MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ブランド初のバッテリEV ジープ 「アベンジャー 4×4 コンセプト」をパリモーターショー2022で初公開

ジープは、フランス パリで開催されているパリモーターショーで初のバッテリEV(電気自動車)「アベンジャー 4×4 コンセプト」を2022年10月17日(現地時間)公開した。

目次

ジープ 「アベンジャー 4×4 コンセプト」について

「アベンジャー 4×4 コンセプト」はタフな外観は、「将来的に」アベンジャーの生産バリエーションに進化すると述べている。

サブコンパクトカーのアベンジャーをベースにしていることは明らかですが、4×4 は幅広のフェンダー、大きくてアグレッシブなオフロード タイヤ、むき出しの牽引フックのおかげで、より控えめな存在感を放っています。ボディワークのクラッディングが追加され、ルーフにフラッド ライトが組み込まれている。また、アプローチ、デパーチャー、ブレイクオーバーの角度がすべて改善され、コンセプトがより信頼できるトレイル ビークルになっている。

塗装 を損なうことなく、傷防止グリル処理が施されている。ラックを必要とせずに荷物を固定するように設計されたベルトのシステムが取り付けられている屋根の傷防止保護。通常のアベンジャーからコンセプトを際立たせるその他のデザイン機能には、下部グリル、ボンネット、シル モールディング、リア バンパー、およびこれらのルーフ ベルトのブルーのディテールと、ボンネットの反射防止コーティングが含まれれる。

154 hp (115 kW / 156 PS) の電気モーター、またはイタリアやスペインなどの市場での小型燃焼エンジンを選択できる前輪駆動の「4×2」車両としてのみ語っています。EVへの乗り換えにあまり熱心ではありません。しかし、「4xe」という言及は、このコンセプトが、燃焼エンジンを前部に、電気モーターを後部に搭載したPHEVとして、または各車軸にモーターを搭載した全輪駆動EVとして生産されることを意味する可能性がある。

あわせて読みたい
ブランド初のバッテリEV ジープ「アベンジャー」日本発売予定 2022年9月8日発表 ジープは、ブランド初のバッテリEVとなるSUV「アベンジャー」を2022年9月8日(現地時間)発表した。2022年10月17日に開幕するパリモーターショーで披露される。同日から...

ジープ

https://www.jeep-japan.com/

https://www.stellantis.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次