MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

フォルクスワーゲン 新型 ポロ マイナーチェンジ 日本モデル 2022年6月23日発売

Polo

フォルクスワーゲンは、コンパクトハッチバック「ポロ」のマイナーチェンジを行い日本モデルを2022年6月23日発売した。価格2,572,000円〜3,299,000円

目次

フォルクスワーゲン 新型 ポロ マイナーチェンジ エクステリア について

新型「Polo」マイナーチェンジにより、エクステリアデザインの刷新、先代より10~25mm 伸び、全長4,085mmを実現(先代同様、全幅1,750mm、全高1,450mm およびホイールベース 2,550mm )。 新たなデザインのフロントバンパーとリヤバンパーにより、力強くスポーティな印象した。フロントは、ラジエーターグリルと LED ヘッドライトの組み合わせが新型「Polo」の顔を構成LED マトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”の採用により、LEDヘッドライトとデイタイムランニングライトそれぞれの LED ストリップがヘッドライトの下縁に沿って縁取られることでユニークなシグネチャーを形成。2本のLEDストリップのうち上部の長いストリップは、今回新型「Polo」に初採用となったラジエーターグリルのLEDクロスバーとリヤは、立体的な新デザインのLEDテールランプを採用。

最新世代 1.0TSI エンジン 採用

エンジンは最新世代の 1.0TSI エンジン。 ミラーサイクル燃焼プロセスの採用やバリアブルターボジオメトリー機構の搭載に加え、ガソリンエンジンPMフィルターの採用により、厳しい環境規制にも準拠した高効率な最新世代のエンジンへと進化。

先進安全装備や同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist” 採用

先進安全装備や快適装備。 同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”は、ドライバーがあらかじめ設定した車速内に おいて前走車との車間及び走行レーンの維持をサポート。LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”は、フロントカメラで対向車や先行車を検知し、マトリックスモジュールに搭載されたLEDを個別に制御することで、最適な配光を可能としたシステム。

フォルクスワーゲン 新型 ポロ インテリア

ダイナミックターンインジケーターと合わさって、右左折時の被視認性向上にも寄与。快適装備は、9.2インチの大型モニターを搭載したVolkswagen純正インフォテイメントシステム”Discover Pro“を採用、デジタルメータークラスターやタッチコントロール式エアコンディショナーパネルを採用。

フォルクスワーゲン 新型 ポロ スペック

スペック新型ポロ
全長4,085mm
全幅1,750mm
全高1,450mm
ホイールベース2,550mm
エンジン直列3気筒DOHC
1.0L ターボエンジン
最高出力70kW(95PS)/
5,000-5,500rpm
最大トルク175Nm(17.9kgm)/
2,000-3,500rpm
トランスミッション7速デュアルクラッチ”DSG”
WLTCモード燃費17.1km/L
価格(10%)2,572,000円〜
3,299,000円
あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 ポロ 2022年モデル マイナーチェンジ デザイン変更 2021年4月22日発表 フォルクスワーゲンは新型「ポロ」の2022年モデルとなるマイナーチェンジを2021年4月22日にオンラインで公開発表した。 【新型 ポロ マイナーチェンジについて】 Mk8ゴ...

フォルクスワーゲンニュースリリース

https://www.volkswagen.co.jp/ja/volkswagen/news.html

フォルクスワーゲン ポロ

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html

Polo

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次