トヨタ

トヨタ 新型 グランビア (グランドハイエース) フルモデルチェンジ 2019年5月21日発表

2019年5月22日

Toyota Granvia

トヨタは台湾にてハイエースをベースにした新型「グランビア(グランドハイエース)」を2019年5月21日に発表した。 キャプテンシートを採用した6人乗りと9人乗りモデルをラインナップ。旅行客の多い台湾でビジネスシーンでの使用を想定している。

新型グランビアについて

2019年2月18日に発表した海外モデルの新型ハイエースをベースにしており、TNGAに基づく新型専用プラットフォームの採用とセミボンネット化が特徴である。エクステリアは大型バンパーに大型グリルに水平ラインデザインクロームメッキを採用、LEDバイビームヘッドライト、サイドとその下のクロームメッキはフロントの水平ラインデザイン、大型17インチアルミホイール、ダブルL字型LEDテールライトを採用。

ボディサイズは全長5,300mm 全幅1,970mm 全高1,990mm ホイールベース3,210mm。クラスの中で最も小さい回転半径(5.5m)とした。

Toyota Granvia

エンジンには「1GD 2.8L ディーゼルターボエンジン」とトランスミッションはアイシン製の6AT(マニュアルモード付き)を採用。

安全装備としてSRSエアバッグ、車両安定制御システム(VSC)などに加えて「Toyota Safety Sense」(衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)、レーンディパーチャーアラート(LDA)(ステアリング制御機能付) オートマチックハイビーム(AHB) レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付) )を採用。ブラインドスポットモニター(BSM)リヤクロストラフィックアラート(RCTA)パノラミックビューモニター(PVM)なども採用されている。

高級レザーを仕様にキャプテンシートを採用した6人乗りと9人乗りモデルをラインナップ。

Toyota Granvia

Bluetoothワイヤレスシステムを備えた7インチのタッチセンシティブオーディオ標準装備。

新型グランビア スペックについて

スペック 新型グランビア
全長 5,300mm
全幅 1,970mm
全高 1,990mm
ホイールベース 3,210mm
エンジン 2.8L 直4 クリーンディーゼルエンジン 1GD型
最高出力 130kW(177ps)/3,400rpm
最大トルク 450Nm(45.9kgm)/2,400rpm
トランスミッション 6AT

トヨタ 新型 グランエース 3列6人乗り 4列8人乗り 日本 2019年12月発売

トヨタ 新型 グランエース 3列6人乗り 4列8人乗り 日本2019年11月25日発表 12月16日発売

トヨタ 新型 ハイエース フルモデルチェンジ 海外向けモデル 2019年2月18日発表

トヨタ 新型 ハイエース フルモデルチェンジ 海外向けモデル 2019年2月18日発表

トヨタ Toyota Safety Sense 搭載車種まとめ

トヨタ Toyota Safety Sense 搭載車種まとめ

グランビアについて

1995年8月22日にグランビアを発売、3ナンバー専用ボディー、トヨタのワンボックスカーでは初めてとなるフロントエンジン車であると同時に、当時のトヨタの最上級ミニバンであった。

1999年8月3日 にグランビアのマイナーチェンジ時に、トヨタミニバンシリーズの最上級モデル(姉妹車)として「グランドハイエース」が登場。

2002年5月21日 に「グランビア」「グランドハイエース」生産終了した。

トヨタ 台湾

https://www.toyota.com.tw/news_detail.aspx?id=349

https://www.toyota-granvia.com.tw/newsdetail.aspx?id=1

https://www.toyota.com.tw/

クラウドタグ

  • この記事を書いた人

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-トヨタ
-,