メーカー・車種から調べたい方はこちらへ

日産 新型 シルフィ フルモデルチェンジ 最新のVモーショングリル搭載 中国2019年11月発売

日産はシルフィのフルモデルチェンジを行い中国にて2019年11月19日(現地時間)に発表する。日本市場で発売されるかは未定である。

日産は2019年4月16日~4月25日に開催される上海モーターショー2019にて新型「シルフィ」を世界初公開した。

2012年12月5日から旧型の3代目が販売を日本でスタートしており、丸7年でのフルモデルチェンジとなる。

目次

新型 シルフィについて

新型シルフィには、最新のVモーションデザイン言語を採用。V字型のグリルと積極的なヘッドライトが組み込まれており、「Nissan Vmotion 2.0 Concept」をベースにしておりフロントの大型のVmotionグリル「Vmotion 2.0」が特徴的である。「セーフティシールド360採用している。ワイド&ローフォルム へと転換。プラットフォームはエンジニアリングアーキテクチャ「CMF」によって形成された「CMF C/D」を新たに採用。ボディサイズは全長4,641mm、全幅1,815mmm、全高1,450mm、ホイールベース2,712mmとした。

sylphy

sylphy

8インチインフォテインメントシステムを搭載する。

sylphy

sylphy

あわせて読みたい
日産 新型 ティアナ フルモデルチェンジ 自動運転技術 プロパイロット搭載 日本 2022年11月発売 日産は新型「ティアナ (アルティマ)」のフルモデルチェンジを行い米国では2018年11月に発売した。日本での発売は3年後となる2022年11月に発売する。2018年11月16日か...

日産 新型 セントラ フルモデルチェンジ 2020年モデル 発表

あわせて読みたい
日産 新型 セントラ フルモデルチェンジ 2020年モデル 発表 日産は「セントラ」(日本名:シルフィ)のフルモデルチェンジを行い2019年11月22日(現地時間)から開催させるロサンゼルスモーターショー2019にて世界初公開する。日産...

新型 シルフィ セーフティシールド360 搭載

「前方衝突予測警報(インテリジェントFCW)」「側・後方車両検知警報(BSW)」「車線逸脱警報(LDW)」「後退時車両検知警報(CTA)」「ふらつき警報(インテリジェント DA)」を搭載。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ

フロントカメラで前方の車両(約10〜80km/h)や歩行者(約60km/h以下)を検知。夜間走行時にも動作。衝突の可能性が高まるとメーター内ディスプレイへの警告表示とブザーで注意を喚起し、ドライバーに回避操作を促します。万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、ブレーキによる衝突回避操作をサポート、または衝突時の被害や傷害を軽減。

踏み間違い衝突防止アシスト

進行方向に壁などがある場所での駐車操作中(約15km/h未満)、ブレーキ操作が遅れたり、アクセルペダルをブレーキペダルと間違えて踏み込んでしまった場合、警告すると共にエンジン出力やブレーキを制御し、過度の加速や衝突防止を支援。車両や歩行者の検知。

インテリジェントLI /LDW(車線逸脱警報)

意図せず走行車線を逸脱しそうな場合、表示と音で注意を喚起。

アダプティブハイビームアシスト/ハイビームアシスト

前方検知用のカメラで、先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替え。

RCTA 後退時車両検知警報

後退時に後方を横切ろうとする車両に衝突する恐れがあるとき、警報によってドライバーに注意を促す。

インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)

死角になりやすい隣接レーンの後側方を走行する車両を検知すると、ドライバーに表示で知らせ、さらに車線変更を開始した場合には、警報とともに車両をもとの車線内に戻すような力を発生し、隣接レーンの車両との接触を回避するようアシスト。

標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)

フロントカメラにより前方の「車両進入禁止標識」「最高速度標識」「一時停止標識」を検知。メーター内ディスプレイへの警告表示とブザーでドライバーに伝える。

シルフィについて

2012年12月5日から旧型の3代目が販売を日本でスタートしており、2015年12月に3代目のマイナーチェンジを行うこととなる。旧型シルフィーは過去、日本で初代と2代目をブルーバードシルフィとして販売をしており根強い人気車種である。日本でのターゲットユーザーは60代以上の男性とされている。

北米市場へはセントラ、オーストラリア市場へはパルサーセダン、台湾市場にはスーパーセントラの名でそれぞれ導入された。販売地域はタイ、アメリカ合衆国、メキシコ、中国、台湾である。マイナーチェンジはフロントフェイスの変更を行い、日産の共通デザインVモーションを取り入れた。それにより、「ほぼ新型」とまで言われておりビックマイナーチェンジである。デザインは先日発表があった

あわせて読みたい
日産 新型 シルフィ マイナーチェンジ Vモーション採用でフェイス変更 2015年11月18発表 日産はシルフィをマイナーチェンジを2015年11月17日から開催される、ロサンゼルスモーターショー2015で正式発表すると発表された。 【シルフィについて】 2012年12月5日...

今後、新しい情報が入りたいお伝え致します。

日産ニュースリリース

日産自動車ニュースルーム
日産自動車、新型「シルフィ」を上海モーターショー2019にて世界初公開 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、上海モーターショー2019において最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術を搭載した新...

日産 シルフィ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。