MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

レクサス 新型 GX550 通常モデルを追加 2024年11月発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024-Lexus-GX

レクサスは、新型クロスカントリーSUV「GX550」のフルモデルチェンジを行い、通常モデルは2024年11月に発売されます。今回の「GX」から日本でも導入されることになりました。注目すべき点は、発売日と価格帯です。今回は、特徴を含めて詳しい内容を説明いたします。

目次

レクサス新型GXの日本発売日は?

  • 2024年4月19日「GX550“OVERTRAIL+”」正式発表
  • 2024年6月上旬GX550“OVERTRAIL+”発売
  • 2024年秋に通常モデル「GX550」を発売予定

レクサスGXはトヨタの「ランドクルーザー250」と姉妹車です。日本で2024年4月18日に発売が開始されるトヨタの「ランドクルーザー250」よりも1日遅い2024年4月19日に「GX」に発表、発売日は6月上旬。通常モデルの販売は正式発表で秋とされています。

レクサス新型 GX 通常モデルは?

海外モデルのラインナップを見ると「Overtrail」以外は「Premium」と「Luxury」があるためこの2つのグレードが導入される可能性が高そうです。日本モデルのGX550 Overtrail+は1250万円からとなりましたが、海外モデルの価格を参考にすると通常モデルは1000万円~となりそうです。

スクロールできます
グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
米国価格
GX550
Premium
V35A-FTSDirect Shift-10AT4WD64,250ドル
(約930万円)
GX550
Premium+
V35A-FTSDirect Shift-10AT4WD69,250ドル
(約930万円)
GX550
Overtrail
V35A-FTSDirect Shift-10AT4WD69,250ドル
(約930万円)
GX550
Overtrail+
V35A-FTSDirect Shift-10AT4WD77,250ドル
(約1090万円)
GX550
Luxury
V35A-FTSDirect Shift-10AT4WD77,250ドル
(約1090万円)
GX550
Luxury+
V35A-FTSDirect Shift-10AT4WD81,250ドル
(約1150万円)

はじめに導入されるモデルはすべて、3.5 L V6 ツインターボ「V35A-FTS」となりそうです。ハイブリッドモデルも存在しますが、導入はしばらく後になりそうです。

レクサス新型GXのはどんなクルマ?

  • 新型「GX」は、「ランドクルーザー250」の姉妹車。
  • レクサスブランドの本格オフローダーとして表現。
  • 「LX」と同様の「GA-Fプラットフォーム」の採用。

新型「GX」は、「ランドクルーザー250」の姉妹車で、車両開発コンセプトを「ザ・プレミアム・オフローダー」として、過酷な悪路から街中の舗装路に至るまで、様々なシーンで心高まる体験を提供するために進化。「LX」と同じ新「GA-Fプラットフォーム」の採用、静粛性と出力、燃費を高次元でバランスさせたV6ツインターボエンジンの搭載など、車両の基本性能を飛躍的に進化。伝統の悪路走破性も、オフロード走行性能を追求したパッケージの追求や、路面追従性を向上させるLEXUS初採用のE-KDSS(Electronic-Kinetic Dynamic Suspension System)などを通じて一段と向上。オンロード走行性能では、各部位の高剛性化やEPSの採用などによりもたらされるリニアなステアリング応答性など、本格オフローダーでありながらもLEXUSらしい乗り味を実現。エクステリアデザインでは、高い走行性能の提供に寄与する「機能的本質や動的性能に根差したプロポーションと独自性を追求したデザイン」を本格オフローダーとして表現しています。高い走破性と冒険心をくすぐる外観でありつつ、あらゆる道でドライバーが快適に運転できるデザインとしています。

レクサス 新型「GX550」エクステリア について

  • レクサスのスピンドルグリルと一文字リヤLEDコンビネーションランプを採用。

エクステリアデザインでは、高い走行性能の提供に寄与する「機能的本質や動的性能に根差したプロポーションと独自性を追求したデザイン」を本格オフローダーとして表現しています。高い走破性と冒険心をくすぐる外観でありつつ、あらゆる道でドライバーが快適に運転できるデザインとしています。横から見ると、2024「GX」はほとんど 70 シリーズ トヨタ ランドクルーザーを彷彿とさます。レクサスのスピンドルグリルはうまく組み込まれており、ノーズがボディの他の部分と比べて曲がりすぎないように直立したデザインになっている。ボンネットには、ヘッドライトに合わせて両側の最外縁が高く突き出たリバースパワーバルジとも言える形状が特徴。ライトにはレクサスファミリーのグラフィックがあしらわれており、ミラーはやはり昔ながらのクルーザーのように大きく箱型になっています。背面に移っても、シンプルなデザインが保たれている。大きなリアウィンドウの下にはフルレングスのライトバーがあり、新標準のパワーテールゲートとは独立して開くことができる。現行車よりも全長90mm、全幅95mm広く、ホイールベースは60mm延長されている。全長4,970mm、全幅1,980mm、全高1,925mm、ホイールベース2,850mmです。

レクサス 新型「GX550」「LS600」ボディサイズ 比較について

全長は、新型GX 4950mm、新型LX 5100mmなので全長が150mm短いです。アプローチアングル、デパーチャーアングル、ランプブレークオーバーアングルはすべてにおいてGXが上回るっています。

