ホンダ 新型「WR-V」 VS ホンダ 新型「ヴェゼル」 徹底比較

当ページのリンクには広告が含まれています。
honda VEZEL WR-V

ホンダは、新型コンパクトSUV「WR-V」を日本にて2023年12月21日発表、2024年3月22日に発売する。ホンダは新型「ヴェゼル」のフルモデルチェンジを行い2021年4月22日発表に4月23日発売した。セグメントの違いはあるがおなじコンパクトSUVであり、競合車種となるスペックを元に競合比較してみた。

目次

ホンダ 新型「WR-V」仕様について

最新のエクステリアデザインを採用。「ヴェゼル」より小さなボディーサイズとしAセグメントクロスオーバーSUVとした。

「FIT(フィット)」のシャシーをベースにしクラス上のゆとりあるより快適で広々としたスペースも提供。

クラス最高の地上高195mmを確保。

7インチデジタルメーター10.25インチインフォテインメントシステムを採用。

最新の運転支援システム「Honda SENSING」を採用。

「WR-V」は「Winsome Runabout Vehicle(ウィンサム ランナバウト ビークル)」の頭文字を組み合わせた車名。Winsomeには、「楽しさ」や「快活さ」の意味があり、このクルマと生き生きとした毎日を楽しんでほしいという思いが込められている。「WR-V」は「ヴェゼル」より小さなAセグメントクロスオーバーSUVとして開発。コンパクトなデザインとよりスポーティなスタイルで最先端を行くパフォーマンスとテクノロジーを備えたモデルである。ライバル車種としては日本では「ヤリスクロス」「ライズ」「クロスビー」など販売台数では上位にラインクインする車種が相手となるが、日本市場においてコンパクトSUVモデルの需要の高さがあり、「WR-V」を投入するのは当然の流れと言っていいかもしれない。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2021年4月23日発売

ホンダ 新型「WR-V」エクステリアについて

「WR-V」のエクステリアは、スタイリングから安心と信頼を感じられるようなデザインとしました。高く配置したベルトラインと厚みのあるボディー造形とすることで、力強さを表現。前後ライトのデザインは、四隅に踏ん張るようなワイド感を高めるデザインとし、フロントはフルLED、リアはストップランプとテールランプにLEDを採用。これまで成功を収めてきた Honda SUV ラインを、「CR-V」「HR-V」「BR-V」などのモデルに新たに加わる。Honda SUVラインの一部として、「WR-V」は、Honda SUVの特徴である高い最低地上高、強力なエンジン性能、広々としたキャビン、洗練されたテクノロジーなどの特徴も備えている。さらに、Honda WR-V は、同クラスの他のモデルと比較して、よりスポーティなスタイルとさまざまな利点を備えた設計になっている。 さまざまな路面状況を安心して走れるよう、クラス最高の地上高195mmを確保。ちなみに同クラスの「ヤリスクロス」は地上高170mmである。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
【2023年】各社 SUVの最低地上高 まとめ

ホンダ 新型「WR-V」インテリアについて

インテリアは、シンプルで水平基調のデザインとし、スイッチ類を中央に配置することで運転しやすい空間を目指した。またメーターには、7インチTFT液晶メーターとアナログスピードメーターを組み合わせたメーターを採用。7インチTFT液晶メーターでは、スピードメーターや走行モードなどの基本情報に加え、Honda SENSINGなどの情報を見やすく表示。

スマートフォン接続やハンズフリー電話など、さまざまな機能を備えた10.25インチインフォテインメントシステムを採用する。


後席は、クラス上のゆとりある空間を目指し、頭上空間の広さを確保。ドアライニングの下部や前席シートバックの形状を工夫することで、乗り降りがしやすく、ゆとりのある足元空間を実現。

エアコンの風を後席へ届けるリアベンチレーションを全タイプに標準装備、後席空間の快適性を高めました。

「WR-V」キャビンのプロポーションはスリムですが、より快適で広々としたスペースも提供。クラス最大級のヘッドルームとレッグルームを確保(荷室長 約840mm 荷室開口部幅 約1,110mm 荷室開口部高さ 約932mm)。ラゲッジルームはクラストップレベルの458リットルを収容でき、さまざまな活動にさまざまなアイテムを運ぶためのより広い貨物スペースを提供。ホンダ WR-V のキャビン シーリングは、車体パネル周辺に制振材とクローズド パネル構造を吹き付けることで静粛性を高め、外部からのほこりや不快な臭いを防ぐ。

「WR-V」に最初のモデルはガソリンモデルのみで「直列4気筒 1.5L 自然吸気エンジン」を採用する。CVTは、DBWとCVTの協調制御「G-design Shift」を採用しリニアな加速フィールを追求。また、加速時や減速時のステップシフト制御を採用するなど、CVT制御をWR-V向けに最適化する。

ホンダ 新型「WR-V」の情報はこちら

正式発表 ホンダ 新型「WR-V」 クラストップレベル荷室空間と低価格209万8800円から 2024年3月22日発売決定

ホンダ 新型「ヴェゼル」仕様について

フルモデルチェンジした「ヴェゼル」は4代目 新型「フィット」をベースに開発。Honda独自のM・M思想に基づく、「センタータンクレイアウト」を先代モデルから踏襲。取り回しのしやすい、コンパクトなボディーサイズや、多彩なシートアレンジはそのままに、より力強く美しいエクステリアのプロポーションへ進化させた。ヘッドライトには「LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)」を採用。「Honda SENSING(ホンダ センシング)」全モデル標準搭載。写真を見てわかる通り、リアは流麗なクーペフォルムとしている。全長4,340mm、全幅1,790mm、全高1,590mm、ホイールベース2,610mmの3ナンバーサイズのSUVとなった。

