MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ホンダ 新型「WR-V」残念だと思ってしまう点 悪いころ5選 まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 Honda WR-V Bad parts

ホンダは、新型コンパクトSUV「WR-V」を日本にて2023年12月21日発表、2024年3月22日に発売した。今回は筆者が「WR-V」を購入検討し、色々と調べた中で残念だなと思ってしまった点を詳しくまとめてみました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。

参考

よく一緒に読まれている記事

»WR-Vの他社比較 New!

»WR-Vの値引き情報 New!

»WR-Vの素晴らしいところ New!

»WR-Vの最新情報 New!

目次

ホンダ 新型 WR-V 残念だと思ってしまう点

1.「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」を搭載していない

電動パーキングブレーキ」は「Pレンジ」に入れると自動的にパーキングブレーキがかかる。「オートブレーキホールド」赤信号などで停車した場合に「 HOLD 」の表示灯が点灯していれば車がブレーキを自動でかけ続けてくれる。最近の新型モデルでは当たり前の装備になりつつあるこのとても快適な装備が搭載されていません。いい車だけに非常に残念です。改良モデルで採用されていてほしい。同クラスだとSUBARU「クロストレック」マツダ「CX-3」トヨタ「ヤリスクロス」では採用されています。ホンダ車が好きな人はホンダ「ヴェゼル」であれば標準装備されています。こんな機能いらい人は「WR-V」めちゃめちゃおすすめです。

Honda Accord
ホンダ アコード

2.アダプティブクルーズコントロール(ACC)が渋滞追従機能付ではない

これは上記の機能である「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」がないと付かない機能なのですが、アダプティブクルーズコントロール(ACC)は可能ですが、30km/h以上でないと動作しません。また、渋滞時は追走できないため運転のサポートとしては少し物足りないかもしれません。ホンダ車が好きな人はホンダ「ヴェゼル」であれば標準装備されています。こんな機能いらい人は「WR-V」めちゃめちゃおすすめです。

3.ホンダのハイブリッドパワートレイン「e:HEV」の設定なし

ガソリンモデルのみで「直列4気筒 1.5L 自然吸気エンジン」を採用する。現時点ではハイブリッドモデルはラインナップにありません。ハイブリッド車がほしい人はホンダ「ヴェゼル」を選択してください。逆にガソリン車がいい人は「ヴェゼル」よりもグレードが充実しているので「WR-V」めちゃめちゃおすすめです。

4.エンジンラインナップに駆動方式4WDモデルがない

グレードには2WDのみ。雪国に住む人やアウトドアを楽しみたい人は選択しに入れられません。クロスオーバーSUVなのに4WD設定がないというのは少し残念です。ホンダ車が好きな人はホンダ「ヴェゼル」であれば4WDモデル設定されています。4WDいらい人は「WR-V」めちゃめちゃおすすめです。

ホンダ WR-Vの価格グレード

スクロールできます
グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格(10%)
X直列4気筒 1.5L
自然吸気エンジン
CVT2WD2,098,800円
Z2,349,600円
Z+2,489,300円

5.センタータンクレイアウトではない

「フィット」から採用され続ける「センタータンクレイアウト」は現在の「N-BOX」や「ヴェゼル」などにも採用されている。燃料タンク位置を通常は後部座席や荷室の下に置くのだが、前席の中央床に設置することで後部座席下のスペースが空き、トランクスペースを下げたり、後部座席を跳ね上げてスペースを有効活用できる。しかし、「WR-V」はセンタータンクレイアウトではない。もちろん、困るほど荷室が狭い訳ではない。後部座席を跳ね上げることはできない。

WR-V
WR-V

6.リアウィンカー・バックランプが豆電球 (価格に見合っている)

実物みてそこまで気になる訳でもないのですが、他のライト類がLEDライトを採用しているのにリアウィンカーとバックランプのみ豆電球なのは少しだけ気なりました。ただし、価格を抑えているのでこの設定なのは不満はないかと思います。

7.インテリアのダッシュボード (価格に見合っている)

インテリアのダッシュボードはハードプラとなっており、少しでもソフトパットを使って貰えると質感がもう少し高いなと感じられるかもしれません。でも価格帯を考えると全体的に悪くないかもしれません。

8.シートヒーターやシートベンチレーションが採用されていない

インテリアで快適装備としてオプションでいいので付けてもらいたいのがシートヒーターまたはシートベンチレーションです。あるかないかで全く生活が変わります。N-BOXなどの軽自動車でも一部グレードでシートヒーターが完備されているので是非改良時に付けてもらいたいです。

ホンダ 新型 WR-V まとめ

今回は残念だと感じる部分を説明させてもらいましたが、「WR-V」と「ヴェゼル」はガソリンモデルでは同様のエンジンを採用している。WLTCモード燃費もほぼ同様である。しかし、装備がいくつか「WR-V」の方が少ない分価格も12,9800円~300,300円の差となるのは間違えないだろう。「WR-V」は日本で1番売れている「ヤリス」シリーズの「ヤリスクロス」に価格や仕様も近づいておりホンダとしては販売が期待されている。また、ダイハツの不祥事により同クラスの「ライズ」「ロッキー」の販売がストップしているため、選択しとして「WR-V」が売れる可能性は非常に高いと考えられる。2024年4月、5月からWR-Vが販売台数で何位にランクインしているか非常に注目したいです。

WR-Vについては次へ

1 2
2024 Honda WR-V Bad parts

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次