MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 アルファード ハイブリッド か ガソリンどちらを選ぶ?

当ページのリンクには広告が含まれています。
アルファード

トヨタは新型「アルファード」を新たにラインナップ、エンジンは2つあり「ガソリン車」「ハイブリッド車」から選ぶ。「アルファード」の燃費性能の、ハイブリッド車・ガソリン車の違いや、グレードによる違いなどを詳しく解説します。

目次

トヨタ 新型 アルファード グレード選択について

エンジンは2つあり「ガソリン車」「ハイブリッド車」から選ぶ。「アルファード」「ヴェルファイア」のフルモデルチェンジで採用されるエンジンは2つあり、先代の「アルファード」「ヴェルファイア」で定評のあった「2.5L 直列4気筒 + Super CVT-i 」をキャリーオーバーし継続採用した。力強く伸びやかな発進加速と燃費を両立して「アルファード」のみ採用。更にハイブリッド車として「2.5 L 直列4気筒 直噴エンジン(Dynamic Force Engine)+ハイブリッド」を「アルファード」「ヴェルファイア」に採用。新開発した「2.4L直噴ターボエンジンD-4ST」は「ヴェルファイア」のみ採用する。差別化として「ヴェルファイア」はよりスポーティーなモデルである。

先代新型
2.5 L 直列4気筒 エンジン
+Super CVT-i
駆動方式:2WD / 4WD
2.5 L 直列4気筒 エンジン
+Super CVT-i
駆動方式:2WD / 4WD
2.5 L 直列4気筒 エンジン
+モーターTHSⅡ(ハイブリッド)
駆動方式:4WD
2.5 L 直列4気筒 直噴エンジン
(Dynamic Force Engine)
+モーターTHSⅡ(ハイブリッド)
駆動方式:2WD / 4WD
3.5L V6気筒 エンジン
+Direct Shift-8AT
駆動方式:2WD / 4WD
2.4L直噴ターボエンジン
+Direct Shift-8AT
駆動方式:2WD / 4WD

トヨタ 新型 アルファード 価格について

グレードエンジン駆動方式価格(10%)
Z2.5 L 直列4気筒
エンジン
+Super CVT-i
2WD5,400,000円
Z2.5 L 直列4気筒
エンジン
+Super CVT-i
4WD5,598,000円
Z2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
2WD 6,200,000円
Z2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
4WD6,420,000円
Executive
Lounge
2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
2WD 8,500,000円
Executive
Lounge
2.5 L 直列4気筒
直噴エンジン
+モーターTHSⅡ
(ハイブリッド)
4WD8,720,000円

トヨタ 新型 アルファード 燃費データ

ガソリン車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:10.6km/L(8.5km/L)

ハイブリッド車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:17.5-17.7km/L(14.0km/L)

(  )はおおよそ実燃費

スペックアルファード
ハイブリッドモデル
アルファード
全長4,995mm4,995mm
全幅1,850mm1,850mm
全高1,935mm1,935mm
ホイールベース3,000mm3,000mm
エンジン直列4気筒 2.5L 直噴
エンジン
D-4S +
モーター(THSⅡ)
直列4気筒2.5L
エンジン
最高出力140kW(190ps)/
6,000rpm
134kW(182ps)/
6,000rpm
最大トルク236Nm(24.1kgm)/
4,300-4,500rpm
235Nm(24.0kgm)/
4,100rpm
フロントモーター
最高出力
134kw(182ps)
フロントモーター
最大トルク
270Nm(27.5kgm)
システム最高出力184w(250ps)
トランス
ミッション
電気式無段階変速機Super CVT-i
駆動方式2WD
E-Four(4輪駆動方式)
2WD
4WD
WLTCモード燃費17.5-17.7km/L(2WD)
16.5-16.7km/L(4WD)
10.6km/L(2WD)
10.3km/L(4WD)
乗車定員7名7名

トヨタ 新型 アルファード ハイブリッドで元が取れるまで

燃費と価格を考えたときに非常に悩ましい問題となった。両方のグレード「Z」で比較した場合、ガソリンモデルは5,400,000円、ハイブリッドモデルは6,200,000円と800,000円の差額となる。更にハイブリッド車は約90,000円(環境性能割 約37,500円)の減税が受けられるでトータルは約762,500円の差額となる。

ここでガソリンの計算となるが約762,500円のガソリン代を埋める場合にどれほど乗ればお得となるのか検証する。現実的に上記記載の実燃費を元に計算すると。

ガソリン車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費: 10.6km/L(8.5km/L) ハイブリッド車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費: 17.5-17.7km/L(14.0km/L) で計算。