ホンダ 新型「ヴェゼル」エクステリア について

解放感のあるサンルーフには「パノラマルーフ(Low-Eガラス採用)」を採用する。2トーンのエクステリアカラー、トリコロールの加飾や「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約クローズ機能付き)」も採用。

ホンダ 新型「ヴェゼル」インテリア について

インテリアパネルは水平・直線基調のデザインとし、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)の考え方に基づく視線移動の軽減や動線に沿った操作類の配置、視界を良くする。メーターには新型「アコード」「インサイト」などに採用されている「4.2インチor7.0インチインストルメントクラスター」を採用。インテリアのフロントシートには上級セダンへの搭載も見据えて新しく開発した、新世代の「ボディースタビライジングシート」を採用し長時間ドライブでも疲れにくく、やわらかな座り心地を実現したシート構造とした、「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるテレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。「パーキングブレーキシステム」を採用する。センターディスプレイには「9インチHonda CONNECTホンダディスプレイ」を採用。「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載。スマートフォンがキーの代わりになる「Hondaデジタルキー」「Honda アプリセンター」車内でデータ通信容量を購入し、インターネットに接続して楽しめる「車内Wi-Fi」を採用。

1.5L i-VTECエンジン+「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用。WLTCモード燃費24.8km/Lとなる。「e:HEV」はNORMAL、SPORT、ECONと3つの異なる走行モードを選択可能。また、Dレンジ、Bレンジ、減速セレクターにて、アクセルオフ時の異なる減速度合いを選択することが可能。

ホンダ 新型「ヴェゼル」の情報はこちら

ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2021年4月23日発売

あわせて読みたい
ホンダ 新型 ヴェゼル フルモデルチェンジ e:HEV搭載 2021年4月23日発売 ホンダはヴェゼルのフルモデルチェンジを行い2021年4月22日発表に4月23日発売する。2021年2月18日にデザインを公開すると2021年1月18日に発表した。合わせてティーザー...

ホンダ 新型「WR-V」VS  ホンダ 新型 「ヴェゼル」ボディサイズ比較

「ヴェゼル」の方が大きく、全長+15mm、全幅+0mm、全高-60mmとなる。「WR-V」はホイールベース+40mmとなっている。「WR-V」「ヴェゼル」のボディサイズを比較すると、全長が短いが、ホイールベースが長く、最小回転半径が短いので小回りがよく、室内空間を確保できていることがわかる。

スペックWR-Vヴェゼル
全長4,325mm4,340mm-5mm
全幅1,790mm1,790mm-0mm
全高1,650mm1,590mm+60mm
ホイールベース2,650mm2,610mm+40mm
最小回転半径5.2m5.3~5.5m-0.1m

ホンダ 新型「WR-V」 VS ホンダ 新型「ヴェゼル」 エンジン比較

エンジンスペックは「ヴェゼル」のガソリンモデルと同様であるが、ガソリンモデルの価格帯は12,9800円~300,300円の差がありモデルとしての差を出している。

スペックWR-Vヴェゼル
エンジン直列4気筒 1.5L
i-VTEC
自然吸気エンジン
直列4気筒 1.5L
i-VTEC
自然吸気エンジン
最高出力87kW(118ps)/
6,600rpm
87kW(118ps)/
6,600rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm)/
4,300rpm
142Nm(14.5kgm)/
4,300rpm
トランス
ミッション
CVTCVT
駆動方式2WD2WD(FF)/4WD
WLTCモード
燃費
16.4㎞/L(2WD)
17.0km/L(2WD)
15.6km/L(4WD)
価格(10%)2,098,800円〜
2,489,300円
2,399,100円~
2,619,100円

ホンダ 新型「WR-V」 VS ホンダ 新型「ヴェゼル」 安全技術 比較

安全装備ではどちらもクラスを超えた多くの機能を備えており、運転者をサポートしてくれる。

システム 装備WR-Vヴェゼル
衝突軽減ブレーキ
(CMBS)

(昼・夜間
歩行者
自転車)

(昼・夜間
歩行者
自転車)
誤発進抑制機能
近距離衝突軽減ブレーキ
急アクセル制御機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
渋滞時追従機能付き
アダプティブ
クルーズコントロール
(ACC)
車線維持支援システム
(LKAS)
先行車
発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートハイビーム
パーキングセンサーシステム
ブラインドスポット
インフォメーション

※最新自動車情報調べ 発売前の情報も含まれているため間違えもあります。

ホンダ 新型「WR-V」 VS ホンダ 新型「ヴェゼル」 装備 比較

システム 装備WR-Vヴェゼル
オートブレーキ&ホールド
ディスプレイオーディオ
マルチビューカメラシステム
ヒルスタートアシスト
コネクティッドサービス

※最新自動車情報調べ 発売前の情報も含まれているため間違えもあります。

最後に一言

「WR-V」と「ヴェゼル」はガソリンモデルでは同様のエンジンを採用している。WLTCモード燃費もほぼ同様である。しかし、装備がいくつか「WR-V」の方が少ない分価格も12,9800円~300,300円の差となるのは間違えないだろう。「WR-V」は日本で1番売れている「ヤリス」シリーズの「ヤリスクロス」に価格や仕様も近づいておりホンダとしては販売が期待されている。また、ダイハツの不祥事により同クラスの「ライズ」「ロッキー」の販売がストップしているため、選択しとして「WR-V」が売れる可能性は非常に高いと考えられる。

▶︎ホンダ 新型 ヴェゼル VS トヨタ 新型 C-HR 徹底比較

ホンダ ヴェゼル

https://www.honda.co.jp/VEZEL/

スバル クロストレック

https://www.subaru.jp/crosstrek/crosstrek/

honda VEZEL WR-V

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次