ホンダ 新型 Honda e 電気自動車 サイドカメラミラーシステム搭載 2019年発売

honda e ホンダ

ホンダは2019年後半に新型電気自動車「Honda e」を日本で発売する。2019年3月7日に開催されるジュネーブモーターショー 2019にてプロトタプとなる「Honda e」を世界初公開した。欧州(英国、ドイツ、フランス、ノルウェー)では、専用のオンライン予約Webサイトで、英国では800ポンド(約11万円)の返金可能な予約料を支払うことで、「Honda e」の早期ビルド枠を確保でる。

Honda e (プロトタイプ)

Honda e (プロトタイプ)

市販化を予定する電気自動車のプレビュー「Honda Urban EV Concept (アーバンEVコンセプト)」をプレスデー2017年9月12日~13日、一般公開日9月16日~24日に開催されるフランクフルトモーターショー2017に世界初公開した。

Honda e (プロトタイプ)

Honda e (プロトタイプ)

2019年9月12日開催されるフランクフルトモーターショー 2019にて量産モデル「Honda e」を公開する。

Honda e Prototype – Dynamic Performance

新型Honda eについて

新開発のEV専用プラットフォームを採用。街乗りを重視し、コンパクトボディーでありながらロングホイールベースとし、後輪駆動を採用。重量配分は50:50とし安定性とハンドリング性能を最適なバランスを取っている。高容量35.5 kWhリチウムイオン電池はタイプ2 「ACコネクタ」か「CCS2 DC急速充電器」のどちらかを使うことができる。EV走行距離200km以上を達成。30分で80%まで充電が可能な急速充電にも対応していると言う。ポップアップ式のドアハンドル、ドアミラーの役割を持つ「サイドカメラミラーシステム」を搭載。日本で多い細い道でも楽に運転が可能な回転半径約4.3mとし軽自動車並とている。(同社の大人気車種「N-BOX」の最小回転半径はFFモデルで4.5mである。)Honda SENSING(ホンダ センシング)全車標準搭載

スペック 新型 Honda e
全長 3,895mm
全幅 1,750mm
全高 1,495mm
モーター 型式不明
最高出力 110kW(150ps)
最大トルク 300Nm
リチウムイオン電池 容量35.5 kWh
急速充電 80% 30分
駆動方式 FR
乗車定員 4名

honda e

honda e

honda e

サイドカメラミラーシステムを標準搭載

サイドカメラミラーシステム」を、ホンダの小型電動車「Honda e」に標準装備する。

サイドミラーの代わりにコンパクトなリアビューカメラを配置、ダッシュボードの両端にある車内に配置された2つの6インチスクリーンにライブ画像を映し出す。

honda e

honda e

honda e

honda e

カメラは「Honda e」の幅内に収まっており、ホイールアーチを越えては伸びていない。これにより、従来のドアミラーと比較して視認性が向上し、空力抵抗が約90%減少。コンパクトカメラだけで、自動車全体の空力効率が3.8%向上する。小型カメラはまた、高速では従来のサイドミラーよりも風切り音が少なく、静かな走行に貢献する。

honda e

ダッシュボード 全面ディスプレイ採用

ダッシュボードに全画面のディスプレイを採用。両サイドはデジタルインナーミラーを表示するディスプレイである。

Honda Urban EV

Honda Urban EV インテリア

Honda Urban EV

Honda SENSING(ホンダ センシング)全車標準搭載

Honda SENSING(ホンダ センシング)全車標準搭載。

衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)
前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援。約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。
路外逸脱抑制機能
車線を検知し、はみ出さないように支援。約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。
LKAS(車線維持支援システム)
車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。
ACC 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。30km/h~約100km/hで作動します。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。
標識認識機能
標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。
誤発進抑制機能
不注意による急発進を防止し注意を喚起。停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。
先行車発進お知らせ機能
停止時に、先行車が発進したことをお知らせ。
後方誤発進抑制機能
後方に障害物があるにも関わらず、セレクトレバーがR(リバース)の状態でアクセルペダルを強く踏み込んだ際、急な後退を抑制する機能。
オートハイビーム
対向車や前走車を検知し、 自動でハイ/ロービームを切り換え。良好な視界の確保に貢献するとともに、切り換え操作の頻度も低減。
システム 装備 新型 Honda e
CMBS
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
ACC
LKAS
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチックハイビーム

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?
2014年10月にホンダが発表した安全運転支援システム「Honda SENSING」HiDS(ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム)に、衝突被害軽減ブレーキのCMBSなどを統合した新たなシステムとして発表。2015年1月22日...

