トヨタ 86

Toyota 86
Toyota 86

86(はちろく)は、トヨタ自動車がSUBARU(旧・富士重工業)と共同開発したFRレイアウトのスポーツカー。走る楽しさを追及した「直感ハンドリングFR」コンセプトを実現するためSUBARUの技術を用いて、小型・軽量・低重心・低慣性を特長として企画・開発されたライトウェイトスポーツカーである。チューニングのしやすさから息の長い人気を誇るAE86型カローラレビン・スプリンタートレノ(ハチロク)に倣って過給や専用ハイグリップタイヤに頼らない設計で開発され、「自分だけの1台を楽しみながら育てる」「お客様とともに進化する」スポーツカーとして「86」と命名された。86はスバルとの共同開発車であり、開発技術は両社から持ち寄られており開発費も両社で折半されている。

TOYOTA 86 世代

初代 ZN6型

86は、トヨタがスバルと共同開発し、スバルが生産、トヨタが販売するFRレイアウトのスポーツカーである。2012年4月6日から販売。北米ではトヨタの若者向けブランドサイオンのFR-Sとしても販売。サイオンブランドの廃止により今回のマイナーチェンジで北米でも新型86として販売。2014年4月9日 一部改良6月2日販売。2015年2月10日一部改良4月8日販売。2015年7月13日 特別仕様車「GT”Yellow Limited”」を発表。

2016年で丸3年を迎え、10月のタイミングだと約3年半でのマイナーチェンジ。トヨタは新型86のマイナーチェンジを2016年7月5日発表、2016年8月1日発売した。スバルのBRZも同時にマイナーチェンジした。2016年3月23日から開催されるニューヨークモーターショー2016でマイナーチェンジを果たした、新型86を公開した。エクステリアはバンパーの変更を行い、イメージを一新する。新デザインのLEDヘッドライト。ヘッドライト内部のバッジに「86」のロゴ追加。バンパーLEDテールランプ。新デザインリアバンパー。新デザインのアルミホイール採用。ショックアブソーバーを変更。スプリングレートを変更。ヒルスタートアシストコントロール機能追加(坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進を実現します。)2017年9月4日一部改良を発表10月4日販売開始。2019年2月12日 特別仕様車「GT”British Green Limited”」が発表され、2019年5月31日までの期間限定で注文受付が開始された発売は7月下旬頃。2020年3月12日特別仕様車「GT”BLACK LIMITED”」が発表された。2020年6月30日 86のGAZOOモデル「GR」・「GR SPORT」が販売終了。

TOYOTA 86 スペックについて

スペック新型 TOYOTA 86
全長4,240mm
全幅1,775mm
全高1,320mm
ホイールベース2,570mm
エンジン2L 水平対向4気筒 エンジン
最高出力152kW(207ps)/
7,000rpm
147kW(200ps)/
7,000rpm
最大トルク212Nm(21.6kgm)/
6,400rpm〜6,600rpm
205Nm(20.9kgm)/
6,400rpm〜6,600rpm
トランスミッション6速MT6速AT
駆動方式FR
JC08モード燃費11.8km/L12.4km/L

TOYOTA 86 記事

トヨタ 新型 86 特別仕様車「GT“BLACK LIMITED”」86台限定モデル 2020年3月12日発売
トヨタ 新型 86 一部改良 特別仕様車「GT“British Green Limited”」 期間限定販売 2019年4月9日発売
トヨタ 新型 86 GR SPORT 追加 2018年7月2日発売
トヨタ 新型 86 一部改良 新色「ブライトブルー」追加 2018年3月13日発表
トヨタ 新型 86 GR マイナーチェンジにスポーツモデル追加 2017年11月21日発表 2017年12月18日発売
トヨタ 新型 86 マイナーチェンジ 一部改良 「GT“Limited・Black Package”」新設定 ブレンボ製ブレーキ標準装備 2017年10月4日発売
トヨタ 新型 86 GT“Solar Orange Limited” オレンジカラーの期間限定 特別仕様車 2016年11月14日発売
トヨタ 新型 86 マイナーチェンジ バンパー変更でフェイスを一新 2016年8月1日発売
トヨタ 新型 86 GRMN 徹底した軽量化 レスポンスアップ 100台限定販売 2015年12月21日発表
トヨタ 新型 86 & 86“style Cb” 一部改良 2015年4月8日発売へ