ガソリン価格 1L 165円の場合

ガソリンモデル 10,000km=194,117円

ハイブリッド車 10,000km=117,857円

10,000km走って76,260円差なので50,000km走って381,300円差がでた。つまりこれでも本体代の差額762,500円を埋めることができず・・・

通常5年ほどで新車を手放す可能性が高いかもしくは100,000kmと考えてもハイブリッド車を選ぶと+100円となる。ハイブリッド車だからと言って安易に選ぶことができない。更に、「アルファード」の場合エクステリアデザインにハイブリッドとの差がなくドヤ顔できる訳でもない。

目次に戻る

トヨタ 新型 アルファード 快適性について

今までは金額的な話をしてきたが、快適性の話もしたい。「直列4気筒2.5Lエンジン+Super CVT-i」モデルは金額面では申し分ないが、快適な面で言うとそうでもない。筆者は、3代目アルファードのガソリン 2.5Lに乗った経験があるが非常に走り出しが遅いと言う感想だ。車重に対してトルクが足りない、Super CVT-iで改善されたとしても遅いと感じるはずだ。「直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S +モーター(THSⅡ)」はトヨタお得意のハイブリッドシステムであり、走り出しはモーターのみで走行することになるがトルクはモーターの得意分野でありとてもいい走り出しが期待できる。海外モデルはこのハイブリッドエンジン仕様のみを採用。海外でも通用する走りを可能にしていることを証明している。更に、「レーダークルーズコントロール」を使用時では電気制御とハイブリッドの相性がいいので違いが出る可能性が高い。快適性能では「ハイブリッド車」をおすすめする。

結論 まとめ

筆者としては「2.5 L 直列4気筒 直噴エンジン(Dynamic Force Engine)+モーターTHSⅡ(ハイブリッド)」モデルをおすすめする。

あわせて読みたい
脅威の WLTCモード燃費17.7km/L 最高出力250ps 新型「アルファード」「ヴェルファイア」フルモデルチェ... トヨタは40系となる新型「アルファード」「ヴェルファイア」のフルモデルチェンジを2023年6月21日に発売した。「ガソリン車」「ターボ車」「ハイブリッド車 (HEV)」を...

2.5 L 直列4気筒 ハイブリッドモデル おすすめする理由について

燃費とガソリンモデルよりもモーターアシストがあるため走行時に余裕のある走りができる。

既に、「RAV4」「ハリアー」「クラウン(クロスオーバー)」「カムリ」など多くの車種に採用される定評のあるエンジンとハイブリッドシステムであること。

アルファード仕様にエンジン出力、モーター出力を上げている。

ハイブリッドモデルとして考えた場合に駆動方式:2WDを選択できる。

筆者は現在、4代目「ハリアー」の「2.5 L 直列4気筒 直噴エンジン(Dynamic Force Engine)+モーターTHSⅡ(ハイブリッド)」モデルに乗っているが、何も気にせず走り燃費は17.1km/Lと車重と車格を考えても脅威の燃費を出している。更に走りもモーターアシストのおかげで余裕のある走りができており、車重や車格がある「アルファード」としたことを想像しても燃費と走りに不満は出ないと確信できる。

トヨタ 新型 アルファード リセールバリューを考えてもハイブリッドモデル

ハイブリッド車の一番下のグレード「Z」は6,200,000円~と決して安いわけではない。ガソリングレード「Z」は5,400,000円~と差額は800,000円ある。ガソリングレードは「2.5L 直列4気筒 + Super CVT-i 」をキャリーオーバーし継続採用しており、価格差が生まれているのだろう。しかし、スペックを見れば、昔のコンパクトカー並みの燃費(17.5-17.7km/L)と、走りは申し分ないシステム最大出力184w(250ps)は魅力的である。リセールバリューを考えればハイブリッド車の選択は間違いない。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 アルファード / ヴェルファイア フルモデルチェンジ TNGA 採用 2023年6月21日発売 トヨタは新型「アルファード」「ヴェルファイア」のフルモデルチェンジ(40系)を行い2023年6月21日に発売する。(当初は6月7日であったが延期となった。)トヨタ販売店...
あわせて読みたい
トヨタ 4代目 新型 アルファード 必ず付けたい おすすめ オプションは? トヨタは4代目 新型「アルファード」のフルモデルチェンジを行い2023年6月21日に発売する。筆者は新型を購入するが。そこで色々調べた中で、これは付けることをおすすめ...
あわせて読みたい
トヨタ 新型 アルファード フルモデルチェンジで 何が変わったのか? 新旧比較 ポイントまとめ トヨタは「アルファード」のフルモデルチェンジを行い2023年6月21日に発売した。旧型モデル(旧型)と新型とはどの様な進化を遂げたのか順番に比較してみた。購入時の参...
最新自動車情報
40系 新型「アルファード」おすすめグレードは?リセールバリュー 含めた購入について考えてみた| 最新自動... 今回は、現行4代目の40系新型アルファードのおすすめグレードについて詳しくご紹介します。カタログを見ても分かりにくい方や、購入を検討していて悩んでいる方にとって参...

アルファード

https://toyota.jp/alphard/

アルファード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次