MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ついに 新型「MINI カントリーマン」クロスオーバー フルモデルチェンジ 2024年モデル 「BMW X1」と基礎を共有 2023年9月1日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
2024 Mini Countyman

BMWは新型「MINI クロスオーバー(MINI Countryman)」のフルモデルチェンジした新型「MINI カントリーマン」2024年モデルとして2023年9月1日午前11時(東部標準時間午前5時)(現地時間)発表した。2023年9月5日に開幕するミュンヘンのIAAモビリティショーで展示される。同日「MINI クーパー(Cooper)」も発表された。

目次

BMW 新型「MINI カントリーマン」フルモデルチェンジ について

新世代となっているBMWのエントリーSUV「X1」と基礎を共有。新世代プラットフォームを採用することでボディサイズを拡大し快適性をアップする、最新のデザインや技術を採用する。「カリスマ的シンプルさ」と呼ばれる Mini の新しいデザイン言語を採用した最初の量産モデルの1つである。

BMW 新型「MINI カントリーマン」フルモデルチェンジ エクステリア について

先代の核となるスタイリング要素はそのまま残っていますが、ボディワークの曲線が減り、よりシャープなラインになるなど、大幅に進化した。新しい顔は、そのほとんどがボディ同色ですが、より大きな八角形のグリルを備えている。小型のLEDヘッドライトは球根状の形状を失い、以前よりも高い位置に配置。新しい17インチまたは20インチアルミホイールを採用。伸びたリア オーバーハング、フラッシュドアハンドル、ホイールアーチの周りに薄いプラスチッククラッドを備えた箱型フェンダーがある。後部では、よりスリムなマトリックス LED テールライトにはMiniの特徴的なユニオンジャックグラフィックが引き続き表示され、リアスポイラーはより目立つ。

BMW 新型「MINI カントリーマン」フルモデルチェンジ インテリア について

ボタンの数が減り、織物の表面が使用され、最新のテクノロジーが組み込まれており、過去のMiniに比べてすべてがシンプルに見える。デジタルメーターと大型化したインフォテインメントシステムを搭載し、ダッシュボードの目玉として円形のOLEDタッチスクリーンが搭載されています。中央のディスプレイは9.4インチ円形 OLED ディスプレイで、インフォテインメント タッチスクリーンとデジタル インストルメント クラスターとしても機能、Android ベースのMINI オペレーティング システム9で動作最新のAIを採用する。Spike という名前の AI ベースの仮想アシスタントを統合。最新のパワートレインや、プラグインハイブリッドに代え電気自動車仕様を設定する。オプションのヘッドアップ ディスプレイが用意。センターコンソールには、最も重要な機能(パーキングブレーキ、ギアセレクター、スタート/ストップキー、エクスペリエンスモードセレクター、ボリュームノブ)専用の5つのスイッチが付いたトグルバーがありますが、空調制御はタッチスクリーン内に統合されている。

BMW 新型「MINI カントリーマン」フルモデルチェンジ 安全装備 について

レベル 2 対応の ADAS を装備。これには、特定のルートで最高 60 km/h (37 マイル) の速度でのハンズフリー運転機能、自動駐車、半自動運転機能などの洗練されたシステムが含まれます。高速道路の出口に出る前に右車線に移動する機能。

BMW 新型「MINI カントリーマン」フルモデルチェンジ スペック について

BMW X1およびiX1と基盤を共有しているため、PHEVモデルは廃止、EVとICEパワートレインのオプションを提供できます。クロスオーバーは先代モデルよりも 130mm長くなり、全長は 4,429mmとなり、より広々としたキャビンとなる。先代モデルの空気抵抗係数が0.31cdと比較して、電動モデルでは0.26cdに減少

MINIはすでに2つの電動モデルのスペックを明らかにしている。Countryman E には、最高出力201hp (150kW / 204PS)、最大トルク250Nmを発生する単一の電気モーターが搭載。0-100km/h加速8.6秒、バッテリー64.7kWh、WLTP航続距離462kmとなる。

より強力な Countryman SE ALL4 には、BMW  iX1と同様に、最高出力308hp (230kW / 313PS) 、最大トルク494Nmを発生するデュアル電気モーターが搭載されています。0-100km/h加速5.6秒、これらのEVは同じ64.7kWhのバッテリーパックを共有し、より強力ではないバージョンのWLTP航続距離462kmになります。

Miniは2030年までに EV 専用ブランドになる、ICE搭載モデルには十分な時間が残されている。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンも搭載されることを確認した。現時点では詳細は明らかにされていないが、内燃エンジンは機械的に関連するBMW X1のものを反映する可能性が高く、マイルドハイブリッドオプションも含まれる可能性が高い。

BMW

https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/mini-crossover-new.html

2024 Mini Countyman

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次