MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

2022年秋に発売 新型SUV「ZR-V」2022年9月に先行予約受付開始

ホンダは新型SUV「ZR-V」を、2022年9月に先行予約受付を開始。ZR-Vに関する新情報を特設サイトで公開。

目次

新型SUV「ZR-V」の特徴について

ホンダ最新の「デジタルメーター」を採用。

エクステリアは新世代ブランドデザインを採用

ハイブリッド(e:HEV)を搭載

スマートフォンがキーの代わりになる「Hondaデジタルキー」採用。

9インチHonda CONNECTホンダディスプレイ」を採用。ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。「Honda Total Care プレミアム」をご利用可能。

ZR-Vは、「異彩解放」というグランドコンセプトのもと、お客様の個性を解き放ち、お気に入りの一張羅のように気分を高めるクルマを目指して開発。「グラマラス&エレガント」をキーワードに美しく洗練されたデザインや、意のままに操ることを目指したダイナミクス性能など、ドライバーに自信と余裕をもたらすクルマとして、SUVに新たな価値を提供。

エクステリア

エクステリアは、フロントからリアにかけて、ボリューム豊かで滑らかな面が特徴的な流麗なプロポーションとしました。フロントは、周囲の形状と連続性を持たせたバーチカル(垂直)グリルと、横長でシャープなヘッドライトにより、上質でありながら凛々しく存在感のある表情。リアは、ボディの下まわりにボリュームを持たせつつ、上に向かってなめらかに絞り込むことでワイドトレッドを強調した造形。

インテリア

インテリアは、左右に伸びやかに広がるインストルメントパネルを採用することで、広々とした空間を演出しました。また、細部にわたる部品の仕立ても、機能的で緻密な仕上げによって造形の美しさを際立たせ、1クラス上の上質な室内空間を目指した。ハイデッキセンターコンソールによって運転席と助手席を分けることでパーソナルな空間を創出。

パッケージング

低く安定したドライビングポジションと、見晴らしのよいアイポイントを両立させることで、運転のしやすさの確保と、ドライバーとクルマとの一体感を高めることを目指した。ワイドで水平基調な前方視界に加え、後方についても他の車両や歩行者などを認識しやすい視界とすることで、運転時における良好な視界を追求。
後席についても、前席同様ヒップポイントを低く設定することで、ルーフエンドのデザインの自由度を高めることが可能となり、流麗なルーフラインと空力性能向上をともに実現。使い勝手の良い多彩な収納スペースを用意し、お客様のさまざまなニーズに応えられるユーティリティーを確保。

エンジン

ハイブリッドモデルには、「シビック e:HEV」で新開発した2.0L直噴エンジンと2モーター内蔵電気式CVTをSUVに初搭載。高レスポンスで軽快な走りを提供する1.5Lターボエンジン+CVTのガソリンモデルも設定。
ハイブリッドモデル・ガソリンモデルともに、リアルタイムAWDを設定。優れた雪上旋回や登坂の性能を持ち、安心感のある雪上走行を実現。

ホンダ 新型 ZR-V について

北米向け新型「HR-V」が日本モデルでは「ZR-V」として発売されると言われており、もともとは「HR-V」は日本名が「ヴェゼル」であったが既に日本や欧州では「HR-V・ヴェゼル」が発売されており別の車名として「ZR-V」という名前が用意されている。日本の「ヴェゼル」と「CR-V」との丁度間となるモデルで、存在感のあるグリルとシャープなヘッドライトが特徴的なフロントビューが、伸びやかにリアに繋がるプロポーションを持ち、上質かつ洗練されたデザインを表している。

ホンダ 新型 ZR-V エクステリアについて

エクステリアは、水平なベルトラインと流麗なプロポーションに加え、先代モデルに対してホイールベースを長くすることで、低く踏ん張りの効いたスタンスとした。車体の大きさは、週末のレジャーなどさまざまなアクティビティーを楽しむのに充分な室内空間の広さや実用性を備えながらも、街中でも軽快に運転できる扱いやすいサイズとした。走行性能においては、より俊敏なレスポンスのエンジンや、新採用の独立式リアサスペンションの採用、扱いやすさと洗練された走り、そして操る喜びの両立を目指した。ボディサイズは全長4,580mm、全幅1,800mm、全高1,630mm、ホイールベース2,735mm。

あわせて読みたい
ホンダ 新型「HR-V」2代目 北米向け 世界初公開 2022年4月4日発表 ホンダは新型「HR-V」のフルモデルチェンジを行い2022年4月4日(現地時間)世界初公開した。北米向け新型HR-Vは、北米以外でもグローバルで販売が予定。 【ホンダ 新型...

