ホンダ 新型「WR-V」 VS トヨタ 新型「ヤリスクロス」 2024年モデル 徹底比較

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 Honda WR-V Yaris Cross Comparison

ホンダは、新型コンパクトSUV「WR-V」を日本にて2023年12月21日発表、2024年3月22日に発売する。1番のライバル車種となりそうな日本国内普通車で断トツの販売台数を誇る「ヤリス」シリーズのコンパクトSUVヤリスクロス。同セグメントコンパクトSUVであり、競合車種となるスペックを元に競合比較してみた。

目次

ホンダ 新型「WR-V」はどんな車か?

新型SUV「WR-V」は「ヴェゼル」より小さなAセグメントクロスオーバーSUVとして開発。コンパクトなデザインとよりスポーティなスタイルで最先端を行くパフォーマンスとテクノロジーを備えたモデルである。ライバル車種としては日本では「ヤリスクロス」「ライズ」「クロスビー」など販売台数では上位にラインクインする車種が相手となるが、日本市場においてコンパクトSUVモデルの需要の高さがあり、「WR-V」を投入するのは当然の流れと言っていいかもしれない。

ホンダ 新型「WR-V」について

最新のエクステリアデザインを採用。「ヴェゼル」より小さなボディーサイズとしAセグメントクロスオーバーSUVとした。

ガソリンモデルのみで「直列4気筒 1.5L 自然吸気エンジン」を採用する。

「FIT(フィット)」のシャシーをベースにしクラス上のゆとりあるより快適で広々としたスペースも提供。

クラス最高の地上高195mmを確保。

7インチデジタルメーター10.25インチインフォテインメントシステムを採用。

最新の運転支援システム「Honda SENSING」を採用。

「WR-V」は「Winsome Runabout Vehicle(ウィンサム ランナバウト ビークル)」の頭文字を組み合わせた車名。Winsomeには、「楽しさ」や「快活さ」の意味があり、このクルマと生き生きとした毎日を楽しんでほしいという思いが込められている。「WR-V」は「ヴェゼル」より小さなAセグメントクロスオーバーSUVとして開発。コンパクトなデザインとよりスポーティなスタイルで最先端を行くパフォーマンスとテクノロジーを備えたモデルである。ライバル車種としては日本では「ヤリスクロス」「ライズ」「クロスビー」など販売台数では上位にラインクインする車種が相手となるが、日本市場においてコンパクトSUVモデルの需要の高さがあり、「WR-V」を投入するのは当然の流れと言っていいかもしれない。

ホンダ 新型「WR-V」エクステリアについて

「WR-V」のエクステリアは、スタイリングから安心と信頼を感じられるようなデザインとしました。高く配置したベルトラインと厚みのあるボディー造形とすることで、力強さを表現。前後ライトのデザインは、四隅に踏ん張るようなワイド感を高めるデザインとし、フロントはフルLED、リアはストップランプとテールランプにLEDを採用。これまで成功を収めてきた Honda SUV ラインを、「CR-V」「HR-V」「BR-V」などのモデルに新たに加わる。Honda SUVラインの一部として、「WR-V」は、Honda SUVの特徴である高い最低地上高、強力なエンジン性能、広々としたキャビン、洗練されたテクノロジーなどの特徴も備えている。さらに、Honda WR-V は、同クラスの他のモデルと比較して、よりスポーティなスタイルとさまざまな利点を備えた設計になっている。 さまざまな路面状況を安心して走れるよう、クラス最高の地上高195mmを確保。ちなみに同クラスの「ヤリスクロス」は地上高170mmである。

ホンダ 新型「WR-V」VS  トヨタ 新型 「ヤリスクロス」ボディサイズ比較

「ヤリスクロス」との差は、全長+145mm、全幅+25mm、全高+60mmとなる。ホイールベース+0mmとなっている。「WR-V」「ヤリスクロス」のボディサイズを比較すると、全長と全幅が長く、いがホイールベースは同じである、最小回転半径が「WR-V」短いので小回りがよく、室内空間を確保できていることがわかる。

スクロールできます
スペックWR-Vヤリスクロスヤリスクロス
との差
全長4,325mm4,180mm+145mm
全幅1,790mm1,765mm+25mm
全高1,650mm1,590mm+60mm
ホイールベース2,650mm2,650mm±0mm
最小回転半径5.2m5.3m-0.1m

ホンダ 新型「WR-V」VS  トヨタ 新型 「ヤリスクロス」デザインの違いについて

デザインについては「ヤリスクロス」は都市型SUVと言った印象で、「WR-V」はアウトドア思考に見えるデザインであり、大型のグリルが印象的で個人的にはかっこいいと感じる。また、サイズよりも大きく見える。

