各社 安全装備や先進技術を比較

Toyota Safety Sense

国内の自動車メーカーは各社、安全技術を多く採用している。2021年現在では各社仕組みや機能に差があるがどの様な違いがあるのか?わかりやすくまとめてみた。購入する時の参考にして頂きたい。

各社の違いについて

日本国内ではトヨタ「Toyota Safety Sense」レクサス「Lexus Safety System+」ホンダ「Honda SENSING」日産「360° セーフティアシスト」スバル「アイサイト」マツダ「i-ACTIVSENSE」三菱「e-Assist」ダイハツ「スマートアシスト」スズキ「デュアルセンサーブレーキサポート」と各社名前やパッケージングに違いがある。

衝突被害軽減ブレーキ性能 違いについて

トヨタの「Toyota Safety Sense」は対車両、対歩行者、対夜間歩行者、対自転車と多くの検知を可能としており、全ての機能において他社を上回っている。

名称方式衝突軽減
ブレーキ
対車両対歩行者対夜間
歩行者
対自転車
Toyota
Safety
Sense
単眼カメラ+
ミリ波レーダー

(180km/h
以下)

(80km/h
以下)
Honda
SENSING
単眼カメラ+
ミリ波レーダー

(5km/h
以上)

(80km/h
以下)
360°
セーフティ
アシスト
単眼カメラ+
ミリ波レーダー

(80km/h
以上)

(80km/h
以下)
アイサイト単眼カメラ+
ミリ波レーダー

(180km/h
以下)

(80km/h
以下)
i-ACTIVSENSE単眼カメラ+
ミリ波レーダー

(80km/h
以下)

(80km/h
以下)
e-Assist単眼カメラ+
ミリ波レーダー
or 電波レーダー

(180km/h
以下)

(65km/h
以下)
スマート
アシスト
ステレオ
カメラ

(80km/h
以下)

(50km/h
以下)
デュアル
センサー
ブレーキサポート
単眼カメラ+
レーザーレーダー

(80km/h
以下)

(60km/h
以下)

安全装備 記事

トヨタ Toyota Safety Sense 搭載車種まとめ
トヨタ 既販売車のToyota Safety Sense機能アップグレードを開始 2020年9月10日から順次
トヨタ 新型 プリウス 一部改良 2019年12月発売
ダイハツ 急発進抑制安全装置「つくつく防止」対象車種について
2019年後半 買って乗って損しないだろう 話題の新型 車種まとめ
ダイハツ スマートアシスト搭載車 まとめ
ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?
先進安全技術 国内メーカー8社 徹底比較 違いについて
スバル アイサイト Ver.2 Ver.3 ツーリングアシスト 搭載車まとめ
日産 安全運転支援システム プロパイロットなど搭載車まとめ
マツダ i-ACTIVSENSE 搭載車まとめ
スズキ SUZUKI Safety Support 搭載車まとめ