MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ホンダ 新型 N-BOX 一部改良 2021年12月16日発表 12月17日発売

ホンダは「N-BOX」の一部改良を行い2021年12月16日発表し、12月17日に発売する。

目次

新型 N-BOX 一部改良 2021年モデル

今回の一部改良では待望の「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」を追加採用する。 それによりACC(アクティブクルーズコントロール)渋滞追従機能付となるACCを採用。適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。約0km/h以上で作動。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用が可能。 渋滞追従機能付きの場合先行車が停止したら、自車も自動的に停止。先行車が走り出したら、スイッチ操作またはアクセルを踏めば、追従走行を再開が可能になる。

更にN-BOX誕生10周年を機に、Nシリーズ[N-BOX、N-ONE(エヌワン)、N-WGN(エヌワゴン)、N-VAN(エヌバン)]共通の新ブランド「N STYLE+(エヌスタイルプラス)」をスタート。第一弾として特別仕様車「N-BOX Custom STYLE+ BLACK」を追加する。

特別仕様車「N-BOX Custom STYLE+ BLACK」

特別仕様車「N-BOX Custom STYLE+ BLACK」 は上質かつ精悍なN-BOX Customのデザインに、こだわりのブラックをアクセントカラーとしたエクステリアが特徴。フロントグリル、リアライセンスガーニッシュをはじめとする各部に施したベルリナブラックがクールかつさらなる高級感を演出。N-BOX Customエンブレムやアルミホイールにも専用のブラック塗装を施した。

専用フロントグリル

専用フォグライトガーニッシュ

専用アルミホイール

専用ドアミラー

専用アウタードアハンドル

専用リアライセンスガーニッシュ

専用リアバンパー

新型 N-BOX 一部改良 2021年モデル 安全装備 新旧比較

システム 装備 旧型N-BOX 新型N-BOX
CMBS
(昼・夜間
歩行者
自転車)

(昼・夜間
歩行者
自転車)
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
ACC
(約30km/h~)

(約0km/h~)
LKAS
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチックハイビーム
パーキングセンサーシステム

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?

あわせて読みたい
ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか? 2014年10月にホンダが発表した安全運転支援システム「Honda SENSING」HiDS(ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム)に、衝突被害軽減ブレーキのCMBSなど...
あわせて読みたい
【2021年】「電動パーキングブレーキ」&「オートホールドブレーキ」の搭載車はどれだ?一覧にまとめてみた 最近の新型モデルにはほぼ標準となりつつある「電動パーキングブレーキ」&「ホールドブレーキ」を1度使用すればなくてはならない物になるこの2つの機能が2021年末現在...

新型 N-BOX 一部改良 2021年モデル 価格 グレード

新型 N-BOX 価格

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動方式 価格
(10%)
G
Honda SENSING
直列3気筒DOHC
0.66L
CVT 2WD 1,448,700円
4WD 1,581,800円
L
Honda SENSING
2WD 1,579,600円
4WD 1,712,700円
Lターボ
Honda SENSING
直列3気筒DOHC
0.66Lターボ
2WD 1,778,700円
4WD 1,911,800円
EX
Honda SENSING
直列3気筒DOHC
0.66L
2WD 1,678,600円
4WD 1,811,700円
EXターボ
Honda SENSING
直列3気筒DOHC
0.66Lターボ
2WD 1,829,300円
4WD 1,962,400円
L コーディネート
スタイル
直列3気筒DOHC
0.66L
2WD 1,799,600円
4WD 1,932,700円
L・ターボ
コーディネート
スタイル
直列3気筒DOHC
0.66Lターボ
2WD 1,909,600円
4WD 2,042,700円

新型 N-BOX Custom 価格

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
L
Honda SENSING
直列3気筒DOHC
0.66L
CVT 2WD 1,789,700円
4WD 1,922,800円
Lターボ
Honda SENSING
直列3気筒DOHC
0.66L ターボ
2WD 1,988,800円
4WD 2,121,900円
EX
Honda SENSING
直列3気筒DOHC
0.66L
2WD 1,899,700円
4WD 2,032,800円
EXターボ
Honda SENSING
直列3気筒DOHC
0.66Lターボ
2WD 2,039,400円
4WD 2,172,500円
L
STYLE+ BLACK
直列3気筒DOHC
0.66L
2WD 1,929,400円
4WD 2,062,500円
L・ターボ
STYLE+ BLACK
直列3気筒DOHC
0.66Lターボ
2WD 2,057,000円
4WD 2,190,100円

最後に一言

N-BOXは上記でも記載した通り、現在も軽自動車の販売台数ナンバー1の車種であるが、安全装備や燃費面でスズキ スペーシア、ダイハツ タントに負けているのにも関わらず、勝ち続けている。この大きな要因はホンダのシートアレンジと快適な室内空間作りが評価されていることは間違いない!

電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」 機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるまた販売台数No.1が継続することは間違えなさそうだ。

N-BOX については次へ

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次