日産 新型 シルフィ フルモデルチェンジ 最新のVモーショングリル搭載 2019年11月発売

sylphy 日産
sylphy

日産はシルフィのフルモデルチェンジを行い2019年11月に発売する。日産は新型セダンを2019年4月16日~4月25日に開催される上海モーターショー2019世界初公開すると発表したがこれが新型シルフィの可能性が高い。

2012年12月5日から現行の3代目が販売を日本でスタートしており、丸7年でのフルモデルチェンジとなりそうだ。

新型 シルフィについて

新型シルフィには、最新のVモーションデザイン言語を採用。V字型のグリルと積極的なヘッドライトが組み込まれており、「Nissan Vmotion 2.0 Concept」をベースにしておりフロントの大型のVmotionグリルが特徴的である。自動運転技術 プロパイロット採用している。

sylphy

sylphy

sylphy

sylphy

新型 シルフィ 自動運転技術 プロパイロット搭載

車間距離をキープ
前を走行する車をモニターし、セレナがアクセル、ブレーキを自動でコントロールして前の車との車間距離を保つ。

車線中央キープ
車線をモニターし、セレナがステアリングを自動でコントロールする。
直線道路、カーブにおいても走行車線の中央走行する手助けをしてくれる。

インテリジェント クルーズコントロール
30km/h以上での走行時、約30~100km/hの範囲で車速の設定ができます。先行車を検知している場合、ドライバーが設定した車速(約30~100km/h)を上限として、停止~約100km/hの範囲で先行車との車間を保つよう追従走行。つねに車速を制御してドライバーの負担を軽減するとともに、快適な走行を提供する。

走行車線からの逸脱を警告&防止支援。インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)

LDW(車線逸脱警報)は、意図せず走行車線を逸脱しそうな場合、メーター内ディスプレイへの警告表示とブザーで注意を喚起。さらに、インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)が車線内に戻す方向に力を短時間発生させ、ドライバーがクルマを車線内に戻す操作を促する。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ
フロントのマルチセンシングカメラで前方車両や歩行者を検知。衝突の可能性が高まるとメーター内の警告灯やブザーによりドライバーに回避操作を促します。万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減する。

インテリジェント アラウンドビューモニター (移動物 検知機能付)
クルマを上空から見下ろしているかのような映像をカメラモード時のインテリジェント ルームミラーに映し出します。周囲の状況がひと目で把握できるため、安心してスマートに駐車できます。運転席からでは視認しにくい左前方や後方の安全も瞬時にわかり、縦列駐車も安心。映像は、スイッチ操作により、「トップビュー」「フロントビュー」「サイドブラインドビュー」「バックビュー」の切り替えが可能である。

インテリジェント ルームミラー(インテリジェント アラウンドビューモニター表示機能付)
乗員、ヘッドレスト、積載物などで、さえぎられがちなルームミラーの後方視界を、クリアに保ちます。車内の状況に関わらず、車両後方にあるカメラの映像をルームミラーに映し出す。

移動物 検知機能
セレナの周囲を歩いている人や、接近する自転車などの移動物を検知して、ルームミラー上のディスプレイの表示とブザーでドライバーに注意を促します。発進前にはトップビュー、Dレンジでの発進時にはフロントビュー、Rレンジでの後退時にはバックビューで、横切るものを検知。

低速衝突軽減ブレーキ機能(前進時/後退時)
障害物に衝突する恐れがある場合は、エンジン出力制御にブレーキ制御を加え、万一の衝突事故を未然に防ぐ。

低速加速抑制機能(前進時/後退時)
万一アクセルペダルを誤って踏み込んでしまったとき、急加速による衝突回避を支援。急加速は、エンジン出力制御によって抑制。

踏み間違い衝突防止アシスト
駐車操作などで、クリープ走行を含む低速走行時、進行方向に壁などの障害物がある場合に、万一ブレーキ操作が遅れ障害物と衝突する危険を察知したり、アクセルペダルをブレーキペダルと間違えて踏み込んでしまったときに、ドライバーにメーター内の警告灯とブザーで警告。さらに、自動的にエンジン出力やブレーキを制御することで、障害物への衝突防止や過度の加速の防止を支援します。壁はもちろん、コンビニなどのガラスも認識し、前進時にも後退時にも衝突回避をアシスト。

インテリジェント オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付)
従来のオートライトシステム機能と比較して、周囲が薄暗くなり始めた薄暮れ時および雨天時にフロントワイパーを使用した際に自動的にヘッドライトを点灯。夕暮れ時や雨天時に自車両を目立たせ、周囲の歩行者やドライバーへの注意を喚起することで、事故低減への効果が期待される、「おもいやりライト」機能付。

ハイビームアシスト
周囲に先行車や対向車がいないときはハイビーム
他車に迷惑をかけず、ハイビームで走行可能と判断した場合、つねにハイビームで走行します。遠くまで照射するので、夜間の視認性が向上。

ハイビーム
対向車や先行車、市街地の明かりなどを検知したときはロービーム
先行車や対向車のライト、街路灯などを検知すると、自動でハイビームからロービームに切り替え。前方に車両等がいなくなるとハイビームに切り替わる。

進入禁止標識検知
フロントカメラにより前方の車両進入禁止標識を検知。
進入禁止路へ進入しそうになった場合に、メーター内ディスプレイへの警告表示とブザーでドライバーに注意を喚起。

インテリジェント DA(ふらつき警報)
ハンドル操作から運転者の注意力が低下していると判断したときに、メーター内のディスプレイ表示とブザーによりドライバーに休憩を促す。

VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能を含む])
各種センサーにより、ドライバーの運転操作や車速などを検知し、ブレーキ圧やエンジン出力を自動的に制御。
滑りやすい路面やコーナリング、障害物を回避する際に発生する横滑りを軽減し、車両の安定性を向上させ、走行時の安心感を高める。

シルフィについて

2012年12月5日から現行の3代目が販売を日本でスタートしており、2015年12月に3代目のマイナーチェンジを行うこととなる。現行シルフィーは過去、日本で初代と2代目をブルーバードシルフィとして販売をしており根強い人気車種である。日本でのターゲットユーザーは60代以上の男性とされている。

北米市場へはセントラ、オーストラリア市場へはパルサーセダン、台湾市場にはスーパーセントラの名でそれぞれ導入された。販売地域はタイ、アメリカ合衆国、メキシコ、中国、台湾である。マイナーチェンジはフロントフェイスの変更を行い、日産の共通デザインVモーションを取り入れた。それにより、「ほぼ新型」とまで言われておりビックマイナーチェンジである。デザインは先日発表があった新型マキシマの様なフロントフェイスになった。シートの生地を質の高いものへ変更。メータークラスターのLCDディスプレイを5.0インチのTFTディスプレイに変更した。

Sylphy

Sylphy

日産 新型 シルフィ マイナーチェンジ Vモーション採用でフェイス変更 2015年11月18発表
日産はシルフィをマイナーチェンジを2015年11月17日から開催される、ロサンゼルスモーターショー2015で正式発表すると発表された。 シルフィについて 2012年12月5日から現行の3代目が販売を日本でスタートしており、2015年12...

今後、新しい情報が入りたいお伝え致します。

日産ニュースリリース

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-fc1499a2382c4bfa3a359291601bda3b-190416-01-j

日産 シルフィ

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/sylphy.html

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました