日産

日産 新型 キャシュカイ (デュアリス) マイナーチェンジ 1.3L 4気筒 直噴ターボチャージャーエンジン搭載

2018年10月10日

nissan-qashqai

日産は新型「キャシュカイ (日本名 デュアリス)」のマイナーチェンジを行い欧州で2018年末に発売する。

新型 キャシュカイ (日本名 デュアリス)のマイナーチェンジ 2019年モデル

ルノー日産とダイムラーと共同開発した新型1.3L 4気筒 直噴ターボチャージャーエンジン「1.3 TCe」を搭載。最高出力140PSと160PSを用意。日産 GT-Rの「ミラーボアコーティング」技術の採用。

新型 キャシュカイ (日本名 デュアリス)のマイナーチェンジ 2019年モデル エクステリア

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

nissan-qashqai

新型 キャシュカイ (日本名 デュアリス) について

日本名はデュアリス 欧州名はキャシュカイ 米国名はローグスポーツ、エクストレイルとジュークの間のサイズとなる。米国の車名はNissan Rogue Sport(日産 ローグスポーツ)となる。更に、欧州ではキャッシュカイのマイナーチェンジを行い、自動運転技術 プロパイロット(パイロットドライブ 1.0)搭載 した。

Nissan Rogue Sport

Nissan Rogue Sport

左がデュアリス(Nissan Rogue Sport) 右がエクストレイル(Nissan Rogue)

キャシュカイは、欧州市場を主なターゲットとして開発されたクロスオーバーSUVである。英国サンダーランド工場で生産され発売した。2007年の販売開始から、欧州を中心に累計で200万台以上を販売。キャシュカイは、国内市場で「デュアリス」という車両名で販売されていた。ただし、欧州とは違って国内ではデュアリスの販売台数は落ち込んだ・・・2代目となりクロスオーバーSUVの要素を取り入れて大幅にデザインを変更した

新型エクストレイルの投入により、デュアリスの需要を取り込むことになった。日本のデュアリスは2014年3月31日をもって販売を終了した。国内市場におけるSUVのラインアップは、大型が「ムラーノ」、中型が「エクストレイル」、小型が「ジューク」となり、日本では販売をしない方向性だ。

新型キャシュカイ マイナーチェンジ Nissan Rogue Sport 米国仕様について

欧州モデルの新型キャシュカイと基本仕様は同じであるが、ヘッドライト、リアライトユニット、ステアリングホイールそして、ローカライズされたインフォテインメントシステムの表示などを変更。

スペック2.0L 4気筒エンジン
最高出力140ps
トランスミッションCVT
駆動方式FF/4WD

自動運転技術 プロパイロット(パイロットドライブ 1.0) 搭載

Piloted Drive 1.0は高速道路の単一のレーンを自律的に走行することが出来るのみである!!徐々に機能が追加され2018年にはレーンチェンジや道路上の危険を判断しての回避も出来るようになる。2020年には市街の交差点を安全にナビゲート出来るようなるそうだ!!

新型キャシュカイ Nissan Rogue Sport 米国市場投入の背景

欧州市場では大人気となっているコンパクトクロスオーバーSUVだが米国市場でも急激に乗用車からクロスオーバーSUVに需要が移っていることもありそのキャシュカイをリリースすることを日産が計画している販売すれば今の日本のSUV人気とデザインで売れそうなのだが・・・筆者としては今の日本でも十分売れるデザイン性とスペックであると思う。

ソース

2019 Nissan Qashqai Gets New Turbo Petrol Units, DCT ‘Box And Infotainment System

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-日産
-,

© 2021 最新自動車情報