MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ついに日本発売 BYD 新型「DOLPHI(ドルフィン)」コンパクト電気自動車 価格は363万円~ 2023年9月20日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
BYD

BYD(BYD Auto Japan)は、新型「DOLPHIN(ドルフィン)」の日本モデルを2023年9月20日に発表し発売を開始する。価格は363万円~407万円(補助金により実質298万円~342万円)。「DOLPHIN」は、BYDの日本発売モデル第2弾。全長、約4.3mのコンパクトモデルで、グレードに応じて一充電走行距離400~476kmを実現。

2023年1月13日に開幕した「東京オートサロン2023」において、日本での販売を開始するBEVモデル、2023年1月31日に発売予定の「ATTO 3(アットスリー)」を皮切りに、2023年中頃に「DOLPHIN(ドルフィン)」、2023年下半期に「SEAL(シール)」の3車種を展示。

目次

BYD 新型「DOLPHIN」について

2021年8月に中国で販売開始した「DOLPHIN」は、海からのインスピレーションを得て、エクステリアとインテリアの随所にイルカをイメージしたデザインが施されています。「e-Platform 3.0」を採用、ボディサイズは全長4,290mm、全幅1,770mm、全高1,550mm、ホイールベース2,700mmとなる。WLTC航続距離471kmのを可能にしました。ラインナップはスタンダード、ハイグレードの2種類で、両グレードで交通標識認識システムや誤発進抑制機能などの充実した安全装備を標準搭載。

日本で最大のライバルとなるのは日産のリーフであるが、スペックや価格などを考えるとBYD 新型「DOLPHIN」は国内のリーフからの入れ買いとして売れる可能性が高そうだ。

BYD 新型「DOLPHIN」スペック について

今回の「DOLPHIN」は日本仕様として車高を調整し1,550mmとしたことで立体駐車場へ対応した。ウィンカーも右側となっており、日本語音声認識にも対応した。

スペックDOLPHINDOLPHIN
Long Range
全長4,290mm4,290mm
全幅1,770mm1,770mm
全高1,550mm1,550mm
ホイールベース2,700mm2,700mm
最高出力95ps(70kW)/
3,714 - 14,000rpm
204ps(150kW) /
5,000 - 9,000rpm
最大トルク180Nm(18.4kgm) /
0 - 3,714rpm
310Nm(31.6kgm) /
0 - 4,433rpm
リチウムイオン
バッテリー
44.9kWh58.56kWh
駆動方式2WD
(FWD)
2WD
(FWD)
最小回転半径5.2m5.2m
乗車定員5名5名
車両重量1,520kg1,680kg
WLTCモード航続距離400km476km

BYD 新型「DOLPHIN」価格 グレードについて

モデル駆動方式価格(10%)CEV助成金
65万円適応
BYD DOLPHIN2WD3,630,000円2,980,000円
BYD DOLPHIN
Long Range
2WD4,070,000円3,420,000円

CEV助成金65万円が適応できる。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
BYD 新型「ATTO 3」e-SUV 日本 2023年1月31日発売

関連記事
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
2023年に発売する電気自動車(EV)モデルについてまとめてみた いよいよ選択肢が増えてきた!

BYD

https://byd.co.jp/

BYD

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次