MENU

ジャパンモビリティショー2023に出展される未来発売される可能性のある「SUV コンセプト」まとめ

JAPAN MOBILITY SHOW 2023 SUV

東京ビッグサイトを中心に2023年10月26日から11月5日まで(一般公開は10月28日(土)から)開催する「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」の出品されるSUVモデルのコンセプトを今回まとめてみました。是非、足を運ぶ人は参考にしてください。

目次

トヨタ「FT-3e Concept」 について

トヨタ「FT-3e Concept」エクステリア について

トヨタの次世代BEVコンセプトモデル「FT-3e」は、「ランドクルーザー Se」のコンセプトカーのよりスポーティなバージョンです。エクステリアは、完全に密閉されたグリルと細いライトバーで構成されています。立体的な面や線をシンプルにすることで、先進感と美しさを両立させた。空力フードは空気をフロントガラスの上に向けるようにデザインされています。ボディは彫刻されており、ドアハンドルはフラッシュマウントされています。フローティングルーフとブラックアウトされた後部の柱が、車内を広く見せています。外部ディスプレイには、バッテリー情報と車内温度が表示される。

リアエンドは特徴的なリアスポイラーと細いライトバーを備え、未来的なスタイルを演出しています。黒のアクセントと顕著なディフューザーも確認できます。

トヨタ「FT-3e Concept」インテリア について

トヨタはコンセプトについて多くを語りませんでしたが、このモデルは、シングルスポークステアリングホイールを中心に3つのディスプレイを配置したミニマルなインテリアになっている。デジタル インストルメント クラスターは従来型ですが、左側に電動シフター、右側にメディア コントローラーが付いています。インフォテインメントシステムも充実しています。

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ「FT-3e Concept」SUV バッテリEV ジャパンモビリティショー2023 世界初公開

トヨタ 3列シートSUV バッテリEVコンセプト「ランドクルーザー Se」 について

トヨタは、ランドクルーザー Se を皮切りに、ランドクルーザーのラインナップを拡充させる。この新しいモデルは、電動の3列クロスオーバーで、都市での使用に重点を置いている。7人乗りのクロスオーバーは、角張った未来的なデザインをしており、フロントエンドは完全に密閉されたグリルによって支配されており、その両側には細長いヘッドライトと「TOYOTA」の文字が入った小さな開口部がある。

リヤに移動すると、顕著なフェンダー、ブラックアウトされたピラー、そして非常に様式化されたボディワークとなっている。特徴的な屋根、細いライトバーを備えた丸い後端も見ることができる。ボディサイズは、モデルの全長は5,150mm、ホイールベースは3,050mm。つまり、このモデルは米国で発売されているトヨタの大型3列シートSUV「グランドハイランダー」よりも36mm長く、ホイールは102mm余分にある。

トヨタはこのモデルがモノコックセットアップのためにボディオンフレーム・ラダーフレーム構造を避けている。このランドクルーザーが都市ジャングル向けであるため、「高トルクの走行性能」とストリートに重点を置いた哲学を示唆。オンロード走行時は、電気自動車ならではの高い静粛性による快適な室内空間を実現し、オフロード走行時は、モノコックボディによる意のままに操るハンドリングと、ラフロードを安心して滑走できる走破性を追求している。

スペックLAND CRUISER Se
全長5,150mm
全幅1,990mm
全高1,705mm
ホイールベース3,050mm
乗車定員7名
関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ 新型 3列シートSUV「ランドクルーザー Se」バッテリEVコンセプト 発表へ

