三菱 新型 エクスパンダー デザインを一新 クロスオーバーMPVインドネシアで発表

三菱は小型クロスオーバーMPV 「エキスパンダー」のデザインを一新しインドネシアで2021年11月8日発表した。2021年11月11日から開催される「第28回インドネシア国際オートショー」で展示される。

目次

新型 エクスパンダー デザインを一新

SUVらしさを強化し、上質感を高めた内外装デザイン·  フロントは力強さと安心感を表現するデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を進化させ、低重心なイメージの水平基調のバンパー、立体的なスキッドプレートを採用しました。また、新世代のヘッドライトユニット形状としてTシェイプヘッドライトを新たに採用、上級グレードでは視認性に優れたLED式としている。

リヤは新世代のランプ造形と横基調のリヤバンパーにより、ワイドで安定感のあるスタイルとしました。リヤコンビネーションランプは面発光によるTシェイプテールランプを採用すると共に、従来のテールランプとバックランプに加えてストップランプをLED式とし、夜間の被視認性を向上させた。

最上級グレードのタイヤとホイールは17インチにサイズアップし、アルミホイールは2トーン切削光輝仕上げのラウンドリムタイプを採用することで、力強く先進的なデザインとしました。フロントオーバーハングは75mm、リヤオーバーハングは45mm延長し、上級感のあるプロポーションに仕上げている。先代モデルよりも車高を15-20mm高めることで、クラストップレベルの最低地上高となる220-225mmを確保、悪路走破性を高めた。サスペンションは、フロントのストラット取付け部の剛性を向上させ、リヤはショックアブソーバーのシリンダーサイズを拡大すると共に、前後とも高性能バルブを新たに採用し、フラットで快適な乗り心地を実現。

スイッチ操作だけで確実に停車する電動パーキングブレーキを新採用。あわせて、信号待ちや渋滞での停車時にブレーキペダルから足を離しても停車状態を継続することできるブレーキオートホールド機能を採用、ドライバーの負担を軽減することで、快適性を高めました。

便利な収納スペースはお客様の利便性を考慮してさらに充実させ、車内での快適性をより一層高めまた。センターコンソールでは、スマートフォンを置くことができるよう大容量のオープントレイに変更、600mlのペットボトルを4本収納できるアームレストを追加する、収納スペースを充実させた。グレード別装備 ·  後席でも細やかなホスピタリティにこだわり、アームレスト装備車ではフロアコンソール背面にType-AとType-C のUSBポートを1つずつ追加、2列目シートのアームレストにカップホルダーを追加するなど、利便性を高めている。

あわせて読みたい
三菱 新型 エキスパンダー 次世代小型クロスオーバーMPV 2017年8月10日発表 三菱は小型クロスオーバーMPV 新型エキスパンダーを発表し2017年秋からインドネシアで販売を開始する。価格:約155万4,727円〜200万4,264円。 2017年8月10日にインドネシ...
あわせて読みたい
三菱 新型 エキスパンダー クロス 新モデル追加 2019年11月13日発売 三菱は小型クロスオーバーMPV 「エキスパンダー」のシリーズ追加モデルとなる新型「エクスパンダー クロス」をインドネシアで2019年11月12日に発表し11月13日から発売を...
あわせて読みたい
あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる