トヨタ 2021年に米国市場で3台の新しい電動車(EV1台のPHEV2台)導入

トヨタ

トヨタ自動車は、米国市場で2台のバッテリー式電気自動車(BEV)とプラグインハイブリッド(PHEV)を追加すると2021年2月10日(現地時間) 発表した。

2021年に米国市場で3台の新しい電動車

 トヨタモーターノースアメリカ(TMNA)は、今年、米国市場でデビューする計画を発表した。3つの新しい電動モデル2つのBEVと1つのPHEV。

内部調査によると、BEVモデルとPHEVモデルには同様の環境上の利点。最新の環境行動計画は、トヨタ環境チャレンジ2050を支援する目標を追求。テキサス州プラノ(2021年2月10日)新しい電動モデルは、パワートレイン車におけるトヨタの米国のリーダーシップをさらに拡大。トヨタは代替燃料車市場全体の40%以上のシェアを持っており、これには燃料電池市場の75%のシェアと、ハイブリッドおよびプラグインの64%のシェアが含まれます。トヨタの目標は、2025年までに新車販売の40%を電動モデルにすることであり、2030年までに70%近くまで増加すると見込。

トヨタは、すべてのドライブ構成に柔軟性を提供する専用のBEVプラットフォームであるe-TNGAを開発。これらのイニシアチブは、2015年に導入されたトヨタ環境チャレンジ2050を達成するためのさらなるステップであり、トヨタがこれまでに行った中で最も要求が厳しく、最も刺激的な環境への取り組み。

トヨタ 専用EV「e-TNGAプラットフォーム」 2021電気SUVモデルに採用

トヨタ 専用EV「e-TNGAプラットフォーム」 2021電気SUVモデルに採用
トヨタは、スバルと共同開発した新しいEV専用プラットフォーム「e-TNGAプラットフォーム」をベースにした初の新型電気SUVモデルの発表した。e-TNGAプラットフォーム新しいe-TNGAプラットフォームの詳細とともに、様式化された...

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー TNGA についてまとめ

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー TNGA についてまとめ
トヨタは2012年4月に「もっといいクルマづくり」の具現化に向けた取り組みの一環として、TNGAの構想が初めて発表された。近年発売されるトヨタ車はトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(Toyota New Global Archit...

トヨタニュースリリース

https://pressroom.toyota.com/toyota-to-debut-three-new-electrified-vehicles-for-u-s-market/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報をフォローする。
最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。

最新自動車情報をフォローする。
最新自動車情報