MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

プジョー 新型 408 クーペクロスオーバー SUV 2022年6月21日発表

プジョーは新型クーペクロスオーバーSUV「408」を2022年6月21日(現地時間)発表した。クーペクロスオーバーSUVということで日本でも新型「クラウン」とライバルとなるだろう。

目次

プジョー 新型 408 について

最新のプジョーデザイン、新しいプジョーロゴバッジ、流行りのボディデザイン、クーペクロスオーバーSUVを採用

最新デジタルメーター、インフォテインメントシステムを採用。

プラグインハイブリッド車をラインナップ。

プジョー 新型 408 エクステリア について

408は、その名前が示すように、サイズが「308(ハッチバック)」と「508(セダン)」の間にあたる。EMPプラットフォームを採用。ボディサイズは全長4,687mm、全幅1,848mm、全高1,478mm、ホイールベース2,787mmとなる。4ドアと同じ基本レイアウト、スポーティなリフトバックリア、従来のセダンと比べて地上高が高くなっている。大胆な顔、後部ドアの異なる窓のデザイン、四角い後部のスタイリングとより断定的なラインによって特徴づけられるボディパネルを持っている。バンパー、ホイールアーチ、ドアの下の黒いクラッディングは、少し姿勢を作り出そうとします。超スリムなLEDヘッドライトは、その不機嫌そうな外観をフロントエンドのデザイン。

あわせて読みたい
プジョー 新型 308 / 308 SW フルモデルチェンジ 日本モデル 2022年4月13日発表 プジョーは、Cセグメントコンパクトカーの新型「308」および「308 SW」日本モデルを2022年4月13日発表し、受注を開始した。 【新型 308 / 308 SW フルモデルチェンジ エ...
あわせて読みたい
プジョー 新型 508 GT HYBRID / 508 SW GT HYBRID プラグインハイブリッドモデル追加 日本 2021年6月2日... プジョーはフラッグシップサルーン「508」にPHEV(プラグインハイブリッド)モデルの「508 GT HYBRID / 508 SW GT HYBRID」を日本にて2021年6月2日発売した。 【プジョ...
あわせて読みたい
プジョー 新型 508 フルモデルチェンジ 2代目 4ドアクーペ 日本 2019年3月20日発売 プジョーは新型「508」のフルモデルチェンジを行い2018年9月から順次世界各国で発売する。日本では60台限定車「ファーストエディション」を2018年11月1日に オンライン...

プジョー 新型 408 インテリア について

インテリアには、i-Cockpitに10インチの高精細タッチスクリーンインフォテインメントディスプレイが搭載。MirrorScreen互換性(Apple CarPlayおよびAndroid Autoとの互換性)、スマートフォンのワイヤレス充電、およびオプションの515ワットFOCALサウンドシステムを採用。ラジオ、エアコン、衛星ナビゲーション、車両設定、電話、モバイルアプリ、ハザード用の7つのエレガントなピアノキーが付属。ハイブリッドバージョンには、メニューの電気機能にアクセスするための特定のボタンもある。内燃モデルには、運転モードセレクターが標準で搭載、ドライバーは「ノーマル」「スポーツ」「エコモード」を選択できる。プラグインハイブリッドモデルの場合には「EV」「ハイブリッド」「スポーツモード」を選択できる。

プジョー 新型 408 採用 エンジンについて

ベースエンジンは1.2リッターのPureTechトリプルで、最高出力128 hp(130 PS)を生成し、8速オートマチックトランスミッションを介して前輪を駆動。0-100 km/h加速は10.4秒。

プラグインハイブリッドを採用。1.6LPureTechエンジンを組み合わせて、最高出力177 hp(132 kW / 180 PS)を生成。 最高出力109 hp(81 kW / 110 PS)電気モーター。合計出力はそれぞれ222 hp(165 kW / 225 PS)で、自動e-EAT8ギアボックスを組み合わせる。12.4kWhのリチウムイオンバッテリーを備えており、WLTPプロトコルに従って59〜60 km(37マイル)の電気範囲を可能。オプションの7.4 kW充電器(最大7.05)を使用すると、1時間55分で完全に充電できます。標準ソケットからの時間)。ハイブリッドモードでは、合計排出量は25〜26 g /kmC0²から始まる。

プジョー

https://www.stellantis.jp/peugeot

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次