スズキ 新型 スイフト 2018年次 RJC カー オブ ザ イヤーを受賞

スズキの新型「スイフト」が「2018年次 RJC カー オブ ザ イヤー」を受賞した。スイフトは、「2006年次 RJC カー オブ ザ イヤースイフト」「2011年次 RJC カー オブ ザ イヤー」を受賞しておりと3代連続しての受賞となった。

目次

「2018年次 RJC カー オブ ザ イヤー」の概要

2016年11月1日~2017年10月31日に発表された国産車が対象。2017年11月14日、栃木県「ツインリンクもてぎ」にて最終テスト&公開投票が行われた。

受賞理由

「スイフトシリーズはスポーツやハイブリッドもバリエーションにそろえ、幅広いユーザーに対応。特に6速MTのスイフトスポーツは、動力性能、操縦性も優れ、高いスポーツ性を持つ。独自の機構を持つハイブリッドは、5AGSともマッチングしたもので、利点の多いハイブリッドを廉価に提供した。」

1位 258点 スズキ 新型スイフト

suzuki swift

suzuki swift

2位 210点 ホンダ 新型N-BOX

N-BOX

N-BOX

3位 193点 マツダ 新型CX-5

CX-5

CX-5

4位 142点 ダイハツ 新型ミラ イース

ミライース

ミライース

5位 125点 トヨタ 新型カムリ

カムリ

カムリ

6位 122点 トヨタ 新型C-HR

C-HR

C-HR

スズキニュースリリース

あわせて読みたい

第27回(2018年次)RJC カー オブ ザ イヤー

あわせて読みたい
第27回(2018年次)RJC カー オブ ザ イヤー|RJC 日本自動車研究者 ジャーナリスト会議 日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(略祢RJC)は1990年4月に設立されました。 RJCは自動車工学に関する研究者およぴ自動車評論家あるいは自動車関係ジャーナリストとし...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる