ダイハツ ロッキー

ロッキーは、ダイハツ工業が製造・販売する小型SUVタイプの自動車である。

ロッキーについて

初代 F300S型

1990年6月発表発売。本格的なラダーフレームの上に、排気量1,600 ccのガソリンエンジン、3ドア・レジントップのボディーを載せる。1993年8月 マイナーチェンジ。1997年3月国内向けの生産完了。

2代目 A200S/210S型

ダイハツは新型5ナンバーサイズのコンパクトSUV「ロッキー」を2019年11月5日に発売した。ダイハツによって企画・開発から生産までを一括して担い、 トヨタに対して供給するOEM車、新型「ライズ」発売する。

新型「ロッキー」はボディサイズ全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mmの5ナンバーサイズに収めたコンパクトSUVである。 エクステリアは、新型「RAV4」などに採用されるアウトドア思考のデザイン、トヨタSUVの伝統を踏襲した力強く大胆なデザインを採用。プラットフォームはダイハツの「DNGAプラットフォーム」を採用。新型タントに続く「DNGA」第2弾となる。LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)を上位グレード「G」「Premium」採用。

大径17インチタイヤまたは16インチタイヤを採用。最小回転半径は4.9~5.0mとした。更にダイナミックトルクコントロール4WDを採用。設計および開発・生産をダイハツが行っているため先進技術「次世代スマートアシスト」を採用する。

メーターには7インチフル液晶のディスプレイ「アクティブ マルチ インフォメーションメーター」を採用。ライズ専用「9インチ ディスプレイオーディオ」を採用。SmartDeviceLinkとApple CarPlayに対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。ディスプレイオーディオやカーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「ダイハツコネクト」を採用。

荷室容量は369Lである。

「全車速追従機能付ACC」(上位グレードのみオプション)などの機能を追加した「次世代スマートアシスト」を搭載する。ステレオカメラを採用、歩行者対応や従来より作動速度域を拡大。「セーフティ・サポートカーS〈ワイド〉」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。

2021年11月頃に新たにハイブリッドグレードを追加

あわせて読みたい
ダイハツ 新型 ロッキー ハイブリッド 2021年11月1日発売 ダイハツは新型「ロッキー」に新たにハイブリッドグレードを追加し2021年11月1日に発売する。併せて トヨタに対して供給するOEM車、新型「ライズ」にもハイブリッドモデ...

「スマートアシストⅡ」「スマートアシストⅢ」「次世代スマートアシスト」の違いについて

機能システム スマートアシスト
スマートアシスト
次世代
スマートアシスト
方式 レーザーレーダー
+単眼カメラ
ステレオカメラ ステレオカメラ
自動ブレーキ 
歩行者

警告のみ
(50km/h以下)


(50km/h以下)


(50km/h以下)
自動ブレーキ 
衝突回避


(20km/h以下)


(30km/h以下)


(30km/h以下)
自動ブレーキ 
被害軽減


(30km/h以下)


(80km/h以下・
対歩行者 50km/h以下)


(80km/h以下・
対歩行者 50km/h以下)
誤発進抑制 
前方/後方

(ブレーキ制御)
車線逸脱警報
先行者発進
お知らせ
オートハイビーム
orアダプティブ
ハイビームシステム
標識認識機能
コーナーセンサー
スマート
アシスト
プラス
レーン
キープ
コントロール
全車速
追従機能付
ACC
スマート
パノラマ
パーキング
パノラマ
モニター
サイド
ビュー
ランプ
あわせて読みたい
ダイハツ スマートアシスト搭載車 まとめ スマートアシストは、ダイハツ工業が開発した予防安全機能ある。進化版である「スマートアシストII」「スマートアシストIII」「次世代スマートアシスト」についてまとめ...

ダイハツ スマートアシスト搭載車 まとめ

新型ロッキー ダイハツコネクト搭載

「ダイハツコネクト」では、クルマとスマートフォンを連携させることで、手軽にコネクトサービスを提供可能。ダイハツコネクトアプリを インストールすることで、もしもの時の安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマとドライバ ーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマのメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4つのサポートを使用可能となる。

あわせて読みたい
ダイハツ 「ダイハツコネクト」クルマとスマホを連携させるコネクトサービスを提供 ダイハツはディスプレイオーディオやカーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「ダイハツコネクト」の提供をタントに続く「DNGA」第2弾より開始する。 【...

ダイハツ 「ダイハツコネクト」クルマとスマホを連携させるコネクトサービスを提供

新型ロッキー スペックについて

気になるエンジンだがトヨタ「ルーミー/タンク」に搭載される1.0L 直3気筒ターボエンジンを搭載する。更にD-CVTと組みわせる。

スペック 新型ロッキー
全長 3,995mm
全幅 1,695mm
全高 1,620mm
ホイールベース 2,525mm
エンジン 1.0L 直3気筒
ターボエンジン
最高出力 72kW(98ps)/
6,000rpm
最大トルク 140Nm(14.3㎏m)/
2,400-4,000rpm
トランスミッション D-CVT
駆動方式 2WD/4WD
最小回転半径 4.9m
タイヤサイズ 195/60R17
WLCTモード燃費 18.6km/L(2WD)
17.4km/L(4WD)
JC08モード燃費 23.4km/L(2WD)
21.2km/L(4WD)
価格 1,705,000円~
2,422,200円

新型ロッキー グレード価格について

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動方式 価格(10%)
L 1.0L 直3気筒
ターボエンジン
D-CVT 2WD 1,705,000円
4WD 1,944,800円
X 2WD 1,848,000円
4WD 2,086,700円
G 2WD 2,002,000円
4WD 2,224,200円
Premium 2WD 2,200,000円
4WD 2,422,200円
あわせて読みたい
各社 5ナンバー サイズ クロスオーバーSUV 意外にないぞ! 2019年現在、各メーカーが販売に力を入れているのがSUVである。世界的な人気もあり今まで販売していなかったメーカーまでSUVを開発して販売している。びっくりするのが...

▶︎各社 5ナンバー サイズ クロスオーバーSUV 意外にないぞ!

ダイハツニュースリリース

あわせて読みたい
Access Denied

ダイハツ

あわせて読みたい
Access Denied

ダイハツ ロッキー

あわせて読みたい
Access Denied