スクロールできます
ボディサイズGXLXLX比較
全長4,970mm5,100mm-130mm
全幅1,980mm1,990mm-10mm
全高1,925mm1,885mm
1,895mm
+40mm
ホイールベース2,850mm2,850mm±0mm
アプローチアングル26度22.6度+3.4度
デパーチャーアングル23度21.7度+1.3度
ランプブレークオーバーアングル23度21.3度+1.7度

トヨタ「ランドクルーザー250」とレクサス「GX550」のボディサイズ比較

ボディサイズはほぼ同じで、全長が+25mmなので誤差となっています。アプローチアングル、デパーチャーアングル、ランプブレークオーバーアングルはほぼ同じですが、「ランドクルーザー250」がアプローチアングルで上回っています。

スクロールできます
ボディサイズトヨタ
ランドクルーザー250
レクサス
GX
ランドクルーザー250
との差
全長 4,925mm4,970mm+45mm
全幅 1,980mm1,980mm±0
全高1,925mm~
1,935mm
1,925mm±0
ホイールベース 2,850mm2,850mm±0
アプローチアングル31度26度-5度
デパーチャーアングル23度23度±0度
ランプブレークオーバーアングル23度23度±0度

レクサス 新型「GX550」ボディカラーについて

  • ソニッククォーツ<085>
  • マーキューリーグレーマイカ<1H9>
  • ソニックチタニウム<1J7>
  • チタニウムカーバイドグレー<1L8>
  • グラファイトブラックガラスフレーク<223>
  • テレーンカーキマイカメタリック<6X4>
  • ティープブルーマイカ<8X5>

レクサス 新型「GX550」インテリアについて

  • 新しいレクサスの「12.3インチフル液晶メーター」と「大型14インチのインフォテインメントシステム」を設定。
  • 新設計のインテリアレイアウトと最大7人乗りの座席を備えている。
  • 2列目シートにキャプテンシートを選択が可能。

インテリアにおいては、オフロード走行時の全方位における視認性などの機能性に配慮しつつ、使い勝手に優れた様々な機能を備え、どのような環境の中でも、お客様へ安心感をもたらすモダンで快適な室内空間をご提供しています。「人間中心」の思想をさらに進化させた、独自のコックピットデザイン「Tazuna Concept」に基づいて設計されています。さらにレクサスは、新設計のインテリアレイアウトと最大7人乗りの座席を備えているいます。

12.3インチフル液晶メーター」と中央の HVAC 通気口は、ワイヤレス「Apple Carplay」と「Android Auto」を備えた大型の「14インチインフォテインメントシステム」に対応するために、ダッシュボードのかなり低い位置に移動。エアコンとオーディオの物理的なコントロールはまだありますが、車両のオフロード機能用の専用ボタンがギアセレクターの近くにあります。

レクサス 新型「GX550」パワートレイン について

  • 3.5 L V6 ツインターボ「V35A-FTS」、最高出力349hp(353PS/260kW) 最大トルク479lb-ft (650Nm)ダイレクトシフト10速ATを採用。 

3.5 L V6 ツインターボ「V35A-FTS」、最高出力349hp(354PS/260kW) 最大トルク479lb-ft (650Nm)を提供。古いV8よりも46Nm大きいです。 ダイレクトシフト10速ATが組み合わせ、牽引能力は標準牽引ヒッチを備えたグレードで3,629kg)と評価されています。フルタイム4WDはこれまでと同様に標準装備、トルセンリミテッドスリップセンターデフも装備され、さらに、トランスファーケースの改良により、4Hと4L間の切り替えも高速化されています。

編集部から一言

今回は先に発表・発売が開始された、「GX550 “OVERTRAIL+”」ではなく、通常モデルをメインに話をさせてもらいました・新型のレクサスGXは、高い走行性能と快適性を両立させたプレミアムなSUVとして、非常に魅力的です。

エクステリアデザインでは、機能性と洗練されたスタイルが絶妙に融合されており、オフロード走行にも街乗りにも適した印象を与えます。内装では、モダンなテクノロジーが巧みに配置され、使い勝手の良さと快適性を追求しています。特に、Tazuna Conceptに基づいたコックピットデザインや、大型のインフォテインメントシステムなど、ドライバーと乗客の快適性を重視した工夫が随所に見られます。走行性能の向上も注目すべき点で、オフロード走行時に必要な機能や操作性が適切に配置されています。これにより、あらゆる環境下での安全で快適な運転が実現されます。今回、100台のみの抽選販売後の通常モデルの販売も価格が下がるため購入者が多数いることが予想されます。今後も新しい情報が入り次第、お知らせします。

あわせて読みたい
レクサス 新型「GX550 “OVERTRAIL+”」100台を抽選販売 価格は1235万円 5人乗りのみ 2024年4月19日発表 レクサスは、新型クロスカントリーSUV「GX550」のフルモデルチェンジを行い、2024年4月19日に発表、6月上旬にGX550“OVERTRAIL+”発売します。通常モデルは2024年秋に発売...

レクサス GX

https://lexus.jp/models/gx

2024-Lexus-GX

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次