日産 新型 リーフ E-Plus ハイパフォーマンスモデル 航続距離 最大JC08モード570km 2019年1月23日発売

Nissan-Leaf 日産
Nissan Leaf

日産はハイパフォーマンスモデル「リーフ E-Plus」62kWh駆動用バッテリー搭載モデルを2019年1月23日に発売した。

2019年1月12日 – 2019年1月27日に開催されるデトロイトモーターショー2019にて「リーフ E-Plus」量産モデルを世界初公開すると発表した。

リーフ 価格:324万3240円~399万9240円

リーフ E-Plus 価格:416万2320円~472万9320円

nissan-leaf

新型リーフ E-Plusについて

今回のフルモデルチェンジによりバッテリースペース確保を行い、更に大容量バッテリーモデルをラインナップに加える。現行型と同じく2種類のバッテリー容量から選択でき様になる。

新型モジュールを採用してバッテリーパックの密度を約25%向上させ、搭載セル数をこれまでの192セルから288セルに増加させた。2019年1月23日に発売される予定のハイパフォーマンスモデルの上級仕様の新「リーフ E-Plus」は具体的には現在のモデルの倍となる62kWh駆動用バッテリーを搭載しJC08モード570kmとなる。通常の新型リーフに比べバッテリーの大きさにより最低地上高は15mmダウンしている。エントリーモデルは40kWh駆動用バッテリーを搭載し、JC08モード400kmとなる。

200V充電で約16時間、100Vは約56時間で100%充電となる。(現行 200V充電で8時間、100Vは28時間で100%充電。)やはり、バッテリー容量が増えることで充電時間が増える。

200V急速充電器を使用することで80%まで充電するのにかかる時間(急速充電)は 40分で充電可能なのである程度はカバーできるだろう。

Nissan-Leaf

新型リーフ E-Plusのモーターについて

スペックリーフリーフ E-Plus
全長4,480mm
全幅1,790mm
全高1,540mm1,545mm
ホイールベース2,700mm
エンジン通常モデル
「EM57」型
ハイパフォーマンスモデル
「EM57」型
最高出力110kW(150PS)/
3283-9795rpm
160kW/
4,600-5,800rpm
最大トルク320Nm(32.6kgm)/
0-3283rpm
340Nm/
500-4,000rpm
乗車人数5人乗り
空力抵抗(Cd値)0.28
車両重量1,490-1,520kg1,670~1,680kg
普通充電6時間(3kW)/ 8時間(6kW)
80%まで充電するのにかかる時間
(急速充電)
40分
リチウムイオンバッテリー40kWh62kWh
JC08モード航続距離400km570km
WLTPモード航続距離322km458km

新型リーフ グレード価格について (2019年)

リーフ e+  62kWh
グレード価格
G4,729,320円
X4,162,320円
リーフ 40kWh
グレード価格
G3,999,240円
X3,661,200円
S3,243,240円
【リーフ】 #日産リーフ e+ 車両概要

新型リーフについて

日産は新型リーフのフルモデルチェンジを行い2017年9月6日発表し、2017年10月2日から日本で発売を開始した。アメリカ、カナダ、欧州をはじめ世界各国で2018年1月より販売を開始した。

価格 40kWh駆動用バッテリー搭載モデル:315万360円~399万600円

補助金を適用すれば275万円から。

新型リーフ エクステリア

低重心でスリークなプロポーション、そしてシャープでダイナミックなデザインを採用。優れたエアロダイナミクスとともに、スリークなシルエットとクールで先進的な表現が、EVらしい爽快な走りを予感させる。フロントには、日産のデザインランゲージであるブーメラン型のランプシグニチャーや、Vモーショングリルを採用。また、深みのあるクリアーブルーのフラッシュサーフェイスグリルや、リアバンパーのブルーモールディングなど、日産の電気自動車であることを表現した。

新型リーフ インテリア

シートやダッシュボード、ステアリングホイールなどには、日産の電気自動車であることを表現。
力強いブルーのステッチが施され、メーター内には7インチのフルカラー(TFT)ディスプレイを装備。ディスプレイは画面レイアウトを刷新し、セーフティ・シールドの作動状況やモーターの出力や回生状況を表示するパワーゲージやオーディオやナビゲーションシステムの情報などの主要機能を分かりやすく表示。ナビゲーションシステムには、「Apple CarPlay」が搭載される。

 

自律走行技術 ProPILOT(プロパイロット) パイロットドライブ 1.0搭載

 

Nissan-Leaf

更に目玉となるのが新型セレナに搭載される自律走行技術 プロパイロット1.0搭載今後より上のプロパイロット 2.0搭載される。

徐々に機能が追加されていく。

Piloted Drive 1.0

高速道路の単一のレーンを自律的に走行することが出来るのみである。

Piloted Drive 2.0

2018年にはレーンチェンジや道路上の危険を判断しての回避も出来るようになる。

Piloted Drive 3.0

2020年には市街の交差点を安全にナビゲート出来るようなるそうだ。

Piloted Drive 4.0

無人運転を可能にする完全自動運転だ。

日産の自動運転技術「プロパイロット」
体験、日産の自動運転車(Nissan's Autonomous Drive)/神奈川新聞(カナロコ)
日産の自動運転に注目!難易度の高い一般道でデモ走行を行った!

