ホンダ 新型 フィット 売れる要素てんこ盛り! 販売力について考えてみた

fit ホンダ

ホンダは4代目として「フィット」のフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売する。発売前にすでに各ディーラーにて先行予約が可能となっている状態だ。今回のフィットはホンダとしても是が非でも売りたい車種であり期待値が高い。そこで何処が他社よりも優れていたり先代よりも進んでいるのかを徹底的に考えてみた。

新型 フィット 4代目 の優れた部分について

今回の新型「フィット」には多くの優れた先進的な装備を採用している。

まずは車としての心地よさを追求した、フロントシートには上級セダンへの搭載も見据えて新しく開発した、新世代の「ボディースタビライジングシート」を採用し長時間ドライブでも疲れにくく、やわらかな座り心地を実現したシート構造とした、更に、フロントピラーを従来とは異なる断面構造とし、万が一の衝突時にはボディーへ荷重を流す構造を採用。フロントAピラーが本当に細く少し違和感まで感じてしまうほどだが確かに右折、左折時の視界においては妨げが少ないだろう。

FIT-4

オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるテレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。「パーキングブレーキシステム」を採用しリアバンパーに4つのセンサーを配置し後方の障害物を感知して音と表示でお知らせする。

ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を日本初搭載。スマートフォンによるリモート操作や、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに繋がり、迅速で的確な対応が可能となるトラブルサポートが可能。

先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」には、フロントワイドビューカメラを新採用、車両前後に装着された計8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、Hondaとして初めて「近距離衝突軽減ブレーキ」を追加、全車標準装備とした。

現行は「SPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステム」を搭載しJC08モード燃費を37.2km/Lであるが、1.5L i-VTECエンジン+「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用。

新型フィット と現行フィット  エンジン比較ついて

現行は「SPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステム」を搭載しJC08モード燃費を37.2km/Lであるが、「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD (e:HEV)」を採用しJC08モード燃費38.6km/Lとなる。更にモーター出力が大幅に上がり、最高出力80kW(109PS)/3,500-8,000rpmとエンジン出力を超えている。

スペック 新型フィット
ハイブリッド
現行フィット
ハイブリッド
全長 3,995mm 3,955mm
全幅 1,695mm 1,695mm
全高 1,525mm 1,525mm
ホイールベース 2,650mm 2,530mm
エンジン 1.5L i-VTEC エンジン
+i-MMD (e:HEV)
1.5L i-VTEC エンジン
+i-DCD
最高出力 72kW(98PS)/
5,600-6,400rpm
81kW(110ps)/
6,000rpm
最大トルク 127Nm(13.0kgfm)/
4,500-5,000rpm
134Nm(13.7kgm)/
5,000rpm
モーター
最高出力
80kW(109PS)/
3,500-8,000rpm
22kW(29.5ps)/
1,313-2,000rpm
モーター
最大トルク
253Nm(25.8kgfm)/
0-3,000rpm
160Nm(16.3kgm)/
0-1,313rpm
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
電気式
無段階変速機
JC08
モード燃費
38.6km/L 37.2km/L
WLTC
モード燃費
29.4km/L
価格 199万7,600円〜
253万6,600円
169万9,920円〜
224万1,000円

新型フィット 先進運転支援システム 全車標準搭載

現行よりも更に進化したHonda SENSING(ホンダ センシング)全車標準搭載。衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)は昼・夜間歩行者と自転車に対しても衝突回避を支援。更に渋滞追従機能付ACCとなり「後方誤発進抑制機能」「オートハイビーム」も搭載。

システム 装備 新型フィット 現行フィット
CMBS
(昼・夜間歩行者 自転車)

(昼・歩行者 )
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
渋滞追従機能 ◯(付ACC)
LKAS
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチックハイビーム

新型 フィット 4代目 売れる要素

フロントシートに新世代の「ボディースタビライジングシート」を採用。
フロントAピラーを極限まで細くしたことで圧倒的な視界の良さ。
オートブレーキホールド」を標準装備。
ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を日本初搭載。
「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD」e:HEVをコンパクトカーで採用。
Honda SENSING全車標準搭載。「広い水平画角のフロントワイドビューカメラ」と「前後の8つのソナーセンサー」をHonda車初搭載。
ホンダ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2020