トヨタ 新型 プリウス マイナーチェンジ

今回のマイナーチェンジではフロント、リアのデザイン変更が行われ、デザインを変更したBi-Beam ヘッドライト LEDウィンカー一体型を装備。専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。Toyota Safety Senseを全車標準搭載する。価格は現行に比べ各グレード約6万5000円〜約9万円ほどアップする。

詳細はこちら

ホンダ 新型 シビック セダン フルモデルチェンジ 日本復活 1.5L直4直噴VTECターボ搭載 2017年7月27日に正式発表、9月29日発売!!

ホンダ

ホンダが新型シビックのフルモデルチェンジを行い、日本で2017年7月27日に正式発表、9月29日発売する。

価格:265万320円

 

同日に新型シビックシリーズの3モデル「シビック ハッチバック」「シビック セダン」「シビックタイプR」が発売開始される。

シリーズ販売計画:1500台/月

千葉県の幕張メッセにて開催中の「東京オートサロン2017」<1月13日(金)〜15日(日)>で

日本初公開した。

新型シビックシリーズの3モデル「シビック ハッチバック」「シビック タイプR

プロトタイプモデルも公開した。

http://www.honda.co.jp/autosalon/

大阪府のインテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2017」に出展

<2月10日(金)から2月12日(日)>にて2度目の公開する。

http://www.honda.co.jp/automesse/

2017年6月23日にホンダ公式ホームページにて日本モデルの新型シビックセダンを先行公開した。

新型シビック セダン エクステリアについて

Honda_Civic_Sedan_jp_02.jpg
新型シビック セダン 日本モデル / プレミアムクリスタルレッド・メタリック

Honda_Civic_Sedan_jp_04.jpg

Honda_Civic_Sedan_jp_01.jpg

Honda_Civic_Sedan_jp_03.jpg

新型シビック セダンについて

10代目としてモデルチェンジすることとなる。

43年の歴史の中で最も野心的なモデルチェンジ」というのを掲げているそうだ。

更に、日本では今回のモデルで復活となる。

日刊工業新聞より

2017年秋にも国内で主力セダン「シビック」の生産を始める。

17年内に日本で発売する。

シビックの国内生産は10年に生産を終了して以来7年ぶりとなる。

海外で主力のシビックを国内でも生産することによって、低迷する国内生産の稼働率を改善する。

国内販売のテコ入れにもつなげる考えだ。

サプライヤーに生産計画を伝えた。生産場所は狭山工場(埼玉県狭山市)。

北米など輸出モデルを同工場で生産することも検討している。

そしてついに、2015年4月12日にニューヨークモーターショー2015でシビックコンセプトを

世界初披露した。

2010年に8代目シビック日本仕様が生産終了した。

新型シビック セダン 搭載エンジンについて

現在の9代目のエンジンは

1.8L 直4 SOHC i-VTEC

2.4L 直4 DOHC i-VTEC

を搭載しているが10代目は新開発となる1.5L直4直噴VTECターボ搭載を搭載する。

2.4Lエンジン並みのトルクによる力強くスムーズな加速と、優れた燃費性能、高い静粛性を実現

公表されているスペックは173ps/22.4kgmとパワーもトルクも素晴らしい。

デトロイトとロサンゼルスで2015年9月16日に量産モデルの正式発表した。

世界初公開の瞬間

新設計のプラットフォーム「Honda compact global platform」を使い、シャシーを全面刷新。

シャーシ。ボディ剛性を25%も向上しながら、最も軽いバージョンで約22kgもの軽量化された。

新しいダウンサイジングエンジンを搭載

1.5L 4気筒ターボエンジンVTEC Turbo

最高出力:173ps/5,500rpm

最大トルク22.4kgm/1,700~5,500rpm

トランスミッションCVT

使用燃料:ガソリン

HONDA_CIVIC_new_032.jpg

ちなみに米国でのベース価格は19,475ドル(約220万円)と発表されている。

トップグレードの”Honda Civic Sedan Touring”は27,335ドル(約310万円)からとなるそうだ。

エクステリアは「ブーメラン」テールライトが印象的だ。

LEDデイタイムランニングライトとLEDテールライトを標準で装備。

7インチの高精細タッチスクリーン「Apple CarPlay」や「Google Android Auto」を備えた

インフォテイメントシステムを装備。

Honda SENSING(ホンダ センシング)を標準搭載

安全運転支援システム「Honda Sensingを装備。

2017年7月6日に発表した新型グレイスでホンダ車初搭載した「オートハイビーム」も搭載。

衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)

