インフィニティ新型「QX80」フラッグシップモデル 2024年3月20日正式発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
2025 Infiniti QX80 Teaser

インフィニティ新型「QX80」フルモデルチェンジを行い2025年モデルとして 2024年3月20日(現地時間)正式発表。2024年2月27日(現地時間)に「QX80」ティーザ画像を公開した。2024年3月29日から4月7日まで開催されるニューヨーク国際オートショー2024で初公開される予定だ。「QX80」は既に「Klipsch(クリプシュ)」のオーディオ機器を搭載する初の自動車メーカーとなるとラスベガスで2024年1月9日~12日開催される世界最大の技術見本市「CES2024」で発表されている。

目次

インフィニティ新型「QX80」を発表前にティーザー公開

インフィニティは、昨年発表されたQXモノグラフコンセプトで示唆された新型QX80のティーザー画像を、ワールドプレミアに先立って公開。グローバルデザイン担当シニアバイスプレジデントのアルフォンソ・アルバイサ氏は、「通常、新型モデルの発表前は、細部を隠すためにカモフラージュを用いるのが一般的です。しかし、新型QX80はあまりにも並外れた存在なので、完全に隠しておくことはできないと考えました。」と語っている。これらのティーザー画像からは、QX80の力強いシルエットや、特徴的なフロントグリル、LEDヘッドライトなどが確認できる「Infiniti QX Monograph」とほぼ同様のデザインに見える。

インフィニティ新型「QX80」 2025年モデル Klipschオーディオシステムを搭載

インフィニティは自動車メーカーとしてはじめてオーディオメーカー「Klipsch(クリプシュ)」と協業により2024年後半に発売される最上級SUV「QX80」から「24スピーカー Klipsch Reference Premiere オーディオ システム」をオプション設定で提供される。このシステムには、チタン製ツイーター、高性能8インチ「TriPower」サブウーファー、24チャンネル アンプが搭載。インフィニティは、Klipsch オーディオ専門家と直接協力してシス​​テムをQX80に統合したと述べている。インフィニティは高級自動車セグメントでの関連性を維持するためにイメージを一新したいと考えており、QX80がその先頭に立つことになる。

Infiniti QX Monograph

インフィニティは2023年8月17日(現地時間)に「Infiniti QX Monograph」を発表し、再設計された「QX80」を予告した。インフィニティは新型「QX80」のフルモデルチェンジを行い2025年モデルとして2024年に発売する。

インフィニティのデザインの未来は、ペブルビーチコンクールデレガンスで「Infiniti QX Monograph」を通じて明らかにした。次世代「QX80」のプレビューを提供するだけでなく、ブランドの今後のデザイン言語の方向性も紹介。

「Infiniti QX Monograph」には、インフィニティが明示的に強調するために選択した多くの手がかりが含まれている。大きな「ダブルアーチ」グリル。竹林で見られる形状からインスピレーションを得たグリルの茎は、中央に向かって緩やかに曲がり、互いに交差して複雑なマトリックス パターンを形成。グリルはダーククロームの周囲と調和するようにグロスブラックで仕上げられている。一方、グリルのサイズは、SUV の力強く威厳のあるドライビング エクスペリエンスを示唆することを目的としている。グリル中央には、インフィニティの新しい立体ロゴが初めて採用。新しいバッジは、奥行きのある錯覚を与える特別な白色照明を備えており、エンブレムにダイナミズムをもたらしている。

新しい照明テクノロジーはロゴだけではなく、複雑な「着物折り」パターンで作られた「電子ピアノの鍵盤」ヘッドライトデザインを特徴。DRLはセグメントでグリルに接続されており、ボンネットの高さと SUV の幅を強調する。後部の幅全体に広がっており、その威厳のあるサイズをさらに強調。照明要素の幅を広げたり狭めたりすることで、ロゴに似た奥行きを表現する。テールライトの各ピアノの鍵盤セグメントには2つのセクションがあり、上部の固体ブロックと、穏やかに波打つ水面で反射する光の外観を再現するための下部の縞模様のセクションです。車両の両端にある照明は、歓迎と別れのアニメーションでドライバーと乗客を魅了する。パノラマ サンルーフにより、乗員は自然光を浴びることができ、天空の景色を眺めることができる。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
インフィニティ 新型 QX80 フルモデルチェンジ 北米 2025年モデル 最上級モデル 2024年発売

インフィニティ 新型 QX80 フルモデルチェンジ エクステリア について

インフィニティのデザイン言語の進化を「大胆に示す」「劇的なコンセプト車両」になることを約束している。大胆なプロポーションと「印象的なデザイン要素」そして「ダブルアーチグリル」の最新バージョンが期待できる。

ティーザー画像でははあまり明らかにされていないが、コンセプトが角張ったラインとインフィニティの新しいロゴを備えた目立つグリルを持つことを示している。QX80 プロトタイプに見られるグリルに似ているように見える。「デジタルピアノキー」のヘッドライトの着物の折り目、グリルメッシュの折り紙、キルティングレザーの内側の波打つ池など、デザインの細部は日本の精神を呼び起こすことを目的としている。ムーンボウブルーの絵の具は、夕暮れの夏の空を彷彿とさせると言われ、見る角度に基づいて紫から緑へのスペクトルで色を変えることができる特別な顔料を備えている。

インフィニティ 新型 QX80 フルモデルチェンジ インテリア について

新型「QX80」は最上級モデルとして豪華なキャビンの恩恵を受ける。「12インチデジタルインストルメントクラスター」と「12インチのインフォテインメントシステム」で構成される24インチのディスプレイが期待されている。タッチスクリーンの空調制御や、「QX60」より広々とした3列目シートなどが含まれると噂されている。

インフィニティ 新型 QX80 フルモデルチェンジ 安全装備 について

このモデルには、対応する道路でのハンズフリー半自動運転を可能にする「プロパイロットアシスト2.0」システムが搭載される可能性がある。

インフィニティ QX80 について

インフィニティ「QX80」 2013年まではインフィニティ QX56と呼ばれていた。日産の高級部門インフィニティによって販売されているフルサイズの高級SUVです。第1世代の「QX56」は米国で製造され、第1世代の Armadaをベースにしています。2代目モデルは、6代目パトロール(サファリ)(2016年からは2代目アルマダとしても販売)をベースに国産モデルとして2010年に発売。2013年の2014年モデル以降、インフィニティが製品ライン全体の名前を新しい命名法に変更したため、この車両は「QX80」に名前が変更された。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
インフィニティ 新型 QX60 フルモデルチェンジ 高級3列シートSUV 2021年6月23日発表

INFINITI

https://www.infinitiusa.com/

2025 Infiniti QX80 Teaser

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次