レクサス BEVフラッグシップコンセプトモデル「LF-ZL」について

レクサスが2023年10月25日に発表した「LF-ZL」は、同日に発表された「LF-ZC」と同様に、今後の量産モデルを予告する可能性がある。将来のフラッグシップ高級モデルとして、LF-ZCよりも上位に位置する可能性もある。LF-ZLは、全長5,300mm、全幅2,020mm、全高1,700mm、ホイールベース3,350mmという巨大なサイズを誇り、完全にフラットなフロアで設計されており、乗員を楽しませるためのテクノロジーを満載したインテリアが備わっており、キャビンの運転席側には、ヨークステアリングホイールがあり、その左側にはシフターやさまざまな人間運転および自動運転モードを操作するための小さな縦型ディスプレイが付いている。同様の画面がホイールの右側に配置され、メディアコントロールが配置されます。フロントガラスの一番下にデジタル計器クラスターが配置されている。

LF-ZLは4人乗りとして設計されており、後部座席にはレッグレストとその間に小さな竹の仕切りを備えたリクライニングラウンジスタイルの椅子が備わっています。

「LF-ZL」は、レクサスの次世代BEVアーキテクチャーを採用したコンセプトカーです。このアーキテクチャーは、車体をフロント、センター、リヤの3分割した新モジュール構造「ギガキャスト」を採用。「ギガキャスト」は、従来の鋳造技術よりも形状自由度が高く、一体成形により締結部を低減できることから、剛性を高め、操作に対してリニアでより自然なフィーリングを実現します。また、車体ボディのセンター部分に電池を搭載することで、フロント、リヤは構造上の影響を受けず、電池の進化を素早く車両に取り込むことが可能。LF-ZLは、ドライバーのニーズを学習して予測し、ドライバーのモビリティエクスペリエンスをパーソナライズする、オペレーティングシステム「Arene OS」を搭載しています。Arene OSのパフォーマンスを最大限に活かすことで、高度な情報連携を行い、ドライバーのニーズを学び、先回りしてくれるサービス体験でトータルでの移動のパーソナライズを実現。さらに、LF-ZLは「Interactive Reality in Motion」という機能を搭載しています。この機能は、クルマに搭載されたセンサー類と社会のデジタル情報を連携させ、ドライバーが運転中に外の風景の中で気になった場所やモノを指さすと、その情報が車載ディスプレイに即座に表示され、音声案内を行う。

レクサス BEVフラッグシップコンセプトモデル「LF-ZL」ボディサイズ について

スペックLF-ZL
全長約5,300mm
全幅約2,020mm
全高約1,700mm
ホイールベース約3,350mm
関連記事

日産 「ニッサン ハイパーアーバン」EVコンセプトカー について

日産の新しいEVモデルは、ソフトウェアとハードウェアのアップデートによって、お客さまのさまざまな趣向に応え、より長く、より愛着を持って乗り続けていただけるように設計されている。本モデルは、ソフトウェアとハードウェアのアップデートによって、お客さまのさまざまなニーズやライフスタイルに応える、新たな価値を提供するEVモデルと言える。

ソフトウェアのアップデートによる進化

本モデルは、ソフトウェアを常に最新の状態にアップデートすることで、インテリアやエクステリアなどのデザインや機能性を向上させることができます。例えば、インテリア全体の雰囲気をリフレッシュしたいときには、最新のグラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)にアップデートしたり、好みにあわせてインストルメントパネルを交換したりすることもできる。

V2X機能による新たな価値の創出

本モデルは、バッテリーに蓄えた電力を自宅や店舗、オフィスなどに給電することができるV2X機能に対応している。これにより、クルマに乗っているときだけでなく、駐車時にもEVの機能を最大限活用することができる。

また、エクステリアは都会的なライムイエローのボディカラーを基調とし、スポーティーなシルエットと大径タイヤを採用することで、ダイナミックでモダンな佇まいを表現。インテリアは、万華鏡から着想を得た三角形で構成されたインストルメントパネルや、フロントシートのアレンジによって実現されるプライベート空間など、都市での生活空間に溶け込むデザインが特徴。これらの特徴により、本モデルは、お客さまのニーズやライフスタイルに応える、新たな価値を提供するEVモデルと言える。