前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援。

約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。

路外逸脱抑制機能

車線を検知し、はみ出さないように支援。

約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

LKAS(車線維持支援システム)

車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。

約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

ACC 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール

適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。

0km/h~約100km/hで作動します。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。

標識認識機能

標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。

誤発進抑制機能

不注意による急発進を防止し注意を喚起。

停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

先行車発進お知らせ機能

停止時に、先行車が発進したことをお知らせ。

オートハイビーム

対向車や前走車を検知し、 自動でハイ/ロービームを切り換え。

良好な視界の確保に貢献するとともに、切り換え操作の頻度も低減。

安全装備

VSA

EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS

運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム

前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム

LEDヘッドライト(ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付)

LEDフォグライト

ポップアップフードシステム

電子制御パーキングブレーキ

オートブレーキホールド機能

アイドリングストップシステム

イモビライザー

セキュリティアラーム

快適装備

エンジンスタートボタン付Hondaスマートキーシステム

降車時オートドアロック機能

プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ

ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器

8スピーカー(4スピーカー+4ツィーター)

運転席&助手席シートヒーター

新型シビック セダン インテリア

Honda_Civic_Sedan_9898.jpg

Honda_Civic_Sedan_9899.jpg
Honda_Civic_Sedan_98991.jpg

HONDA_CIVIC_TYPE_R_2018_new_024.jpg
シビックシリーズ全車で電子制御パーキングブレーキを採用。

坂道などでブレーキから足を離しても停車状態を維持する「オートブレーキホールド機能」。

HONDA_CIVIC_TYPE_R_2018_new_025.jpg
アームレストの下は大容量のコンソールボックスとなっている。

リッドはヒンジ開閉とスライドの両方に対応している。

インテリア&エクステリア

本革巻ステアリングホイール

6:4分割可倒式リアシート

リアセンターアームレスト

自動防眩ルームミラー

ステンレス製スポーツペダル

遮音機能付ガラス(フロントウインドウ)

IRカット〈遮熱〉/UVカット機能付ガラス(フロントウィンドウ)

IRカット〈遮熱〉/スーパーUVカット機能付ガラス(フロントドア)

ヒーテッドドアミラー

オートリトラミラー

バリアブル間欠フロントワイパー(ミスト機構付、雨滴検知式)

走行関連

マクファーソン・ストラット式フロントサスペンション

独立マルチリンク式リアサスペンション

パドルシフト

4輪ディスクブレーキ

SEDAN 専用装備

16インチアルミホイール+215/55R16 93Vタイヤ

トランクスポイラー

クロームメッキ・アウタードアハンドル

ソフトプライバシーガラス(リアドア/リアクォーター/リア)

メーカーオプション

レザーインテリア+運転席8ウェイパワーシート+助手席4ウェイパワーシート+17インチアルミホイール+215/50R17 91Vタイヤ

シビック セダン 専用オプション

SPORTY

フロントグリル

ロアスカート(フロント用)

ロアスカート(リア用)

ドアロアガーニッシュ

リアディフューザー

17インチアルミホイール(M5-036)

PREMIUM

フェンダーガーニッシュ

ドアミラーガーニッシュ

フォグライトガーニッシュ

ドアロアガーニッシュ

リアディフューザー

17インチアルミホイール(M5-035)