「ヴェゼル」と「ZR-V」ボディサイズの違いについて

「ZR-V」は「ヴェゼル」と「CR-V」の中間となるボディサイズにより日本においは使い勝手がよさそうだ。更に中間サイズがラインナップされることで選択しが増えることは他社にする理由がなくなる。

スペックヴェゼルZR-VCR-V
全長4,340mm4,580mm4,605mm
全幅1,790mm1,800mm1,855mm
全高1,590mm1,630mm1,680mm
ホイールベース2,610mm2,735mm2,660mm
乗車定員5名5名5名〜7名

ホンダ 新型 ZR-V インテリアについて

インテリアパネルは水平・直線基調のデザインとし、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の考え方に基づく視線移動の軽減や動線に沿った操作類の配置、視界を良くする。しっかり芯の通った「かたまり感」のあるソリッドなフォルム全席で爽快な視界を提供するため「スリーク&ロングキャビン」を採用。

インテリアは「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるパーキングブレーキシステム」を採用する。新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」を通じて、より安心・快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」を提供。センターディスプレイには「9インチHonda CONNECTホンダディスプレイ」を採用。「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」をご利用可能。スマートフォンによるリモート操作や、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに繋がり、迅速で的確な対応が可能となるトラブルサポートが可能。「自動地図更新サービス」を搭載。スマートフォンがキーの代わりになる「Hondaデジタルキー」「Honda アプリセンター」車内でデータ通信容量を購入し、インターネットに接続して楽しめる「車内Wi-Fi」を採用。

Honda SENSING を 搭載

先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」には、「フロントワイドビューカメラ」高速画像処理チップを新採用、車両前後に装着された計8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、「近距離衝突軽減ブレーキ」を追加、全車標準装備とした。リアバンパーに4つのセンサーを配置し後方の障害物を感知して音と表示でお知らせする。

ホンダ 新型 ZR-V エンジンについて

「2.0L 直4 DOHC i-VTEC+モーター(e:HEV)」最高出力107kW(145ps)/6,200rpm+モーター135kW(184ps)/5,000-6,000rpmを搭載する。

スペック新型 ZR-V e:HEV
全長4,690mm
全幅1,855mm
全高1,640mm
ホイールベース2,680mm
エンジン2.0L 直4 DOHC i-VTEC
+モーター(i-MMD)e:HEV
最高出力107kW(145ps)/
6,200rpm
最大トルク175Nm(17.8kgm)/
4,000rpm
モーター最高出力135kW(184PS)/
5,000-6,000rpm
モーター最大トルク315N・m(32.1kgf・m)/
0-2000rpm
EV最高速2WD(FF)/
リアルタイムAWD
乗車定員5名
あわせて読みたい
ホンダの新型SUV「ZR-V」は日本で売れるのか?気になる仕様と考察をまとめてみた 2022年10月にシビックベースのミドルサイズSUVとなる「ZR-V」を日本にて発売する。SUV「ヴェゼル」と「CR-V」との中間サイズとなるモデルだ。一体どんな違いがあるのか...
あわせて読みたい
ホンダ 新型 ZR-V シビックベースのミドルサイズSUV 日本 2022年9月発売 ホンダはシビックベースのミドルサイズSUV新型「ZR-V」 を日本にて2022年9月発売する。「ZR-V」は2020年10月12日に日本の特許庁に申請(商願2020-125937)している。 【...

ホンダ ニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2022/4220714.html

ZR-V

https://www.honda.co.jp/ZR-V/new/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次