トヨタ 新型 プリウス 一部改良 特別仕様車 “Black Edition” 2021年6月3日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

新型プリウス マイナーチェンジモデル 50系 後期 エクステリア 変更点

トヨタは新型「プリウス」のマイナーチェンジを行い日本では2018年12月17日に発売。フロント、リアバンパーのデザイン変更。前期の全長は4,540mmから後期は4,575mmに変更。デザインを変更したBi-Beam LEDヘッドライト(リターデッドヘッドライト)を採用。テールランプデザインを変更。17インチアルミホイールは、樹脂加飾部にチタン調の塗装を採用、15インチアルミホイールはツインスポーク形状を採用。ボディカラーにブルーメタリック、エモーショナルレッド2の新色を追加。繊細な凹凸を施した幾何学調フィルムをルーフ、ドアミラーとルーフアンテナもブラックに塗装して2トーンボディ仕上げにする「幾何学調ルーフフィルム」をオプション設定。

prius
4代目 プリウス マイナーチェンジモデル

新型プリウス マイナーチェンジモデル 50系 後期 インテリア 変更点

インテリは室内灯にLEDを採用。インテリアのカラーをハンドル、シフトレバー、センターコンソールトレイセット周りのホワイト塗装となっているが、ブラック塗装に変更。「A」「Aプレミアム」「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」に置くだけ充電をオプション設定。スペース拡大。シートヒータースイッチの位置を変更しセンターコンソールトレイに配置し使い勝手を向上。「Aプレミアム」「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」のフロントシートにシートベンチレーション機能追加。(シートから冷風を吸い込む夏場など快適性を高める。)

prius

2017年11月には一部改良が行われインテリアは、新型プリウスPHVに搭載される11.6インチの大画面ナビ(ディスプレイ)をメーカーオプションで選択可能となり、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。

toyota-prius
50系前期 プリウス インテリア

エクステリアデザインは発表されて様々な意見があるが、やはりトヨタとしては「プリウスPHV」との差別化が絶対条件であるのだろう。最近のトヨタ車に採用されているリターデッドヘッドライトをアクセントに不評で奇抜だと言われたウィンカー部分をヘッドライト内に入れたことで30系プリウスの様なマイルドな印象を受ける。テールランプデザインは筆者は個人的には50系前期のデザインの方が好きだが全世界で販売するプリウスは万人受けが課題であるため50系後期はやはり落ち着いたテールランプデザインとなった。インテリアデザインはシフトレバー、センターコンソールトレイセット周りなどのホワイト塗装をやめた。これは個人的にもプリウスが絶対欲しいと思ったがどうしても抵抗があり、純正オプションでわざわざセンターコンソールトレイ(ブラック塗装)に変更したぐらいだ。この決断は非常によくハンドル周りを含めて全てブラック塗装にしたことで落ち着きのある高級感がでたという印象である。

新型プリウス マイナーチェンジモデル 50系 後期 パワートレイン 変更点

旧型と同様の直4 DOHC 1.8L+モーター(THSⅡ)を採用。燃費面では十分であるため大きな変更はない。Eグレードを除く JC08モード燃費37.2km/L (Eグレード 車両重量1310kgから1320kgに変更となりJC08モード燃費が40.8km/Lから39.0km/Lに変更された。)旧型は2WDの場合はSグレードはニッケル水素バッテリーでそれ以外はリチウムイオンバッテリーであるがどちらも性能に差はないとトヨタは公表しているが、今回のマイナーチェンジにより全てのグレードでリチウムイオンバッテリーを採用する。

新型プリウス マイナーチェンジモデル 50系 後期 安全装備 変更点について

「Toyota Safety Sense 」を全車標準搭載し価格改定も行われる。(前期は「Aプレミアム」「Aプレミアム ツーリングセレクション」「A」「A ツーリングセレクション」のみ標準搭載。)更に、Toyota Safety Sense Pについては改良が施され、細かな調整がされより安全技術が向上する。従来までの「Toyota Safety Sense P/C」の名称を「Toyota Safety Sense」に統一した衝突回避支援パッケージとする。インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を標準装備。 「セーフティ・サポートカーS(ワイド)」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。リヤクロストラフィックアラート(RCTA)後退時の死角を検知し、注意を喚起。を採用。

prius

新型プリウス マイナーチェンジモデル T-Connect DCMパッケージ搭載

トヨタは2002年から車載通信機DCMを実用化。2011年にトヨタスマートセンター、クラウドを構築している。新型プリウスPHVに搭載されたシステムを搭載。T-Connect SDナビゲーションシステムとDCMが装備され初年度無料クルマ見守り、マップオンデマンド、エージェント、オペレーターサービスが可能。専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。

マップオンデマンド(3年間無料) 新しい道路情報を自動更新してくれる。

エージェント(音声対話サービス) 話しかけるだけでエージェントが目的地を探してくれる。

エージェント(先読み情報案内サービス) 行き先を予測して役立つ情報を教えてくれる。

LINEマイカーアカウント LINEを通じて、ナビの目的地登録や天気・距離・所要時間・給油要否・出発時間の確認。

オペレーターサービス 24時間365日、専用オペレーターがナビ操作を行う。マイカーSecurity[アラーム通知/車両の位置追跡・警備員の派遣/エンジン始動通知/カーファインダー(停車位置確認)/うっかり通知/リモート確認]車両盗難・車上荒らしなどがあった時や、ドアロックの閉め忘れなどがあった時、さらに自車の位置を確認したい時、メールやスマートフォンを通じて適切な対応が行えます。ヘルプネット(ワンタッチタイプ)【車内専用ボタン付】
突然の事故や急病時に、専門オペレーターが警察や消防に取り次ぎ、迅速な緊急車両の手配を行います。

リモートメンテナンスサービス [eケア(走行アドバイス)]警告灯点灯時に、お客様から販売店にお問い合わせされた場合、またはトヨタ販売店からお客様にご連絡する場合に、クルマから発信される情報を基に適切なアドバイスが可能です。[eケア(ヘルスチェックレポート)]クルマのバッテリーの状態、警告灯点灯状態などについて、T-Connectスマホアプリで確認できます。またトヨタ販売店からは、クルマから発信される情報をもとに最適なメンテナンスのアドバイスが可能です。 [マイカーカスタマイズ]車両カスタマイズ項目の一部分を、T-Connectスマホアプリより遠隔で設定可能です。

新型プリウス マイナーチェンジモデル 安全装備一覧

システム装備 新型
プリウス
Toyota
Safety
Sense
衝突回避支援型
プリクラッシュセーフティ
レーンディパーチャーアラート
(ステアリング制御機能付)
アダプティブ
ハイビームシステム
レーダークルーズコントロール
(全車速追従機能付)
予防安全
装備
ブラインドスポットモニター
インテリジェントクリアランスソナー
リヤクロストラフィックアラート
シンプルインテリジェントパーキングアシスト
ドライブスタートコントロール
ヒルスタートアシストコントロール
パノラミックビューモニター
快適
装備
快適温熱シート+シートベンチレーション
自動防眩インナーミラー
ITS Connect
パワーシート
車載通信機(DCM)

新型プリウス 50系 後期 ボディカラー 全9色について

単色

エモーショナルレッドⅡ(3U5)(メーカーオプション)新色

ブルーメタリック(8X7) 新色

サーモテクトライムグリーン(6W7)(メーカーオプション)

スティールブロンドメタリック(4X1)

グレーメタリック(1G3)

アティチュードブラックマイカ(218)

スーパーホワイトⅡ(040)

ホワイトパールクリスタルシャイン(070)( メーカーオプション)

シルバーメタリック(1F7)

ボディカラー6色「幾何学調ルーフフィルム」をオプション設定

ホワイトパールクリスタルシャイン×幾何学調ルーフフィルム

シルバーメタリック×幾何学調ルーフフィルム

スティールブロンドメタリック×幾何学調ルーフフィルム

グレーメタリック×幾何学調ルーフフィルム

ブルーメタリック×幾何学調ルーフフィル

エモーショナルレッドⅡ×幾何学調ルーフフィル

新型プリウス 50系 後期 グレード 価格について

グレード価格前期比較価格
E251万8,560円+8万9,542円
S256万5,000円+8万5,909円
S E-Four275万9,400円+8万5,909円
Sツーリング273万2,400円+10万4,073円
Sツーリング E-Four292万6,800円+10万4,073円
A284万2,560円+6万4,997円
A E-Four303万6,960円+6万4,997円
Aツーリング300万6,720円+7万9,920円
Aツーリング E-Four320万1,120円 +7万9,920円
Aプレミアム317万5,200円+6万7,745円
Aプレミアム E-Four336万9,600円+6万7,745円
Aプレミアムツーリング328万4,280円+8万4,535円
Aプレミアムツーリング E-Four347万8,680円+8万4,535円

価格は旧型に比べ各グレード約6万5000円〜約9万円ほどアップする。一番価格差がないAとAプレミアムが一番お得なグレードとなりそうだ。

新型プリウス 50系 後期 スペックについて

スペック新型プリウス
全長4,575mm
全幅1,760mm
全高1,470mm
ホイールベース2,700mm
エンジン直4 DOHC 1.8L+モーター(THSⅡ)
最高出力72kW(98ps)/5,200rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
フロントモーター最大出力53kW(72ps)
フロントモーター最大トルク163Nm(16.6kgm)
リアモーター最大出力5.3kW(7.2ps)
リアモーター最大トルク55Nm(5.6kgm)
システム出力90kW(122ps)
トランスミッション無段階変速機
車両重量1,320~1,460kg
乗車定員5名
駆動方式2WD/4WD(E-Four)
JC08モード燃費37.2〜39.0km/L
WLTCモード燃費27.2〜32.1km/L(2WD)
25.4〜28.3km/L(4WD)
価格251万8,560円〜347万8,680円

新型プリウス マイナーチェンジ 内容をまとめています。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 プリウス マイナーチェンジ 日本 2019年12月17日発売 トヨタは新型プリウスのマイナーチェンジを行い日本では2018年12月17日に発売する。価格:251万8,560円〜347万8,680円。トヨタは2018年11月26日〜12月9日に開催されるロ...

4代目 プリウス マイナーチェンジ Toyota Safety Sense標準搭載

あわせて読みたい
4代目 プリウス マイナーチェンジ Toyota Safety Sense標準搭載 トヨタは新型「プリウス」のマイナーチェンジを行い日本では2018年12月17日に発売する。 全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店で販売。月販...
あわせて読みたい
トヨタ プリウス トヨタ「プリウス」はトヨタ自動車が1997年から製造・発売を開始した世界初の量産ハイブリッド専用車。 【トヨタ プリウス 世代】 初代 NHW10/11 1997年12月正式発表、...

トヨタニュースリリース

Toyota USA Newsroom
The Car That Changed an Industry: Toyota Marks 20th Anniversary of Prius With Special Anniversary Ed... PLANO, Texas (May 11, 2020) – Twenty years ago, with the Y2K computer glitch reduced to the punchline of the year, technology in another corner took a mammoth l...

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/33011923.html

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/35323888.html

トヨタ プリウス

https://toyota.jp/prius/

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次