トヨタ 新型 プリウス 特別仕様車「S“Safety Plus II”」2020年7月1日発売

prius S Safety Plus II トヨタ
prius S Safety Plus II

トヨタは「プリウス」の一部改良を行い特別仕様車「S“Safety Plus II”」を追加し2020年7月1日発売した。

新型 プリウス 特別仕様車「S“Safety Plus II”」

特別仕様車「S“Safety Plus II”」は今回の一部改良した「S」をベースに、「ブラインドスポットモニター」「リヤクロストラフィックアラート」「バックカメラ」搭載ハンズフリー通話を可能にする「ステアリングスイッチ」がセットになった「ナビレディセット」悪天候時にヘッドランプの明かりを補助する「LEDアクセサリーランプ(薄暮灯)」「ナノイー」「雨滴感応式オートワイパー」「自動防眩インナーミラー」を採用した。

新型 プリウス 特別仕様車「S“Safety Plus II”」

グレード ハイブリッドシステム 駆動
方式
価格(10%)
S“Safety PlusⅡ” リダクション機構付のTHSⅡ
(2ZR-FXE 1.8L)
2WD 2,755,000円
E-Four 2,953,000円

新型 プリウス 一部改良について

今回の一部改良では「Toyota Safety Sense」のバージョンアップを行い「昼・夜間歩行者自転車に対応した衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ」が可能となる。レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」を装備。カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らし、安全運転を促す「ロードサインアシスト(RSA)」を追加。先行車の発進をブザーとディスプレイ表示で知らせる「先行車発進告知機能」を追加。駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」を全車標準採用する。セーフティ・サポートカーS(通称 : サポカーS)の<ワイド>に相当。「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」をトヨタ初採用。AC100V・1500Wのアクセサリーコンセントを全車標準装備する。

新型 プリウス 一部改良 現行装備比較

システム装備 プリウス 新型
プリウス
Toyota
Safety
Sense
衝突回避支援型
プリクラッシュセーフティ

昼間歩行者

昼・夜間歩行者
自転車
レーンディパーチャー
アラート
(ステアリング
制御機能付)

ステアリング制御
白線/黄線 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報
レーント
レーシングアシスト
アダプティブ
ハイビームシステム
レーダークルーズ
コントロール
(全車速追従機能付)
ロードサインアシスト
先行車発進通知
予防安全
装備
ブラインド
スポットモニター
インテリジェント
クリアランスソナー
リヤクロストラフィック
アラート
シンプルインテリジェント
パーキングアシスト
ドライブスタート
コントロール
ヒルスタートアシスト
コントロール
パノラミックビュー
モニター
快適
装備
快適温熱シート
+シートベンチレーション
デジタル
インナーミラー
自動防眩
インナーミラー
ITS Connect
パワーシート
車載通信機(DCM)

新型プリウス 50系 後期 スペックについて

スペック 新型プリウス
全長 4,575mm
全幅 1,760mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 直4 DOHC 1.8L+モーター(THSⅡ)
最高出力 72kW(98ps)/5,200rpm
最大トルク 142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
フロントモーター最大出力 53kW(72ps)
フロントモーター最大トルク 163Nm(16.6kgm)
リアモーター最大出力 5.3kW(7.2ps)
リアモーター最大トルク 55Nm(5.6kgm)
システム出力 90kW(122ps)
トランスミッション 無段階変速機
車両重量 1,320~1,460kg
乗車定員 5名
JC08モード燃費 37.2〜39.0km/L
価格 251万8,560円〜347万8,680円

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/33011923.html

プリウス

https://toyota.jp/prius/

トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020