MENU
サイト内検索
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

フォルクスワーゲン 新型 「ID.3」大幅改良 2023年4月頃発表

フォルクスワーゲンはバッテリーEV(電気自動車)モデル「ID.3」を大幅改良して、2023年春に公開すると2022年12月2日(現地時間)発表した。デリバリーは2023年第4四半期以降。

目次

フォルクスワーゲン 新型 「ID.3」大幅改良 エクステリアについて

エクステリアの変更点は、インテークをよりスポーティにデザインし直したフロントバンパーと、現行のID.3の黒いパーティションを廃止し、ダイナミックなラインを強化した新しいボンネットに焦点を当てる。ボディの残りの部分は、プロファイルとリアエンドを含めて同一のように見えます。LED技術はより低いトリムから提供されるかもしれませんが、アルミホイールと照明ユニットでさえ変更されていない。

フォルクスワーゲン 新型 「ID.3」大幅改良 インテリアについて

インテリアは、センターピースはインフォテインメント用のより大きな12インチのタッチスクリーンであり、新しいソフトウェアを取得し、無線アップデートと互換性がある。新しいスクリーンは、すべてのトリムに標準装備。更新されたデジタルインストルメントクラスターと、大幅に大型化されたヘッドアップディスプレイが組み合わされている。ダッシュボードの簡素化された空調ベント、2つのカップホルダーを備えたセンターコンソールの新しいデザイン、および取り外し可能な収納コンパートメントも見られる。

ID.3 の特徴的なギアシフト レバーはなくなり、ペダルの再生と一時停止のグラフィックは引き継がれます。興味深い詳細は、スケッチでは変更されていないように見えるステアリングホイールのタッチセンシティブ ボタンですが、顧客からの批判を受けて、将来のモデルでは物理的なボタンに置​​き換えられる。

フォルクスワーゲンは、より持続可能で動物の皮を使わない素材を使用して、ID.3 のインテリアの品質を向上させることを約束した。スケッチでは、ダッシュボードとドアトリムに新しいステッチパターンが見られますが、再設計されたセンターコンソールからのプラスチック感が少ない。現行モデルは本革巻ステアリングを「高級本革」に交換。

フォルクスワーゲン 新型 「ID.3」大幅改良 スペックについて

MEB基盤、電気モーター、または利用可能なバッテリー容量の更新を発表しませ。ただし、以前に、 より強力なデュアル電気モーターとよりスポーティなシャーシ設定を特徴とする新しいID.3 GTXホットハッチが確認。

設計の更新により、ID.3のWLTP 消費量と航続距離が 2% 改善されると予想しています。Plug&ChargeとインテリジェントなEV ルート プランナー機能は、ID.3の所有者の生活を楽にします。最後にADASに関しては、オプションのトラベル アシストが Swarm Dataで強化され、パーク アシスト プラスにはメモリー機能が追加。

あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 ID.3 EV 電気自動車 2019年9月9日発表 フォルクスワーゲンは新型電気自動車(EV)「ID.3」を2019年5月8日(現地時間)に発表した。2019年9月9日(現地時間)に再度発表した。発売は2020年を予定している。201...
あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 ID.4 クロスオーバーEV 日本導入 2022年11月22日発売 フォルクスワーゲンは新型電気自動車(EV)「ID.4」の日本モデルを2022年11月22日発表した。 【フォルクスワーゲン 新型 ID.4】 「ID.4」の意味は「ID」はフォルクスワ...
あわせて読みたい
“ワーゲンバス”「フォルクスワーゲン タイプ2」 復活へ!新型 「ID.Buzz」電気自動車 日本初参考展示 日... フォルクスワーゲンは“ワーゲンバス”「フォルクスワーゲン タイプ2」 を電気自動車化した新型 「ID.Buzz」を日本初参考展示する。2023年頃に日本導入される可能性が高そ...

フォルクスワーゲンニュースリリース

https://www.volkswagen-newsroom.com/en/press-releases/the-new-id3-is-ready-and-raring-to-go-15348

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー

目次