新型Honda e (プロトタイプ) ボディカラーについて

現在は5色をプロトタイプで発表しているが、実際には更に多くのボディカラーをランイナップするだろう。

  • クリスタルブラックパール
  • モダンスチールメタリック
  • チャージイエローメタリック
  • クリスタルブルーメタリック
  • プラチナホワイトメタリック
Honda e (プロトタイプ)

Honda e (プロトタイプ)

 

Honda e Honda e

Honda e Honda e

ホンダ EV車 今後について

今後のホンダは本格的にEVモデルを販売していく。

ホンダ 新型 X-NV CONCEPT 中国専用EV ヴェゼル ベース 上海モーターショー2019世界初披露

ホンダ 新型 X-NV CONCEPT 中国専用EV ヴェゼル ベース 上海モーターショー2019世界初披露
ホンダは中国専用EV「X-NV CONCEPT」を2019年4月16日~4月25日に開催される上海モーターショー2019 で世界初公開した。 X-NV CONCEPTについて 「X-NV CONCEPT」は中国市場に投入する初の量産EV...

ホンダ 新型 フィット EV フルモデルチェンジ 2020年発売

ホンダ 新型 フィット EV フルモデルチェンジ 2020年発売
ホンダは新型フィット EVのフルモデルチェンジを行い2020年に発売する。2020年前半までに中国で発売されるとされる。 予想価格:250万円 新型 フィット EVについて ホンダは「4代目 フィット 」ベースした電気自動車となる。 ...

ホンダ 新型 電気自動車 Honda Sports EV Concept EV性能と人工知能(AI)を組み合わせ 2019年発売

ホンダ 新型 電気自動車 Honda Sports EV Concept EV性能と人工知能(AI)を組み合わせ 2020年発売
ホンダは新型電気自動車「Honda Sports EV」を2020年頃に発売する。 市販化を予定する電気自動車のプレビュー「Honda Sports EV Concept」を(2017年10月27日(金)~11月5日(日))に開催される第...

Honda e スパイショット

海外では既に「Urban EV」のテスト走行が行われておりスパイショットの撮影にも成功している。

Honda-Urban-EV 

Honda-Urban-EV

Honda-Urban-EV 

Honda-Urban-EV 

Honda-Urban-EV 

Honda-Urban-EV 

Honda-Urban-EV 

Honda-Urban-EV 

Honda-Urban-EV 

ドアミラーの代わりに左右の小型カメラで両サイドをモニターに表示する「サイドカメラミラーシステム」を採用する。インテリアデザインに調和させて違和感のないデザインとした。

Honda-Urban-EV 

Honda Urban EV

アーバンEVコンセプトについて

アーバンEVコンセプトは新開発のEV専用プラットフォームを採用し2019年の発売を予定するコンパクト電気自動車のコンセプトモデルである。エクステリアサイズは全長をフィットから100mm小型化したサイズとなる。インテリアにウッドトリムアクセントを採用しシートは前後列ベンチシート形状、4人乗りである。パノラミックインフォテインメントシステムを採用。車両のフロント部分には充電状況やドライブへの助言、挨拶などを多言語で表示できるディスプレイが設置、他の道路利用者へメッセージを表示することが可能だ。スリムなAピラーとワイドな前面ガラスにより、遮るものを最小限に抑え圧倒的な開放感を実現しフロントドアにはリアヒンジ式のコーチドアを採用。木目調のフローティングコンソールを持つダッシュボードは、コンソール裏から左右ドアにまで伸びたスクリーンに囲まれ、両サイドのスクリーンはサイドミラーの機能として車両外部に取り付けられたカメラの映像を映し出す。新型バッテリーを搭載される。

HONDA_Urban_EV_concept

HONDA_Urban_EV_concept

HONDA_Urban_EV_concept

HONDA_Urban_EV_concept

HONDA_Urban_EV_concept

HONDA_Urban_EV_concept

HONDA_Urban_EV_concept

HONDA_Urban_EV_concept

今後新しい情報が入りたいお伝え致します。

フランクフルトモーターショー2019 出展車両まとめ

フランクフルトモーターショー2019 出展車両まとめ
「フランクフルトモーターショー」はドイツのフランクフルトで2年に1度開催される世界最大のモーターショーである。 開催期間:2019年9月12日〜9月23日(日本時間) 随時更新 レクサス 新型 LEXUS RX マイナーチェンジ ...

2019年 世界各国 モーターショー スケジュール 出展車両まとめ

2019年 世界各国 モーターショー スケジュール 出展車両まとめ
2019年に世界各国でモーターショーを行っています。 日程についてや、出展予定の新型車をまとめていきます。 随時更新。 東京オートサロン 2019 開催期間:2019年1月11日~13日  トヨタ 新型 スープラ フルモデルチェン...

ソース

https://www.carscoops.com/2019/02/hondas-new-ev-prototype-reveals-dashboard-design-extra-wide-screen/

https://www.carscoops.com/2019/05/honda-e-reservations-begin-in-europe-refundable-fee-is-800-in-the-uk/

https://www.carscoops.com/2019/05/honda-e-compact-ev-confirmed-with-standard-rear-view-cameras/

https://www.carscoops.com/2019/07/honda-es-electric-motor-delivers-150-ps-and-300-nm-of-torque/

ホンダニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2017/4170912.html

https://www.honda.co.jp/news/2017/c170929.html

https://www.honda.co.jp/news/2019/4190227.html

https://www.honda.co.jp/news/2019/c190508b.html

Honda e

https://www.honda.co.uk/cars/new/coming-soon/honda-e/overview.html

ホンダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました