トヨタ 新型 カムリ 2021年モデル Toyota Safety Sense 2.5+ 標準搭載 米国にて 2020年7月15日発表

toyota camry トヨタ
toyota camry

トヨタは「カムリ」のマイナーチェンジ(2021年モデル)を行い米国にて2020年7月15日(現地時間)に発表した。日本モデルの改良は2020年8月5日に行われる予定だ。

新型 カムリ 2021年モデルについて

カムリは初の「XSE」のハイブリッドグレードを設定、カムリの最も燃料効率の高いパワートレインと、スポーツとラグジュアリーのブレンドした最高の組み合わせとなる。すべての2021カムリモデルは、自動緊急ブレーキを含む画期的なドライバーアシストテクノロジースイートの最新バージョンである「Toyota Safety Sense 2.5+」を標準装備する。

エクステリア

XLEグレードの新しいヘリンボーンシートパターンにより、テクノロジーと豪華さをさらに高めた。再設計されたフロントエンドは、グレード間で大きな違いをもたらした。新しいエクステリアは、快適性志向の「LE」「XLE」グレードとスポーツ志向の「SE」「XSE」に区別される。

快適性志向「LE」「XLE」

スポーツ志向「SE」「XSE」

インテリア

7インチまたは9インチのサイズの新しいフローティングマルチメディアスクリーンに加えて、トヨタRAV4と同様に、オーディオとナビゲーションを組み合わせています。カスタマイズ可能な機能とスマートフォンのようなタッチスクリーンアイコンにより、使い慣れた便利な操作が可能。、メーターパネル内に7インチのマルチ情報ディスプレイを提供。「XLE」と「XSE」で利用可能な「10インチカラーのヘッドアップディスプレイ(HUD)」は、速度やターンバイターン方式のナビゲーション指示などの重要な情報をフロントガラスの下部に投影できる。長距離シートの快適性は、2021年のラチェットシートデザインと組み合わされている。フロントおよびリアシートの表面の絶妙なステッチは、高いレベルの職人技の一例であり、車両全体に見られる。「XLEグレード」は、高級感のあるテクスチャード加工のヘリンボーンシートパターンを備えている。

ハイパフォーマンス TRD グレード

2020年にデビューしたパフォーマンスモデル「カムリTRD」は、独占的な空力強化設計を維持。2021「カムリTRD」には、ブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックアラートが標準装備、暖房付きの外部ミラーも装備。「リアクロストラフィックアラート付きのブラインドスポットモニター」は、「LE」「SE」「SE」のナイトシェードグレードのスタンドアロンオプション。「XSE」「XLE」グレードには、標準でこれらの機能がすでに備わっている。

Toyota Safety Sense 2.5+

トヨタの安全システムの進化における次の段階であるTSS 2.5+を含む最初のトヨタモデル。トヨタセーフティセンスの一部の機能が強化される。追加機能には、緊急ステアリングアシスト、フルスピードダイナミックレーダークルーズコントロール、車線逸脱警報、車線追跡アシスト、自動ハイビーム、道路標識アシスト、後部横断警報、ブラインドスポットモニター、トヨタの後部座席リマインダー機能が含まれます。

歩行者検知機能付きプレコリジョンシステム(PCS w / PD)システムの機能を強化することで、システムは前方の車両だけでなく、日中の先行する自転車、さらには暗い場所での先行する歩行者の検出も支援できる。TSS 2.5+は、交差点のサポートによりPCS w / PDシステムも強化。交差点では、システムは、左折時に対向車または歩行者を検出し、特定の条件で音声/視覚による警告と自動ブレーキを提供。追加のPCS機能には、緊急ステアリングアシストが含まれる。

フルスピードダイナミックレーダークルーズコントロール(DRCC)時速30マイルを超えると機能を有効にでき、車から車への距離を0マイルまで制御して停止から再開するように設計されたシステムを備えている。「DRCC」には、低速車両のスムーズな追い越しを可能にする新機能も含まれている。事前設定された速度よりも遅い速度で走行している車両の後ろを走行する場合、ドライバーがステアリングインプットで方向指示器を操作すると、システムは車線変更に備えて加速を最初に増加させる。車線を変更した後、車両は事前設定された走行速度に達するまで加速を続ける。

車線逸脱警報 車両が方向指示器を作動させずに車線を離れていることを感知した場合、ハンドルの振動または可聴警報を介してドライバーに通知するように設計。

レーントレースアシスト(LTA)「DRCC」が設定されて作動すると、目に見える車線マーカーまたは先行車を使用して車を車線の中央に配置するのに役立つわずかなステアリング力を提供する、ドライバーを支援するように設計。

自動ハイビーム 先行車または対向車を検出し、ハイビームとロービームのヘッドライトを自動的に切り替える。

道路標識アシスト(RSA)前向きカメラを使用して特定の道路標識情報を認識し、マルチインフォメーションディスプレイ(MID)に表示するように設計。DRCCが作動してアクティブになっている場合、RSAは、速度が遅い場合は投稿された速度制限まで速度を調整し、投稿された速度よりも速く運転する場合は投稿速度制限まで速度を調整。

TSS 2.5+に加え、隣接車線に接近または配置された車両を検出して警告する。「ブラインドスポットモニター」バックアウトしているときにどちらの側からも接近してくる車両を検出し、視覚的および聴覚的な警告で警告する。「リアクロストラフィックアラート(RCTA)」も採用される。

トヨタオーディオシステム

トヨタオーディオシステムは、使いやすい7インチフローティングタッチスクリーンディスプレイを採用。「Android Auto™」「AppleCarPlay®」「AmazonAlexa®」の互換性を備えている。フル機能のシステムには、AM / FM、3か月のオールアクセストライアル付きの「SiriusXM®」「ハンズフリーのSiri®Eyes Free」機能、「Bluetooth®ワイヤレステクノロジー」による高度な音声認識と音楽ストリーミングが可能。

上位グレードには、新しい9インチフローティングタッチスクリーンディスプレイの「Toyota Audio Plus」を搭載。オーディオシステムには、「Safety Connect(1年間のトライアル)」を含む「Connected Servicesトライアル」。ほとんどのグレードには、「Service Connect(10年の試用版)」と「Remote Connect(1年の試用版)」も追加。さらに、「WiFiコネクト(3か月で最大2 GBの試用)」では、「4G LTE」を使用して最大5台のモバイルデバイスを接続可能。Audio Plusには、サブウーファーを含む「JBL®」800ワット、9スピーカーのプレミアムオーディオを採用。

リモートコネクトは、リモートスタートおよびドアロック解除機能、車両ステータス通知、ゲストドライバーモニター、車両ファインダー(1年間のトライアル)を提供。利用可能なService Connectは、燃料レベル、メンテナンスアラートなどに関する最新の車両情報を提供でる。

トヨタ 新型 カムリ 一部改良 特別仕様車「 WS“Black Edition”」追加 2020年8月5日発売
トヨタは新型「カムリ」の一部改良を行い2020年8月5日に発売する。合わせて40周年記念特別仕様車「 WS“Black Edition”」を追加設定する。 新型カムリ 一部改良について 今回の一部改良では駐車場などでのアクセルとブレーキ...

トヨタニュースリリース

https://pressroom.toyota.com/clear-cut-leader-the-2021-toyota-camry-adds-more-variants-while-advancing-safety/

Camry

https://www.toyota.com/camry/

https://toyota.jp/camry/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020