新型 スープラ A90

新型 スープラ A90

bmw-z4

新型BMW Z4

サイズ 新型 Z4 新型スープラ A90
全長 4,335mm 4,380mm
全幅 1,865mm 1,865mm
全高 1,305mm 1290-1,295mm
ホイールベース 2,470mm 2,470mm

全長は新型スープラの方が長く全高は新型Z4の方が少し高い。基本は同様なのでその他に変化はない。

新型 GRスープラと新型 Z4 インテリア比較

toyota-supra-launch-edition

新型 GR スープラ インテリア

bmw-z4

新型BMW Z4 インテリア

toyota-supra-gr

新型 スープラ A90 インテリア

bmw-z4

新型BMW Z4 インテリア

新型 GR スープラのインテリアは多くの主要部品はBMW Z4と共通していることがわかる。インフォメーションシステムも同様であり、トヨタ車が好きな人からすると少し疑問が残るかもしれない。

新型 GRスープラと新型 Z4 エンジン

BMW製のエンジンで全て共通となる。GRスープラはクーペ、Z4はロードスターと形状が異なるため車両重量が違う、0-100km/h加速においてはスペックに差がでる。

3.0L 直列6気筒ターボエンジン

スペック GRスープラ
RZ
BMW Z4
M40i
エンジン 3.0L 直列6気筒
ツインスクロールターボ
最高出力 250kW(340ps)/5,000-6,500rpm
最大トルク 500Nm(51.0kgm)/1,600-4,500rpm
トランスミッション 8速スポーツAT
駆動方式 2WD (FR)
0-100km/h加速 4.3秒 4.5秒

2.0L 直列4気筒ターボエンジン

スペック GRスープラ
SZ
BMW Z4
sDrive20i
エンジン 2.0L直列4気筒
ツインスクロールターボ
最高出力 145kW(197ps)/4,500-6,500rpm
最大トルク 320Nm(32.6kgm)/1,450-4,200rpm
トランスミッション 8速スポーツAT
駆動方式 2WD (FR)
0-100km/h加速 5.2秒 5.4秒

2.0L 直列4気筒ターボエンジン

スペック GRスープラ
SZ-R
BMW Z4
sDrive30i
エンジン 2.0L直列4気筒
ツインスクロールターボ
最高出力 190kW(258ps)/5,000-6,500rpm
最大トルク 400Nm(40.8kgm)/1,550-4,400rpm
トランスミッション 8速スポーツAT
駆動方式 2WD (FR)
0-100km/h加速 6.5秒 6.6秒

2019年7月からはラインアップに6速MT搭載モデルを「sDrive20i」に追加する。マニュアルは新型GR スープラにはラインナップにないためMTを選択したい場合は新型Z4となる。

新型 GRスープラと新型 Z4 価格グレード

エンジンスペックで価格を比べてみたが、同様のエンジンを搭載したモデルでの価格差は「2.0L直列4気筒ツインスクロールターボ 145kW(197ps)」モデルでは76万円〜175万円の差がありスープラの方がお得だ、上位モデルの「3.0L 直列6気筒ツインスクロールターボ250kW(340ps)」は145万円の差でこちらもスープラの方がお得だ。しかし、ボディ形状がハードトップとオープンソフトトップで異なることやBMWは次世代のデジタルコクピット「BMWオペレーティングシステム7.0」AIによる「BMW Intelligent Personal Assistant」などを搭載しており価格差があることや付加価値の考えると価格差があるのは当然かもしれない。

エンジン 新型 Z4 新型スープラ A90
2.0L直列4気筒
ツインスクロールターボ
145kW(197ps)
5,660,000円〜6,650,000円 4,900,000円
2.0L直列4気筒
ツインスクロールターボ
190kW(258ps)
5,900,000円
3.0L 直列6気筒
ツインスクロールターボ
250kW(340ps)
8,350,000円 6,900,000円

トヨタ 新型 スープラ フルモデルチェンジ A90型 GRブランド 2019年5月17日発売

BMW 新型 Z4 フルモデルチェンジ トヨタと共同開発 スープラと兄弟車 日本 2019年5月17日発売

BMWニュースリリース

https://www.press.bmwgroup.com/japan/article/detail/T0288482JA/the-new-bmw-z4

BMW Z4
https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/z-series/roadster/2018/bmw-z4-first-edition.html

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/26144305.html

トヨタ スープラ

https://toyota.jp/new_supra/

競合車種比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019