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
日産 「ニッサン ハイパーアーバン」EVコンセプトカー 第一弾 発表

日産 EVコンセプトカーの第2弾「ニッサン ハイパーアドベンチャー」

「ニッサン ハイパーアドベンチャー」は、自然を愛し、環境に配慮したライフスタイルを楽しむアウトドア愛好者向けの素晴らしいSUV。

エクステリアは、ダイナミックなデザインのボディパネルがアクティブさを表現、特徴的な斜めのキャラクターラインが広々としたキャビンを際立たせている。フロントバンパーからフロントガラスに向かうエアダクトが空気の流れをスムーズにし、ルーフラインからサイドウィンドウ、Cピラーまでの統合デザインは高い空力性能を提供します。ホイールとフロント・リアバンパーは、スノーギアにインスパイアされた形状で、雪道や悪路を走る力強さを表現。

インテリアでは、ワイドなディスプレイがインストルメントパネル前方に設置され、フロントガラスに車外の状況を映し出すことで、運転中に開放感あふれる視界を提供し、車内外が一体化したような感覚を楽しめる。荷室空間は広々としており、テントや大量のアウトドアギアを積むのに最適。後部座席はボタンで180度回転し、登山やウィンタースポーツの準備がしやすいスペースに変化します。バックドアにはデザインと機能性を兼ね備えたステップがあり、車内から車外へのアクセスが簡単で、停車時やキャンプ中には後ろ向きのシートで景色を楽しむことができる。

日産 コンパクトクロスオーバー「ニッサン ハイパーパンク」EVコンセプトカー

日産が発表した「ニッサン ハイパーパンク」は、コンテンツクリエイターやアーティストなど、自己表現や創造性を重視するユーザーに向けたコンパクトクロスオーバーEVです。

  • 立体的で多角形を強調したエクステリアデザインは、クルマとデジタルの融合を表現しています。
  • 和紙や折り紙をモチーフとしたインテリアは、和のテイストを感じさせながらデジタルとアートが融合しています。
  • ヘッドレストにはバイオセンシングセンサーを内蔵し、ドライバーの気分を解析して、コンテンツの創作意欲をかき立てます。
  • 創作活動に必要なデバイスをいつでもどこでも充電できます。

日産 ハイパーパンクは、コンテンツクリエイターやアーティストなど、自己表現や創造性を重視するユーザーに向けた、先進的なコンパクトクロスオーバーEVです。立体的で多角形を強調したエクステリアデザイン、和のテイストを感じさせるインテリア、クリエイティブな活動をサポートするコネクティビティ技術など、多くの魅力を備えている。

日産 コンパクトクロスオーバー「ニッサン ハイパーパンク」エクステリア について

立体的で多角形を強調したデザインは、クルマとデジタルの融合を表現。空力性能やミニマルなデザインとは逆行するような、力強さを感じさせるスタイルは、他者とは異なる自己表現をしたいというオーナーのマインドと、新しい技術やデザインにチャレンジする日産のマインドを表している。ひときわ目を引くボディカラーは、見る角度や光の当たり方で色の見え方が変わりる。コンパクトなオーバーハングに23インチの大径ホイールを装着した安定感の高いデザインは、市街地もオフロードも走れる多用途なクルマの特徴を表現。

日産 コンパクトクロスオーバー「ニッサンハイパーパンク」インテリア について

和紙や折り紙をモチーフとしたデザインは、和のテイストを感じさせながらデジタルとアートが融合しています。車載カメラが撮影したクルマ周辺の景色の映像を、AIがオーナーの好みに応じて漫画調の景色や様々なグラフィックパターンの景色に変換して、コックピットに映し出します。ヘッドレストにはバイオセンシングセンサーを内蔵し、ドライバーの気分を解析して、照明や音楽を調整することで、コンテンツの創作意欲をかき立てます。

関連記事
JAPAN MOBILITY SHOW 2023 SUV

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次