ホンダ 新型「WR-V」 VS ホンダ 新型「ヤリスクロス」 エンジン比較

エンジンスペックはどちらのモデルも出力はほぼ同様である。しかし、WLTCモード燃費では多少の差がある。また、4WDの選択がないのでもし選びたい人は「ヤリスクロス」一択となる。更に、ハイブリッドエンジンのラインナップも「WR-V」にはない。今後はハイブリッドが乗りたい人はこれもまた、「ヤリスクロス」を選択するしかない。

エンジンモデルのラインナップ比較

スクロールできます
スペックWR-Vヤリスクロス
エンジン直列4気筒 1.5L
i-VTEC
自然吸気エンジン
直列3気筒 1.5L
エンジン
最高出力87kW(118ps)/
6,600rpm
88kW(120ps)/
6,600rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm)/
4,300rpm
145Nm(14.8kgm)/
4,800rpm~5,200rpm
トランス
ミッション
CVTCVT
駆動方式2WD2WD(FF)
4WD
WLTCモード
燃費
16.4㎞/L(2WD)
19.4~18.3km/L(2WD)
17.1~18.4km/L(4WD)

ハイブリッドモデルの比較

「WR-V」には現時点でハイブリッドモデルのラインナップはありません。

スペックヤリス クロス
ハイブリッド
エンジン直3 1.5L+
モーター
M15A-FXE型
最高出力67kW(91ps)/
5,500rpm
最大トルク120Nm(12.2kgfm)/
3,800-4,800rpm
モーター
最大出力
フロント:59kW(80ps)
リヤ:3.9kW(5.3ps)
モーター
最大
トルク
フロント:141Nm(14.4kgm)
リア:52Nm(5.3kgm)
システム
最高出力
116ps(85kW)
システム
最大トルク
141Nm (104 lb-ft)
WLCT
モード燃費
30.8km/L(2WD)
28.7km/L(4WD)
駆動方式2WD/4WD
(E-Four)
駆動方式電気式
無段階変速機

ホンダ 新型「WR-V」 VS ホンダ 新型「ヤリスクロス」 安全技術 比較

安全装備ではどちらもクラスを超えた多くの機能を備えており、運転者をサポートしてくれる。特に一部改良した「ヤリスクロス」2023年モデルは安全装備も強化されており、素晴らしい。

スクロールできます
システム 装備WR-Vヤリスクロス
衝突軽減ブレーキ
(CMBS)

(昼・夜間
歩行者
自転車)

(昼・夜間
歩行者
自転車)
誤発進抑制機能
近距離衝突軽減ブレーキ
急アクセル制御機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
渋滞時追従機能付き
アダプティブ
クルーズコントロール
(ACC)
車線維持支援システム
(LKAS)
先行車
発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートハイビーム
パーキングセンサー
システム
ブラインドスポット
インフォメーション
安心降車アシスト
ドライバー異常時対応
システム

ホンダ 新型「WR-V」 VS ホンダ 新型「ヤリスクロス」 価格比較

ホンダ 新型「WR-V」価格 グレード について

スクロールできます
グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格(10%)
X直列4気筒 1.5L
自然吸気エンジン
CVT2WD2,098,800円
Z2,349,600円
Z+2,489,300円

トヨタ 新型「ヤリスクロス」価格 グレード について

ベースとなる「X」グレードであればヤリスクロスの方が価格が安くなる。

スクロールできます
モデルエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格(10%)
X直列3気筒
1.5Lエンジン
M15A-FKS型
Direct Shift-
CVT 
2WD1,907,000円
4WD2,138,000円
G2WD2,150,000円
4WD2,381,000円
Z2WD2,435,000円
4WD2,666,000円
Z Adventure2WD2,551,000円
4WD2,782,000円
GR Sport2WD2,571,000円

ホンダ WR-V まとめ

「WR-V」と「ヤリスクロス」はガソリンモデルではエンジン出力はほぼ同様のエンジンを採用している。WLTCモード燃費は「ヤリスクロス」の方が優れている。更に、デザイン面では「ヤリスクロス」よりアウトドアよりでかっこいいと感じる人も多いかもしれない。「WR-V」は日本で1番売れている「ヤリス」シリーズの「ヤリスクロス」に価格や仕様も近づいておりホンダとしては販売が期待されている。また、ダイハツの不祥事により同クラスの「ライズ」「ロッキー」の販売がストップしているため、選択しとして「WR-V」が売れる可能性は非常に高いと考えられる。

2024 Honda WR-V Yaris Cross Comparison

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次