スバル 新型 レガシィアウトバック VS 旧型 レガシィアウトバック 徹底比較

スバルは「レガシィ アウトバック」のフルモデルチェンジを行い日本では2021年10月7日発表、12月2日に発売するが、何が変わったのか旧型モデルと比較してみた。

目次

レガシィ アウトバック フルモデルチェンジについて

今回のフルモデルチェンジで新型「レガシィ アウトバック」に次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform(SGP)」を採用する。ボディサイズは全長4,860、全幅1,855、全高1,680mm、ホイールベース2,745mmである。

subaru-global-platform
SUBARU GLOBAL PLATFORM

エンジンには旧型モデルでは水平対向4気筒DOHC 2.5L 自然吸気「FB25」型からダウンサイズした水平対向4気筒 1.8L DOHC 直噴ターボ “DITを採用した。

新型レガシィアウトバック 旧型レガシィアウトバック ボディサイズ比較

全長は+40mm、全幅+15mm、全高+75mmホイールベースは変更がないが全高が高くなったことで室内空間に余裕がでる。

スペック新型レガシィ
アウトバック
旧型レガシィ
アウトバック
全長4,870mm4,820mm
全幅1,875mm1,840mm
全高1,675mm1,605mm
ホイールベース2,745mm2,745mm

新型レガシィアウトバック 旧型レガシィアウトバック エクステリア比較

エクステリアデザインはキープコンセプトであり全体的なデザインは変更がそこまでない。

新型 レガシィ アウトバック

旧型 レガシィ アウトバック

新型レガシィアウトバック 旧型レガシィアウトバック インテリア デザイン

インテリアはデザインや質感を大幅に変更した。11.6インチのフルHD大画面ディスプレイを搭載したナビゲーションシステムを採用する。スマートフォン感覚で快適に操作できるHMI(Human Machine Interface)を採用。「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。

新型 レガシィ アウトバック

旧型 レガシィ アウトバック

新型レガシィアウトバック 旧型レガシィアウトバック エンジン比較ついて

エンジンには旧型モデルでは水平対向4気筒DOHC 2.5L 自然吸気「FB25」型から水平対向4気筒 1.8L DOHC 直噴ターボ “DIT”最高出力130kW(177ps)/5,200-5,600rpm、最大トルク300Nm(30.6kgm)/1,600-3,600rpm、WLTCモード燃費13km/Lを採用した。

スペック新型レガシィ
アウトバック
旧型レガシィ
アウトバック
エンジン水平対向4気筒 1.8L
DOHC 直噴ターボ “DIT”
2.5L水平対向4気筒
DOHC エンジン FB25型
最高出力130kW(177ps)/
5,200-5,600rpm
129kW(175PS)/
5,800rpm
最大トルク300Nm(30.6kgm)/
1,600-3,600rpm
235Nm(24.0kgm)/
4,000rpm
トランスミッションリニアトロニックCVTリニアトロニックCVT
駆動方式AWD シンメトリカルAWD シンメトリカル
WLCTモード燃費13.0km/L12.6km/L

安全システム アイサイトについて

旧型はアイサイトVer.3を搭載、新型「レガシィ アウトバック」はアイサイトに加えツーリングアシストハンズオフが可能となる新世代「アイサイトX」を標準装備。「先行車追従操舵」「車線中央維持 0km/h」+「全車速追従機能付クルーズコントロール」を組み合わせることでアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストする。ステレオカメラが日立製からスウェーデンのヴィオニア社製の広角カメラ(従来から解像度は1.2メガピクセルから2.3メガピクセルに向上し、水平画角は2倍弱広い)、従来の後側方レーダー、後部の超音波センサーに加えて、車両前部の左右にミリ波レーダーが搭載。カメラの視野角の拡大は、カメラカバーをフロントガラスに密着させて搭載位置が前進したことが寄与。ブレーキブースター(ブレーキ力を高める装置)は電動式になり、アイサイトによる反応を向上。プロセッサにはザイリンクス社のFPGAであるZynq UltraScale+ MPSoC(マルチプロセッサシステムオンチップ)を採用。

システム アイサイト
Ver.3
次世代
アイサイト
方式 ステレオカメラ
(CMOS)
ステレオカメラ+
ミリ波レーダー
プリクラッシュ
セーフティ
◯(50km/h以下)
歩行者衝突回避 ◯(35km/h)
全車速追従機能付
クルーズコントロール

(0km/h〜
約120km/h)
先行車追従操舵
車線中央維持
車線逸脱抑制
停止保持
車間距離 4段階 4段階
AT誤発進抑制
AT誤後進抑制
後退時ブレーキ
アシスト
自車のふらつき警報
車線逸脱警報
(40km/h以上)
ハイビーム
アシスト
リアビークル
ディテクション
ボイス
インフォメーション
前側方プリクラッシュ
ブレーキ
緊急時プリクラッシュ
ステアリング
渋滞時ハンズオフ
アシスト
◯※
渋滞時発進アシスト ◯※
アクティブレーン
チェンジアシスト
◯※
カーブ前の速度制御 ◯※
料金所前速度制御 ◯※
ドライバー異常時
対応システム
◯※

※アイサイトX搭載車

スバル アイサイト Ver.2 Ver.3 ツーリングアシスト 搭載車まとめ

あわせて読みたい
スバル アイサイト Ver.2 Ver.3 ツーリングアシスト 搭載車まとめ スバル アイサイトはSUBARUの「運転支援システム」をコンセプトに開発され、Ver.2 Ver.3と進化を果たし、アイサイトツーリングアシストへと進化を果たしている。機能の...

乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を搭載

新型フォレスターに搭載されたドライバーモニタリングシステムを搭載する。運転手の顔を覚えて設定したシートポジションやドアミラーを自動調整する他、運転手が脇見や居眠り運転を予防する事も可能である。

subaru outback

スバル 新型 レガシィ アウトバック フルモデルチェンジ A型 2019年10月発売

あわせて読みたい
スバル 新型 レガシィ アウトバック フルモデルチェンジ A型 日本モデル 2021年12月2日発売 スバルは新型レガシィ アウトバックのフルモデルチェンジを行い日本では2021年9月2日予約開始。2021年10月7日正式発表、2021年12月2日に発売。 同時に新型「レガシィB4...

レガシィアウトバック

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる