スズキ 新型 ハスラー フルモデルチェンジ 2019年12月発表2020年1月発売

HUSTLER CONCEPTスズキ

スズキは新型ハスラーのフルモデルチェンジを行い2019年12月発表、2020年1月に発売する。スズキは2019年11月にティーザーサイトをオープンさせた。

現行モデル発売から丸5年でのフルモデルチェンジとなる。2019年10月24日~11月4日(プレスデー2019年10月23日〜24日)に開催される東京モーターショー2019で2代目の新型ハスラーとなる「HUSTLER CONCEPT」を披露した。

新型ハスラーについて

エクステリアデザインはキープコンセプトであり、ハスラーのヘッドライトは現行と同じ丸目となる。ボンネットの高さを20mm上げ、丸みがありながらも厚みと少し角ばったイメージとなり新型「ジムニー」に近いデザインとなった。

インテリアデザインは新型クロスビー(XBEE)やに近いデザインとなる。インテリアの質感もかなり高くアウトドアとスポーティな印象を受ける。特にダッシュボードの形状やナビ周りが特徴的である。ナビゲーションには9インチのナビを装備。残念ながら電動パーキングブレーキ&ホールドは非搭載である。

6代目新型ワゴンR採用されている、次世代軽量プラットフォーム「ハーテクト」を採用し骨格や主要部品を全面刷新し、高い剛性と軽量化を実現する。次世代軽量プラットフォーム採用により現行モデルよりも室内空間を広げることができる。

予防安全技術 SUZUKI Safety Support「デュアルカメラブレーキサポート」を現在採用しているが、新型ワゴンR などに採用される「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載。

エンジンは新型ワゴンRに採用されるマイルドハイブリッドを採用しモーターアシストする時間とモーター出力をアップ、最高出力2.2psから3.1psへと出力をアップさせることでより燃費性能を向上させる。

新型ハスラー デュアルセンサーブレーキサポート 搭載

単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして危険を回避する。

1.前方衝突警報機能 約5km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。

2.前方衝突警報ブレーキ機能 衝突の可能性が高まると、警報に加え自動的に弱いブレーキを作動させ、運転者に衝突回避を促す機能。

3.前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能 衝突の可能性が高いと判断したあと、運転者が強くブレーキを踏むと、

ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高める機能。

4.自動ブレーキ機能 衝突が避けられないと判断した場合に、自動で強いブレーキが作動し、衝突の回避、または衝突被害を軽減する機能。

誤発進抑制機能 ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避に貢献。前方約4m以内の障害物をステレオカメラで検知。停車、または約10km/h以下の徐行中、障害物があるにもかかわらずアクセルを大きく踏み込んだ場合に、エンジン出力を自動で抑えて急発進、急加速を抑制する機能。

車線逸脱警報機能 車線を外れそうになるとブザー音とメーター内の表示灯で警報。約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線の左右区画線を認識。車線を逸脱すると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。

ふらつき警報機能 車両が蛇行するとブザー音とメーター内の表示灯で警報。約60km/hから約100km/hで走行中、ステレオカメラが車線内での車両の蛇行パターンから、ふらつきと判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。

先行車発進お知らせ機能 先行車の発進をブザー音とメーター内の表示でお知らせ。停車時、先行車が発進して約4m以上離れても、自車が停止し続けた場合、ブザー音とメーター内の表示で運転者に先行車が発進したことをお知らせする機能。

新型ハスラー スペックについて

スペック新型ハスラー
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,665mm
ホイールベース2,460mm
エンジン660cc 直列3気筒
エンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒
ターボエンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒
ターボエンジン
エンジン最高出力52ps/
6,500rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
エンジン最大トルク6.1kgm/
4,000rpm
95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
モーター最高出力3.1ps/
1,000rpm
モーター最高トルク5.1kgm/
100rpm
バッテリーリチュウムイオン
電池
 
駆動方式2WD(FF)/4WD
JC08モード燃費33km/L28.0km/L27.0km/L
乗車定員4名

スズキ 新型 ハスラー「HUSTLER CONCEPT」から進化を探る!

ハスラーについて

軽トールワゴンとSUVの双方の要素を融合させた新ジャンルの軽自動車で、アウトドアやスポーツといったレジャーを好むユーザー、あるいはわだちや雪道といった起伏のある路面を走行する機会が多いユーザーを想定した、「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発され、クロスカントリー4WDのジムニーとの棲み分けを図っている。

5代目ワゴンRと共通のプラットフォームを用い、Aピラーを立ててルーフの長さと幅をとることでゆとりのある頭上空間を確保し、体感的にも視覚的にも軽ワゴン車と同等の室内空間を持たせる一方、軽乗用車としては大きめの15インチホイールを用い、サスペンションストロークの変更を行うことで最低地上高は180 mm(2WD車の場合。4WD車ではリアデフ下の175 mm)を確保。

hustler

現行ハスラー

スペックハスラー
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,665mm
ホイールベース2,425mm
グレードA
エンジン660cc 直列3気筒 エンジン
最高出力38kW(52ps)/6,500rpm
最大トルク63Nm(6.4kgm)/4,000rpm
グレードG
スペック660cc 直列3気筒 エンジン
最高出力38kW(52ps)/6,500rpm
最大トルク63Nm(6.4kgm)/4,000rpm
グレードG ターボ
スペック660cc 直列3気筒 ターボエンジン
最高出力47kW(64ps)/6,000rpm
最大トルク95Nm(9.7kgm)/3,000rpm
グレードX
スペック660cc 直列3気筒 ターボエンジン
最高出力38kW(52ps)/6,500rpm
最大トルク63Nm(6.4kgm)/4,000rpm
モーター最高出力1.6kW(2.2ps)/1,000rpm
モーター最大トルク40Nm(4.1kgm)/100rpm
グレードXターボ
スペック660cc 直列3気筒 ターボエンジン
最高出力47kW(64ps)/6,000rpm
最大トルク95Nm(9.7kgm)/3,000rpm
モーター最高出力1.6kW(2.2ps)/1,000rpm
モーター最大トルク40Nm(4.1kgm)/100rpm

2014年1月8日販売開始。

2014年11月11日

2014-2015年次 RJCカーオブザイヤーを受賞。

2014年12月25日

RJCカーオブザイヤー受賞記念特別仕様車「J STYLE」を発表2015年1月9日販売開始。

2015年5月13日

一部改良 5代目・後期型ワゴンR/ワゴンRスティングレーの一部グレードに採用されているISG(モーター機能付発電機)を備えた「S-エネチャージ」に置換。

JC08モード燃費 2WD車32.0km/L、4WD30.4km/Lとした。

2015年12月7日

一部改良(2型)特別仕様車「J STYLE II」を発売。

X、Xターボをベースに、精悍でSUVテイストを際立たせる専用の外観と上質な印象とした
黒基調の内装を採用し、車体色は専用のホワイト2トーンルーフ車を含め全7パターンの設定とした。

2016年12月8日

特別仕様車「Fリミテッド」を発売

2017年12月4日

スズキは新型ハスラーの特別仕様車「J STYLE Ⅲ」 「FリミテッドII」をランナップし発売する。カラーバリエーションを変更。

スズキ 新型 ハスラー「HUSTLER CONCEPT」東京モーターショー2019 出展

スズキ 新型 ハスラー「HUSTLER CONCEPT」東京モーターショー2019 出展
スズキは新型ハスラーのコンセプトモデル「HUSTLER CONCEPT」を「東京モーターショー2019」 に出展すると2019年9月30日に発表した。 第46回東京モーターショー2019を開催期間2019年10月24日~11月4日まで開催...

スズキニュースリリース

https://www.suzuki.co.jp/release/a/2017/1204/

スズキ ハスラー

https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/