MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ルノー 新型「アルカナ」のマイルドハイブリッドモデル「R.S.LINE MILD HYBRID」2022年12月1日発売

ルノーはマイルドハイブリッドモデル「R.S.LINE MILD HYBRID」を搭載した新型クーペSUV 「アルカナ」を日本にて2022年12月1日発売発売する。ルノーは独自開発したフルハイブリットシステム「E-TECH HYBRID」を搭載モデルは既に2022年5月26日発売している。

目次

ルノー 新型 アルカナ について

新型ルノー アルカナは、ルノー・日産・三菱のアライアンスにより開発されたモジュラープラットフォームの「CMF-Bプラットフォーム」を採用。全長4,570mm、全幅1,820mm、ホイールベース2720mm、全高1,580mmに対し200mmもの最低地上高、高い位置に配されたベルトラインと筋肉を思わせるボディサイドの造形や張り出したフェンダーといったSUVの機能美と、クーペのエレガントさが融合した都会的なフォルムのボディ。 LEDのヘッドライトには、ルノーモデルを象徴するCシェイプのデイタイムランプが装備。リアのコンビライトにも同様にCシェイプが組み込まれ、テールゲートの幅全体に伸びるシグネチャーランプと一体となって、緊張感がありながらスタイリッシュな独自の表情。

新型ルノー アルカナのインテリアは、モータースポーツの血統を受け継ぐルノー・スポール由来のR.S.  LINEデザインを取り入れ、ドアトリムとダッシュボードには、カーボン調パネルを採用、レッドラインのアクセントがスポーティな印象を高めています。レザー×スエード調コンビ6ウェイ電動フロントシート、レザーステアリングホイール、そしてシートベルトにも施されたレッドステッチが、スポーティさに加えて上質さを感じさせます。フロントシートとレザーステアリングには、ヒーターが装備。カスタマイズ可能な、カテゴリー最大級の10.2インチ フルデジタルインストゥルメントパネルが採用。ゲッジスペースを上下に分割するダブルフロアシステムを採用、480Lのリアラゲッジを備え。センターコンソールに2L、アームレストに1.1Lの収納、リアアームレストには1.5Lの収納と2つのカップホルダーを備え、ドアポケットには0.75Lのボトルが2本収納可能。

ルノー 新型 アルカナ マイルドハイブリッドモデル について

1.3L 直4気筒 ターボエンジン+モーターのマイルドハイブリッドシステムはルノーならではのドライビングプレジャーを追求。モーターアシストでWLTCモード燃費17.0km/L低燃費を実現するとともに、ガソリンエンジンならではの力強い、スポーティなドライビングを体感できる。

先進予防安全技術「RENAULT EASY DRIVE」を搭載

運転をアシストする先進の運転・駐車支援システム、「RENAULT EASY DRIVE(ルノー イージー ドライブ)」を搭載。道路上の車両や障害物、歩行者、自転車をレーダーとカメラで感知し、ドライバーの衝突回避行動をサポートし、衝突被害を軽減。

アクティブエマージェンシーブレーキ 衝突の危険を感知警告し、衝突被害軽減をサポート。前方の車両、歩行者・自転車に衝突する可能性を感知し、アラーム音や表示灯による警告を行う。

セーフティーディスタンスワーニング(前方車間距離警報)適切な車間距離をキープする。前方を走行する車両との相対速度差を感知し、適切な車間距離を保つように、7インチ デジタルインストゥルメントパネルにシンボルや車両のアイコンを表示し、注意を促す。

ハイウェイ&トラフィックジャムアシスト 高速道路などを走行する際、ドライバーをサポート。アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)と、道路上の白線や黄線を感知して、走行車線の中央を走るようにハンドル操作をアシストするレーンセンタリングアシストを組み合わせたシステム。

レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警報)車線をはみ出しそうになった場合、注意を促す。

レーンキープアシスト(車線逸脱防止支援)車線をはみ出しそうになった場合、ハンドル操作をアシスト。道路上の白線や黄線を検知。車線をはみ出しそうになった場合、インジケーター表示で警告し、必要に応じて車線を維持するようハンドル操作をアシストする。

オートハイ/ロービーム ハイビーム、ロービームを自動で切り替え。対向車や先行車をカメラのセンサーが感知し、ハイビームとロービームを自動で切り替える。

360°カメラ 駐車時に、周囲の状況を俯瞰映像で確認。カメラが車両の周囲の状況を撮影し、真上から見下ろしたような映像を、タッチスクリーンに表示。

リアクロストラフィックアラート 後退時に車両後部に接近する車両を検知。

イージーパーキングアシスト 狭い場所でも安心して駐車できる。車体に備えたセンサーが駐車可能なスペースを検出。クルマが自動でステアリング操作を行い、縦列駐車やバックでの車庫入れなどをサポート。

ルノー 新型 アルカナ スペック について

スペックアルカナ
E-TECH HYBRID
アルカナ
R.S.LINE MILD HYBRID
全長4,570mm4,570mm
全幅1,820mm1,820mm
全高1,580mm1,580mm
ホイールベース2,720mm2,720mm
エンジン1.6L直4気筒
自然吸気エンジン
1.3L 直4気筒
ターボエンジン
最高出力69kW(94ps)/
5,600rpm
116kW(158ps)/
5,500rpm
最大トルク148Nm(15.1kgm)/
3,600rpm
270Nm(27.5kgm)/
1,800rpm
メインモーター
最高出力
36kW(49ps)/
1,677-6,000rpm
メインモーター
最大トルク
205Nm(20.9kgm)/
200-1,677rpm
サブモーター
最高出力
15kW(20ps)/
2,865-10,000rpm
サブモーター
最大トルク
50Nm(5.1kgm)/
200-2,865rpm
モーター
最高出力
3.6kW(5ps)/
1,800 – 2,500rpm
モーター
最大トルク
19.2Nm(2.0kgm)/
1,800rpm
駆動方式2WD(FF)2WD(FF)
トランス
ミッション
電子制御ドッグクラッチ
マルチモードAT
電子制御7速AT
使用燃料無鉛プレミアム
ガソリン
無鉛プレミアム
ガソリン
WLTCモード燃費22.8km/L17.0km/L
あわせて読みたい
ルノー すごいぞ!独自開発「E-TECH HYBRID」搭載 新型 アルカナ 2022年5月26日発売 ルノーは独自開発したフルハイブリットシステム「E-TECH HYBRID」を搭載した新型クーペSUV 「アルカナ」を日本にて2022年5月26日発売する。価格は4,290,000円のみ。 【...

ルノー アルカナ

https://www.renault.jp/car_lineup/arkana/features/technology.html

ルノー

https://www.renault.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次