日産 新型 マキシマ マイナーチェンジ エクステリアデザイン変更 北米市場 2018年11月に発売へ

nissan-maxima 日産
nissan maxima

日産は新型マキシマのマイナーチェンジを行い2018年11月に発売する。

2018年11月26日 〜12月9日まで開催されているロサンゼルスモーターショー2018で正式公開。

現在のところ日本復活のアナウンスはされていないが日本投入されると面白い車種である。

新型マキシマのマイナーチェンジモデル エクステリア

エクステリアのデザイン変更を行いヘッドライトデザイン、フォグランプを変更しLEDを組み込んだ、フロントバンパー、新しいホイールデザインも変更。

新型マキシマのマイナーチェンジモデル インテリア

インテリアはた新しいインフォテインメントシステムと、新しいトリムとカラーオプションを採用する。

先進運転支援システム 日産セーフティシールド360 標準装備

歩行者検出機能付きの自動緊急ブレーキ、ブラインドスポットアラート、リアクロストラフィックアラート、リア自動ブレーキ、車線逸脱警告、ハイビームアシスト、および後部自動ブレーキを備えた自動緊急ブレーキングを含むセーフティシールド360パッケージを標準装備。

マキシマについて

日産は新型のマキシマを4月から開催されているニューヨークモーターショー2015で正式公開した。

米国市場で2015年8月から販売が開始された。

マキシマって何?と思う方もいると思うが。

初代は1981年からブルーバードをベースに開発された車1994年まで日本でも販売されていた。

その後海外のみでの販売で何度もモデルチェンジを繰り返し、現行は7代目であり今回のフルモデルチェンジで8代目となる。基本的なシャーシはティアナと同じ物を使用している。

モデルの元となっているのがデトロイトモーターショー14において、発表したスポーツセダン コンセプトである。

日産の言葉でいうと4ドアスポーツカーとなるようだ。Vモーショングリル、ブーメランシェイプのランプ、フローティングルーフ等、最新のニッサンデザインランゲージを余すことなく表現している。

2016 Nissan Maxima Redesign – 4 Door Sports Car

マキシマ 採用エンジン

VQ35DE 3.5L V型6気筒ガソリンエンジン

最大出力は300ps/6,400 rpm

エクストロニックCVT

部品の60%以上を刷新したと同時に、高速走行時の燃費15%改善したという。

1.2GPa級高成形性超ハイテン材の採用により向上、これにより、現行モデルに対して、

ねじれ剛性を25%改善し、82ポンド(約37kg)の軽量化に成功したという。

マキシマ スペックについて

スペック新型 マキシマ
全長4,897mm
全幅1,859mm
全高1,495mm
ホイールベース2,900mm
エンジン3.5L V型6気筒ガソリンエンジン
最高出力300ps/6,400 rpm
最大トルク36.0kgm/4,400rpm
JC08モード燃費13km/L
価格390万円

ライバル車種 スピードテスト

1位 Nissan Maxima SR

2位 BMW 328i

3位 Acura TLX V6 Tech

4位 Audi A4 2.0T quattro

と日産が4ドアスポーツカーだと言っているのがよくわかる。

2016 Nissan Maxima | Test Track Challenge

ソース

https://www.carscoops.com/2018/11/facelifted-2019-nissan-maxima-premieres-la-small-updates/

日産

http://www.nissan.co.jp/

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019