MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ホンダ 新型 WR-V 素晴らしいと思ってしまう点を いいところ5選 まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 honda wr-v

ホンダは、新型コンパクトSUV「WR-V」を日本にて2023年12月21日発表、2024年3月22日に発売した。今回は筆者が「WR-V」を購入検討し、色々と調べた中で仕様をみてどの点がおすすめか、魅力的な部分を徹底的に探してみた。 購入の際の参考にしていただければ幸いです。

目次

新型 WR-V 「おすすめ!」と思ってしまう点

実際に購入を検討し色々調べて「素晴らしい!」「いいね!」「おすすめ!」と思っているところをまとめてみました。

1.車両本体価格がホンダSUV最安

価格がホンダのSUVで最安です。「ヤリスクロス」のガソリン車と価格はほぼ同様と言ったところだ。素晴らしいです。

スクロールできます
グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格(10%)
X直列4気筒 1.5L
自然吸気エンジン
CVT2WD2,098,800円
Z2,349,600円
Z+2,489,300円

2.エクステリアデザイン

価格が安いにも関わらず、エクステリアデザインはとても質感がよく、スタイリングから安心と信頼を感じられるようなデザインに仕上がっている。高く配置したベルトラインと厚みのあるボディー造形とすることで、力強さを表現。前後ライトのデザインは、四隅に踏ん張るようなワイド感を高めるデザインとし、フロントはフルLED、リアはストップランプとテールランプにLEDを採用しており、とてもエントリーモデルのSUVとは思えない出来栄えです。

ホンダ 新型「WR-V」VS  トヨタ 新型 「ヤリスクロス」ボディサイズ比較

「ヤリスクロス」との差は、全長+145mm、全幅+25mm、全高+60mmとなる。ホイールベース+0mmとなっている。「WR-V」「ヤリスクロス」のボディサイズを比較すると、全長と全幅が長く、いがホイールベースは同じである、最小回転半径が「WR-V」短いので小回りがよく、室内空間を確保できていることがわかる。

スペックWR-Vヤリスクロスヤリスクロス
との差
全長4,325mm4,180mm+145mm
全幅1,790mm1,765mm+25mm
全高1,650mm1,590mm+60mm
ホイールベース2,650mm2,650mm±0mm
最小回転半径5.2m5.3m-0.1m

3.インテリアの質感が価格を考えるといい

Zグレード以上であれば、本革巻きステアリングホイールやパドルシフトは全グレードに標準装備され、ドアのインナーパネルには白のスティッチが入り、ソフトパットを使っている部分もあり非常に触り心地もいいです。シフトレバーにシフトブーツが装着されている。唯一少し改良してもらえるならダッシュボードはすべてがハードプラになっており、価格を考えれば妥当ですが、少しソフトパットが入ってると印象がまた変わるかもしれません。

4.センターコンソールボックス・アームレストが標準装備

このクラスでは珍しくセンターコンソールボックスが標準装備です。センターコンソールボックスは主に肘おきに使うことになると思いますが、同クラスの「ヤリスクロス」は2024年の一部改良より一部グレードでようやく「センターアームレスト」が装着されました。肘を置きながら運転したい人には標準装備なのはうれしいですよね。

honda WR-V センターコンソールボックス
ホンダ WR-V センターコンソールボックス

5.リアベンチレーションが標準装備

このクラスでは珍しく「リアベンチレーション」が標準装備となっています。後部座席にも人を乗せたい人はおすすめの装備です。同クラスの「ヤリスクロス」には設定がありません。

honda WR-V リアベンチレーショ
リアベンチレーショ

ホンダ 新型 WR-V まとめ

今回は素晴らしと感じる部分を説明させてもらいましたが、「WR-V」と「ヴェゼル」はガソリンモデルでは同様のエンジンを採用している。WLTCモード燃費もほぼ同様である。しかし、装備がいくつか「WR-V」の方が少ない分価格も12,9800円~300,300円の差となるのは間違えないだろう。「WR-V」は日本で1番売れている「ヤリス」シリーズの「ヤリスクロス」に価格や仕様も近づいておりホンダとしては販売が期待されている。また、ダイハツの不祥事により同クラスの「ライズ」「ロッキー」の販売がストップしているため、選択しとして「WR-V」が売れる可能性は非常に高いと考えられる。2024年4月、5月からWR-Vが販売台数で何位にランクインしているか非常に注目したいです。

ホンダ WR-V

https://www.honda.co.jp/WR-V/

2024 honda wr-v

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次