インテリア

フットライト

センターコンソールイルミネーション

インナードアハンドル&ドアポケットイルミネーション

フロアカーペットマット

サイドステップガーニッシュ

新型シビック セダン ボディカラー全5色について

ホワイトオーキッド・パール

ルナシルバー・メタリック

クリスタルブラック・パール

プレミアムクリスタルレッド・メタリック

コスミックブルー・メタリック

新型シビック ボディタイプについて

シビック タイプRも発売が決まっており今後日本でシビックを見る機会が増えそうだ。

2015年11月17日から開催される、ロサンゼルスモーターショー2015で

新型シビッククーペの市販モデルを正式発表した。

2016年3月1日から開催されるジュネーブモーターショー2016で

新型シビックハッチバックを正式発表した。

その後、2015年11月頃から販売が順次各国で販売スタートすることになる。

日本では約2年遅れとなる2017年9月29日から販売を開始する。

新型シビック3モデル比較

スペック新型シビック

セダン

新型シビック

ハッチバック

新型シビック

TYPE R

全長4.650mm4.520mm4.560mm
全幅1,800mm1.875mm
全高1,415mm1.435mm
ホイールベース2,700mm
エンジン1.5L 4気筒ターボ

エンジン

VTEC Turbo

(L15B)

1.5L 4気筒ターボ

エンジン

VTEC Turbo

(L15C)

2.0L 4気筒ターボ

エンジン

VTEC Turbo

(K20C)

最高出力173ps/

5,500rpm

182ps/

5,500(6,000)rpm

320ps/

6,500rpm

最大トルク22.4kgm/

1,700-

5,500rpm

24.5kgm/

1,900−

5,000rpm

40.8kgm/

2,500-

4,500rpm

トランスミッションCVT

(7速モード付)

6速MT
駆動方式2WD (FF)
タイヤサイズ215/55 R16

93V

235/40 R18

95Y

245/30 ZR20

90Y

車両重量1,300kg1,350kg1,320kg1,390kg
JC08モード燃費19.4km/L18.0km/L17.4km/L12.8km/L
価格265万320円280万440円450万360円

Honda_Civic_Sedan_988.jpg

Honda_Civic_Sedan_989.jpg

Honda_Civic_Sedan_9891.jpg

Honda_Civic_Sedan_9892.jpg

Honda_Civic_Sedan_9893.jpg

Honda_Civic_Sedan_9894.jpg

Honda_Civic_Sedan_9895.jpg

Honda_Civic_Sedan_9896.jpg

Honda_Civic_Sedan_9897.jpg

Honda_Civic_Sedan_9899144.jpg

Honda_Civic_Sedan_9899145.jpg

Honda_Civic_Sedan_01.jpg

Honda_Civic_Sedan_012.jpg

Honda_Civic_Sedan_014.jpg

Honda_Civic_Sedan_013.jpg

Honda_Civic_Sedan_015.jpg

Honda_Civic_Sedan_016.jpg

civic_9847382.jpg

スパイショットされた10代目新型シビック

civic_9847385.jpg

civic_9847386.jpg

 

スペック新型 シビック セダン
全長4.650mm
全幅1,800mm
全高1,415mm
ホイールベース2,700mm
エンジン1.5L直4直噴VTECターボ
最高出力127kW[173PS]/5,500rpm
最大トルク220N・m[22.4kgf・m]/1,700-5,500rpm
JC08モード燃費18.0km/L
価格249〜310万円

ホンダニュースリリース

http://www.honda.co.jp/news/2015/4150402.html

http://www.honda.co.jp/news/2017/4170113.html

ソース

http://www.automobilemag.com/features/news/1508-2016-honda-civic-officially-debuts-september-16/

http://www.autoguide.com/auto-news/2015/09/here-s-the-2016-honda-civic-completely-exposed.html

http://www.carscoops.com/2015/09/watch-live-reveal-of-all-new-2016-honda.html

http://www.automobilemag.com/features/news/2016-honda-civic-sedan-begins-production-in-canada/

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00405013

ホンダニュースリリース

http://www.honda.co.jp/news/2017/4170623.html

http://www.honda.co.jp/news/2017/4170727-civic.html

ホンダ シビックセダン

http://www.honda.co.jp/CIVICSEDAN/

ホンダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2018
タイトルとURLをコピーしました