MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ランドローバー 3代目 新型 レンジローバースポーツ フルモデルチェンジ 2022年5月10日世界初公開

ランドローバーは、新型「レンジローバースポーツ」のフルモデルチェンジを行い2022年5月10日(現地時間)世界初公開した。2024年にはブランド初BEV(電気自動車)をラインアップ。

目次

ランドローバー 新型 レンジローバースポーツ フルモデルチェンジ について

新型レンジローバースポーツは、ランドローバー史上、最も先進的なシャシーテクノロジーを採用、先進技術と走破性に長けたモデル、アーキテクチャー「MLA-Flex(flexible Modular Longitudinal Architecture)」を採用。最新のブランドデザインを採用し、ボディサイズは全長4946mm、全幅2209mm、全高1820mm、ホイールベース2997mm。空力性能を重視、Cd値を0.29まで低減。2024年にはBEV(電気自動車)をラインアップ予定、更に、P530に4.4L BMW V8を採用。P510eと P440eは直列6気筒3.0 Lガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたPHEV、最大EV走行距離70マイル(113 km)。D300とD350マイルドハイブリッドテクノロジー(MHEV)を採用した直列6気筒3.0リッターINGENIMUMディーゼルエンジンとP400とP360はガソリンエンジンも選べる。すべてのエンジンは、8速ZFオートマチックトランスミッションを介して4輪すべてを駆動する。「アダプティブオフロードクルーズコントロール」を採用。

インテリアは、乗客は足元のスペースが広がり、22方向に調整可能なマッサージシート、高度な空気清浄システム、オプションの1,430 W、29スピーカーのメリディアンハイファイ、アクティブノイズキャンセレーション、13.7インチのデジタルインストルメントクラスターを利用できる。SUVの多くのガジェットの多くは、湾曲した「Pivo Pro」タッチスクリーンの13.1を介して制御、Amazon Alexaを採用。

レンジローバー

https://www.landrover.co.jp/index.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次