レクサス

レクサス 新型 ES マイナーチェンジ 上海モーターショー2021世界初公開

2021年4月19日

Lexus ES

レクサスは新型「ES300h」のマイナーチェンジを行い2021年4月19日から開催される上海モーターショー2021にて世界初披露した。

新型 ES マイナーチェンジ について

ESの特徴であるエレガントなデザインをモダンに進化、エクステリアではフロントグリル、ヘッドランプの意匠を変更しモダンに進化。インテリアも新規開発の内装色モーヴを採用し、落ち着きのあるモダンな空間へと進化させました。加えて、人間中心の考え方に基づきマルチメディアシステムをタッチディスプレイ化、スイッチをステアリング周辺に集約するなど、細部に至るまで操作性を追求。

静粛性と乗り心地の向上と走行性能の進化 新型ESは、優れた静粛性と乗り心地を向上させ、上質な快適性を磨き上げました。また、あらゆる走行シーンで減速、操舵、加速がシームレスに繋がる気持ち良さなど、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求。

静粛性と乗り心地の向上と走行性能の進化

最新鋭AVSソレノイドを採用。F SPORTに新型のアクチュエータを用いた最新のリニアソレノイド式AVSを採用。油圧制御用ソレノイドのオイル流量制御バルブの流路を拡大し、低減衰力にも対応するとともに、減衰力の可変幅を拡大することで上質な乗り心地と操舵応答性や安定性を両立。

リヤサスペンションメンバーブレースの剛性を向上。1枚板による構造から2枚の板を合わせた構造に変更することで剛性を向上。特にねじりや曲げに対する剛性を高め、乗り心地を向上させるとともに、高速のレーンチェンジといったシーンにおいても、よりリニアで、ドライバーの意のままのドライビングフィールを実現。

ブレーキのコントロール性を向上。電子制御ブレーキシステムの制御定数を変更し、ブレーキのコントロール性を向上。ブレーキペダルパッド形状変更により足裏との接触範囲を拡大、ペダル踏み込み時の安定感を向上。ブレーキペダルのリンク構成内のブッシュ取り付け方法を見直し、ペダルの横方向の剛性感を向上。

エクステリアデザイン 

フロントグリル意匠変更 フロントグリルはESらしさを継承しながらメッシュパターンを採用。横方向の流れを強調するL字ユニットの集合体で構成。グリルの押出しを強調し、質感を向上。ヘッドランプ意匠変更 単眼ランプは新小型ユニットに変更。3眼ランプはブレードスキャンTM式アダプティブハイビームシステム(AHS)を採用し、機能性の向上を図るとともに、新薄型ランプユニット採用により、鋭い表情に変更。

ホイール意匠変更 17インチホイールはスポーク端部を太くして切削光輝加工の質感を強調し、V字に重ね合わせることでスポーティな印象を付与。ベースグレードに標準装備される18インチホイールは切削光輝加工とブラック塗装のコントラストが映える多軸スポークを採用し、高級感を演出。F SPORT専用19インチホイールは、フロントグリルの黒色とマッチするつやのある黒色のホイールを採用し、引き締まった印象を付与。

エクステリアカラー新規設定。 強い陰影により造形を際立たせるソニックイリジウムと、金属質感と高光沢を実現したソニッククロムの2色を新規のエクステリアカラーとして採用。

オレンジキャリパーを追加設定 F SPORTにLEXUSロゴ入りオレンジ塗装キャリパーを追加設定し、よりスポーティな印象を付与。

インテリアデザイン

マルチメディアシステム マルチメディアシステムをタッチディスプレイ化。人間中心の思想に基づき、ドライバーとディスプレイとの最適な距離と角度を探求し、ディスプレイを約100mm近づけるとともに、角度を約5°傾けることでドライバーの手が画面隅まで届くように変更。画面には、ガラス素材を採用し、視認性や操作性を向上。

オーナメント加飾 ラグジュアリーさを演出するウォールナット素材を採用するとともに、新開発の墨ブラックとダークブラウンを採用。ヘアラインの加飾を、レーザーで一本ずつ彫る加工方法に変更し、より細やかでモダンな雰囲気を演出。

インテリアカラー新規採用/デザイン変更。インテリアカラーでは、ヘーゼルを新規に採用するとともに、ブラウン系でグレイッシュなトーンのモーヴを新規開発。F SPORTにホワイトを新規採用するとともにホワイト、フレアレッドのシートクッションとシートバックにブラックの配色を加え、スポーティな印象を付与。

進化した「Lexus Safety System +」を含む、先進予防安全技術の採用

新型ESのLexus Safety System +も、これまでのモデルで培った安全技術により、さらなる進化を遂げた。従来のLexus Safety System +に採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、交通事故や事故死傷者の更なる低減と、ドライバーの負担軽減を目指し、緊急時操舵支援などの機能追加や車線認識性能の向上を実現。また、運転支援時にドライバーにとって自然で、安心感のある車両挙動を追求しました。加えてデジタルアウターミラー、インナーミラーともにカメラをアップデート。LEDのちらつきを大幅に低減するとともに画質を向上させ、昼夜ともに優れた視認性を実現。

LEXUS  ES300h スペックについて

スペック新型ES300h
全長4,975mm
全幅1,865mm
全高1,445mm
ホイールベース2,870mm
エンジン直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン
D-4S +モーター(THSⅡ)
最高出力131kW(178ps)/5,700rpm
最大トルク221Nm(22.5kgm)/3,600-5,200rpm
モーター最大出力88kw(120ps)
モーター最大トルク202Nm(20.6kgm)
システム出力155kw(211ps)
トランスミッション電気式無段変速機
バッテリーリチウムイオンバッテリー
駆動方式2WD(FF)
乗車定員5名
JC08モード燃費23.4km/L
WLTCモード燃費20.6km/L
価格580万円〜698万円

LEXUS 新型 ES300hとトヨタ新型カムリ比較

スペック新型 ES300h新型 カムリ
全長4,975mm4,910mm
全幅1,865mm1,840mm
全高1,445mm
ホイールベース2,870mm2,825mm
エンジン直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン
D-4S +モーター(THSⅡ)
最高出力

131kW(178ps)/5,700rpm

最大トルク

221Nm(22.5kgm)/3,600-5,200rpm

モーター最大出力

88kw(120ps)

モーター最大トルク

202Nm(20.6kgm)

システム出力155kw(211ps)
トランスミッション電気式無段変速機
バッテリーリチウムイオンバッテリー
駆動方式2WD(FF)
乗車定員5名
JC08モード燃費23.4km/L33.4km/L
WLTCモード燃費20.6km/L-
価格580万円〜
698万円
329万8,320円〜
434万1,600円

LEXUS ES300hの価格 グレードについて

グレード価格
ES300h580万円
ES300h F sport629万円
ES300h version L698万円

レクサス 新型 ES300h マイナーチェンジ 2021年9月発売

レクサス 新型 ES300h マイナーチェンジ 2021年8月発売

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/33359011.html

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/35079918.html

LEXUS ES300h

https://lexus.jp/models/es/

レクサス 新型 ES300h マイナーチェンジ 2021年9月発売

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-レクサス
-, ,

© 2021 最新自動車情報