プロパイロット パーキング搭載

Nissan-Leaf

日産は新型リーフに、国産車初の本格的自動駐車システム「プロパイロット パーキング」を搭載すると2017年7月5日に発表した。駐車操作のすべて(アクセル・ブレーキ・ハンドル・シフト、さらにパーキングブレーキまで)を自動制御する。

【リーフ】100%電気自動車 #日産リーフ 「プロパイロット パーキング」を搭載!

e-Pedal搭載

Nissan-Leaf

アクセルペダルのみの操作で、発進、スピードアップ、スローダウン、停止保持が可能な「e-Pedal」搭載

【リーフ】100%電気自動車の #日産リーフ 、「e-Pedal」を搭載!

新型リーフのボディカラーについて

単色8色、ツートンカラーが6色の全14色をラインナップした。

単色

ブリリアントホワイトパール

スーパーブラック

ブリリアントシルバー

ラディアントレッド

タンジェリンオレンジ

ダークメタルグレー

オーロラフレアブルーパール

スプリングライトグリーン

ツートンカラー

ボディカラー×ルーフカラー

ブリリアントホワイトパール×オーロラフレアブルーパール

スーパーブラック×ダークメタルグレーメタリック

チャイナブルー×スーパーブラック

サンライトイエロー×スーパーブラック

ラディアントレッド×スーパーブラック

ブリリアントホワイトパール×スーパーブラック

リーフ グレードについて (2018年)

リーフ
グレード価格
G3,990,600円
X3,513,240円
S3,150,360円

S

ハロゲンヘッドランプ

電動格納式リモコンドアミラー

ウレタンステアリング

e-ペダル

フルオートエアコン

4スピーカー

16インチスチールホイール&ホイールカバー

インテリジェントエマージェンシーブレーキ

車線逸脱警報

進入禁止標識検知

X

Sに加えて

サイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー

本革巻きステアリング

乗る前エアコン

リモート充電

G

Xに加えて

LEDヘッドランプ

ハロゲンフォグランプ

プロパイロットパーキング

インテリジェントアラウンドビューモニター

インテリジェントルームミラー

電動パーキングブレーキ

プラズマクラスター搭載フルオートエアコン

ヒートポンプシステム

17インチアルミホイール

フロント&バックソナー

プロパイロット

後側方車両検知機能

後退時車両検知警報

車線逸脱防止支援システム

ふらつき警報

新型リーフ スペック

スペックリーフ
全長4,480mm
全幅1,790mm
全高1,540mm
ホイールベース2,700mm
エンジン通常モデル「EM57」型
最高出力110kW(150PS)/3283-9795rpm
最大トルク320Nm(32.6kgm)/0-3283rpm
乗車人数5人乗り
空力抵抗(Cd値)0.28
車両重量1,490-1,520kg
普通充電6時間(3kW)/ 8時間(6kW)
80%まで充電するのにかかる時間
(急速充電)
40分
リチウムイオンバッテリー40kWh
JC08モード航続距離400km
WLTPモード航続距離

新型リーフ 公式発表

自動運転を具現化したコンセプトカー「Nissan IDS Concept(ニッサン IDS コンセプト)」を東京モーターショー2015で公開した。これが次期リーフだ。ルノー・日産アライアンスの最高経営責任者のカルロス・ゴーン氏は、「2017 International CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」で行ったプレスカンファレンスにおいて、日産の電気自動車の新型リーフに半自律走行機能を搭載する見通しであることを明らかにした。

Nissan IDS Concept_08

Nissan IDS Concept

2017年5月18日(北米時間)に次世代リーフの最初のティーザーイメージを発表した。

2017年6月30日に新型リーフを2017年9月6日に発表すると新しいティーザーイメージと共に発表した。新型リーフに、国産車初の本格的自動駐車システム「プロパイロット パーキング」を搭載すると2017年7月5日に発表した。2017年9月6日 幕張メッセ「ワールドプレミアム記者発表」にて全世界に向けて発信。

第45回東京モーターショー2017(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて量産モデルを公開する。既にプロトタイプを使い、プロモーション撮影が行われており、モザイクのない車両のスパイショットの撮影もされている。

リーフについて

先代モデルは2010年12月に日本とアメリカで発売を開始している。2012年には世界で量販される5ドアハッチバック型の電気自動車である。

「リーフ(LEAF)」は、英語で「葉」を意味する「leaf」が由来となっており、植物の葉が大気を浄化することから車名に選ばれた。

バッテリーには、日産とNECの合弁会社であるオートモーティブエナジーサプライによって製造される、セル192個を直並列接続し90kW以上の出力を発生するラミネート型リチウムイオンバッテリーが採用された。充電に関しては、3相200Vの急速充電器の利用により、バッテリー残量警告灯が点灯した状態から電池容量の80%まで30分で充電することができる。単相200Vの普通充電の場合約8時間でバッテリー残量警告灯点灯から100%まで充電可能であり、基本的には200Vでの充電が推奨される。100Vの充電ケーブルは標準装備されず、オプション対応が可能であるが、充電器の仕様により単相100Vの普通充電ではおよそ28時間かかる。

2012年11月のマイナーチェンジでは、モーター類の軽量化に加え、バッテリーモジュールとケースの構造の合理化やその他のパーツの軽量化により、およそ80kg軽量化がなされている。現在の航続距離は24kWh駆動用バッテリーでJC08モードで228kmだ。

2015年12月に マイナーチェンジ を行い、大容量30kWh駆動用バッテリーにより
1充電走行距離JC08モード280kmへと伸ばした。

先代モデルはこの二つの駆動用バッテリーモデルがある。

衝突回避および衝突時の被害低減を支援する「エマージェンシーブレーキ」走行中の車線逸脱回避を支援する「LDW(車線逸脱警報)」を全車標準装備する。

26万台を超える世界で最も売れている電気自動車である。

日産リーフ

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf.html

日産
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019