トヨタ

トヨタ 新型 グランエース 3列6人乗り 4列8人乗り 日本2019年11月25日発表 12月16日発売

GRANACE

トヨタは3列6人乗り 4列8人乗りのワゴン車、新型「グランエース」を日本にて2019年11月25日に正式発表12月16日に発売する。各ディーラーでの注文開始は2019年11月1日からである。

価格:620万円〜650万円

新型「グランエース」を「東京モーターショー2019」 に出展すると2019年10月8日に発表した。第46回東京モーターショー2019を開催期間2019年10月24日~11月4日まで開催する。プレスデー2019年10月23日〜24日。

トヨタ 新型 グランエースについて

TNGAに基づく新型専用プラットフォームの採用とセミボンネット化が特徴である。エクステリアは大型バンパーに大型グリルに水平ラインデザインクロームメッキを採用、LEDバイビームヘッドライト、サイドとその下のクロームメッキはフロントの水平ラインデザイン、大型17インチアルミホイール、ダブルL字型LEDテールライトを採用。

GRANACE

GRANACE

GRANACE

ボディサイズは全長5,300mm 全幅1,970mm 全高1,990mm ホイールベース3,210mm。クラスの中で最も小さい回転半径(5.5m)とした。更にシャークアンテナをやめてオリジナルのアンテナとすることで全高1,990mmに抑えた。

GRANACE

高級レザーを仕様に「エグゼクティブパワーシート(キャプテンシート)」を採用した3列6人乗りに加え、4列8人乗りのタイプも設定。ユーザーの多様なニーズに応じ選択可能。

GRANACE

室内長:3,290mm×室内幅1,735mm×室内高1,290mm(8人乗り)となる。USBポート4つ、サンシェード、エグゼクティブパワーシートにシートヒーターを採用する。12スピーカーカーオーディオシステムを装備。デジタルインナーミラーを標準装備。

8人乗りのシート形状は、なんと4列の「2:2:2:2」を採用、後部座席となる2列目に「エグゼクティブパワーシート」を採用、3列目はマニュアルシート、4列目はチップアップベンチシートを採用している。

6人乗りのシート形状は3列の「2:2:2」を採用、後部座席となる2列目と3列目に「エグゼクティブパワーシート」を採用を採用した豪華な仕様となる。

エンジンには「1GD-FTV 2.8L ディーゼルターボエンジン」とトランスミッションは6AT(マニュアルモード付き)を採用。サスペンションには新開発「トレーリングリンク車軸式リヤサスペンション」採用。

安全装備としてSRSエアバッグ、車両安定制御システム(VSC)などに加えて「Toyota Safety Sense」(衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)、レーンディパーチャーアラート(LDA)(ステアリング制御機能付) オートマチックハイビーム(AHB) レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付) )を採用。ブラインドスポットモニター(BSM)リヤクロストラフィックアラート(RCTA)パノラミックビューモニター(PVM)なども採用されている。

8インチディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。車載用ナビ機能、「T-Connect ナビキット」もオプション設定。さらに、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。

GRANACE

トヨタ 新型 グランエース トヨタ ディスプレイオーディオについて

スマートフォンをUSBケーブルで接続することで連携が可能(「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応 オプション、SDL(Smart Device Link)「TCスマホナビ」「LINEカーナビ」「LINE MUSIC」など)となり、日常利用している地図アプリや音楽などをディスプレイで操作・利用が可能。

「SDL(Smart Device Link)」対応アプリ(「LINEカーナビ」「LINE MUSIC」など)であれば標準で連動が可能。「Apple CarPlay」と「Android Auto」を仕様する場合にはTV(フルセグ)+Apple CarPlay+Android Autoのセットオプション価格33,000円[税込]の申し込みが必要となる。

GRANACE

トヨタ ディスプレイオーディオ Apple CarPlay や Android Auto 対応

トヨタ ディスプレイオーディオ Apple CarPlay や Android Auto 対応

トヨタ 新型 グランエース ボディカラー 全4色

ホワイトパールクリスタルシャイン

シルバーメタリック

ブラック

グレーメタリック

トヨタ 新型 グランエース スペックについて

スペック新型グランエース
全長5,300mm
全幅1,970mm
全高1,990mm
ホイールベース3,210mm
最低地上高175mm
最小回転半径5.5m
エンジン2.8L 直4 クリーンディーゼル
エンジン 1GD型
最高出力130kW(177ps)/
3,400rpm
最大トルク450Nm(46.1kgm)/
1,600-2,400rpm
トランスミッション6AT
車両重量2,740kg-2,770kg
WLCTモード燃費10.0km/L

新型アルファードと新型グランエース ボディサイズ比較

サイズは人気の大型ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」よりも更に大きい全長5,300mmと5m越えと全幅も1,970mmと2m近いサイズとなるが最小回転半径5.6mとしたことで「アルファード」とそれ程変わらない取り回しが可能だ。

サイズ新型アルファード新型グランエース
全長4,945mm5,300mm
全幅1,850mm1,970mm
全高1,930mm1,990mm
ホイールベース3,000mm3,210mm
最低地上高165mm175mm
駆動方式2WD(FF)
4WD
2WD(FR)
最小回転半径5.6m
5.8m
5.6m
乗車定員7名・8名6名・8名

トヨタ 新型 グランエース VS アルファード ヴェルファイア 徹底比較

https://car-repo.jp/blog-entry-toyota-alphard-granace.html

新型グランエースとハイエース グランドキャビン ボディサイズ比較

アルファード、ヴェルファイアよりも更にサイズが近いのが現行「ハイエース グランドキャビン」である。乗車人数の違いや全幅に大きな違いがある。同サイズで比較すると「グランエース」の最小回転半径が5.5mである部分で小回りが利くのがよくわかる。

サイズハイエース
グランドキャビン
新型グランエース
全長5,380mm5,300mm
全幅1,880mm1,970mm
全高2,285mm1,990mm
ホイールベース3,110mm3,210mm
最低地上高185mm(2WD)
175mm(4WD)
175mm
駆動方式2WD(FR)
4WD
2WD(FR)
最小回転半径6.1m
6.3m
5.5m
乗車定員10名・14名6名・8名

新型グランエース 価格・グレードについて

グレードエンジン駆動方式乗車定員価格(10%)
G2.8L 直4 ディーゼル
エンジン 1GD型
2WD(FR)8名6,200,000円
Premium6名6,500,000円

トヨタ 新型 グランエース VS アルファード ヴェルファイア 徹底比較

トヨタ 新型 マジェスティ ミニバン タイ 2019年8月16日発表

トヨタ 新型 グランビア (グランドハイエース) フルモデルチェンジ 2019年5月21日発表

トヨタ車体

https://www.toyota-body.co.jp/ps/qnu/usr/db/d_file5-0001-0015.pdf

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/29933202.html

https://global.toyota/jp/mobility/toyota-brand/features/tms/2019/

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/30485609.html

トヨタ グランエース

https://toyota.jp/granace/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-トヨタ
-, , , ,

© 2021 最新自動車情報