正式発表 トヨタ 新型「クラウンスポーツ」のプラグインハイブリッドモデル「PHEV」追加 2023年12月19日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
crown sports

トヨタは新世代クラウンシリーズ第2弾となる新型「クラウンスポーツ」の待望のプライグイハイブリッドモデル「クラウンスポーツ PHEV」追加し2023年12月19日発売。価格は765万円(東京都補助金で約70万補助)。「クラウンスポーツ」を2023年10月6日に発売開始。まずはハイブリッドモデルを2023年10月6日に発売。価格は590万円の1グレードのみであった。

目次

トヨタ 新型 クラウンスポーツ PHEVについて

大容量リチウムイオン電池を採用し満充電状態でEV走行距離90km、ハイブリッド燃費20.3km/L、航続距離1,200km以上を実現。

スポーツシート、シートベルトまで赤の専用赤内装設定

パドルシフト採用

リアシートヒーター採用

フロント・リヤともにブレーキキャリパーに赤色塗装を設定

フロアトンネル部ブレース追加、ボディの最適な剛性バランス追求 前後ショックアブソーバーの摩擦特性と減衰力特性を最適化

エクステリアは「クラウンスポーツ PHEV」専用の21インチ大径広幅タイヤとマットブラック塗装を施した専用アルミホイールを採用。前輪は20インチベンチレーテッドディスクブレーキを採用しフロント・リヤともにブレーキのキャリパーに赤色塗装を施した。

インテリアは華やかなブラック&センシュアルレッドを運転席と助手席で左右非対称に配色。新開発の光輝材を入れた表皮を組み合わせることで強い陰影と鮮やかな発色を両立。フロント&リヤ席のシートベルトにも赤色を採用。赤いステッチを施したスポーツシートを採用した。パドルシフトを採用。

2.5Lプラグインハイブリッドシステムは出力密度の高い駆動用モーターを搭載。システム最高出力は225kW(306PS)に達し、モーターを最大限活用することでシームレスかつ力強い加速を実現。大容量リチウムイオン電池を車体中央の床下に配置。車内空間を損なわずに実用的なEV走行航続距離を備え、日常生活の大部分をEV走行でカバー。満充電状態でEV走行距離は90km、ハイブリッド燃費は20.3km/Lを達成ガソリンタンク容量も55Lを確保し、航続距離1,200km以上を実現。E-Four(電気式4WDシステム)によって余すことなく四輪に分配。卓越した走行安定性を実現するとともに、コーナリング中をはじめ、降雪時や雨天時の走行においても安心感を向上させた。SPORT Zグレードをベースにフロアトンネル部へのブレース追加など、ボディの最適な剛性バランスをさらに追求。そのつくり込んだボディ剛性に対して、前後ショックアブソーバーの摩擦特性と減衰力特性を最適化。路面状況や運転操作に応じ、ショックアブソーバーの減衰力を4輪独立で制御するAVSを採用、しなやかな動きと接地感のあるフラットな乗り味を実現。

普通充電時にパワースイッチをONにすると、外部電源の電力を利用してエアコンやオーディオの使用が可能になる「マイルームモード」を搭載。停電・災害時などの緊急時やアウトドアに役立つ、最大1,500W(AC100V)の外部給電機能を標準装備。普通充電に加え、急速充電を設定。充電時間も普段の200V用充電ケーブルを使った場合と比べ、約38分(満充電量の約80%)と大幅に短縮。クルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み“V2H(ブイツーエイチ)”も設定。災害などの停電時でも、頼れる“蓄電池”として活用できる。急速充電インレットに、外部給電機能(V2H)を設定し、V2H機器(別売)と接続することで、駆動用バッテリーに蓄えた電力を、家庭用電力として利用することができる。バッテリーにためた電力を外部に給電できる「EV給電モード」と、停電や災害などの非常時にクルマを電源として活用できる「HEV給電モード」を設定。

トヨタ 新型 クラウンスポーツ PHEV エンジン について

トヨタは新型「RAV4 PHEV」「ハリアー PHEV」(プラグインハイブリッドモデル)同様に新開発のプラグインハイブリッドシステム“THSⅡ Plug-in”を搭載「直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S +モーター(THSⅡ)」に大容量リチウムイオンバッテリー(リチウムイオン 電力量 8.8kWh)と強力なモーターを追加したモデルとなる。「RX450+」と同様のシステムとしシステム出力は225kW(306ps)となる、ハイブリッドモデルを172kW(234ps)上回る。EV走行のみの航続距離はWLTCモード燃費90km/Lハイブリッド燃費WLTCは20.3km/L航続距離は1,200km以上。

スペッククラウンスポーツ
RS(PHEV)
クラウンスポーツ
Z(2.5 ハイブリッド)
全長4,725mm4,725mm
全幅1,835mm1,835mm
全高1,690mm1,690mm
ホイールベース2,690mm2,690mm
エンジン直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
最高出力130kW(177PS)/
6,000rpm
137kW(186ps)/
6,000rpm
最大トルク219Nm(22.3kgmf)/
3,600-3,700rpm
219Nm(22.5kgm)/
3,600rpm
フロントモーター
最大出力
134kW(182ps)88kW(119ps)
フロントモーター
最大トルク
270Nm202Nm
リアモーター
最大出力
40kW(54.4ps)40kW(54.4ps)
リアモーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)121Nm(12.3kgfm)
システム出力225kW(306ps)172kW(234ps)
トランスミッション電気式無段変速機電気式無段変速機
バッテリーニッケル水素電池
8.8kWh
ニッケル水素電池
5Ah
駆動方式4WD
(E-Four)
4WD
(E-Four)
乗車定員5名5名
車両重量2,030kg1,800kg
WLTCモード燃費20.3㎞/L(4WD)21.3㎞/L(4WD)
EV航続距離90km/L(4WD)

トヨタ 新型 クラウンスポーツ PHEV 価格 グレードについて

「クラウンスポーツ PHEV」グレードは1グレードのみ。ちなみにハイブリッドモデルも1グレードのみである。

 グレードパワートレーン駆動
方式
価格
(10%)
SPORT RSリダクション機構付Series Parallel Plug-in Hybrid
(A25A-FXS 2.5Lダイナミックフォースエンジン)
E-Four7,650,000円
 グレードパワートレーン駆動価格
(10%)
SPORT Zシリーズパラレルハイブリッドシステム
(A25A-FXS 2.5L)
E-Four5,900,000円

トヨタ 新型 クラウンスポーツ について

新世代クラウンシリーズ第2弾となる新型「クラウンスポーツ」

全車4WDTNGA(Toyota New Global Architecture)新開発「GA-Kプラットフォーム」を採用。

新型エンジン「2.5L 直列4気筒 直噴エンジン(Dynamic Force Engine)+ハイブリッドシステム」と新開発のプラグインハイブリッドシステム“THSⅡ Plug-in”を搭載「直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S +モーター(THSⅡ)」を搭載。

最新バージョン「Toyota Safety SenseTSS3)」搭載。高度運転支援技術 Toyota Teammate[Advanced Drive]搭載。

メーターには「12.3インチ大型フル液晶デジタルメーター」を採用。

16代目となる今回は15代目を引き継ぐ形でエクステリアは今までの王道セダンではなく、クロスオーバーSUVスタイル化したの様な新しいデザインを採用。「クラウン」エンブレムは継続採用駆動方式は「FF」ベース、全車ハイブリッドシステムを搭載プラットフォームは「TNGA」に基づく「新開発 プラットフォーム」を採用。

「カローラ」「カローラツーリング」「カローラスポーツ」「カローラクロス」とラインナップしたことで一気にカローラ人気が出ている。そして値段に対してやはりいい車という印象が強いし見た目も良く印象がよくなった。「クラウン」ブランドも同様に復活を狙った新たなモデルとして今までにない進化を果たす

中島氏はプレゼンテーション内で車種の紹介した順番が「クロスオーバー」「スポーツ」「セダン」「エステート」という順番で紹介していた。更に、公開された車種を見ると、完成度が「スポーツ」が高い。また、「クロスオーバー」を元にスポーツへと変更した「スポーツ」を次のラインナップとすることは非常に自然のことである。

横からの画像を比較してもフロントはほぼ共通化、リアのデザイン形状がセダンとハッチバックの違いであることがよくわかる。呼び方を「スポーツ」としいるが、世の中的なシルエットで見ると純粋なクロスオーバーSUVということになるだろう。

トヨタ 新型 クラウンスポーツ と 新型 ハリアー 比較

新型「クラウンスポーツ」と新型「ハリアー」とのボディサイズを比較すると全高が「クラウン」の方が長いが全高が-130mm低くなっている。

スペック4代目
新型ハリアー
16代目
新型クラウン
スポーツ
全長4,725mm4,710mm-15mm
全幅1,835mm1,880mm+45mm
全高1,690mm1,560mm-130mm
ホイールベース2,690mm2,770mm+80mm
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
発表したばかりの新型「クラウン」実車を見てきた 早速レビュー 内外装は素晴らしい

トヨタ 新型 クラウンスポーツ エクステリアについて

フロント部分は独特なデイライト付きヘッドライトを採用する。「クラウン」エンブレムは継続採用リアは「LED リアコンビネーションランプ」を採用、薄くシャープなリアコンビネーションランプを採用。ボディカラーに今どきなツートン・カラーを採用する。駆動方式は「4WD」、ハイブリッドシステムまたはプラグインハイブリッドシステムを搭載プラットフォームは「TNGA」に基づく「新開発 プラットフォーム」を採用。シャシーをニュルブルクリンクで鍛え上げて「走る・曲がる・止まる」といった車両性能を大きく進化させている技術が継承される。21インチのアルミホイールを採用。

ボディカラーは、モノトーンカラー6色とバイトーンカラー5色を設定。新色の「サンドブラウン」と「ブラック」を設定する。

トヨタ 新型 クラウンスポーツ インテリアについて

インテリアは共通化しどの車種に乗っても「クラウンだね!」と思わせてくれるだろう。ディスプレイオーディオを一体化させた「アイランドアーキテクチャー」と呼ばれる島の様に配置するインパネデザインを採用。メーターには12.3インチ大型フル液晶デジタルメーターを採用。ナビゲーションシステムを「コネクティッドナビ」。「デジタルインナーミラートヨタ初「ドライブレコーダー(前後方)」を採用。ディスプレイオーディオのオプションとして「車内Wi-Fi」を設定

トヨタ 新型 クラウンスポーツ 安全技術について

先代モデルよりも機能を高めた次世代「Toyota Safety Sense」を採用する。先行車やカーブに対しての減速支援とステアリングの支援を行う、プロアクティブドライビングアシスト(PDA)を搭載。右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象となる。高度運転支援技術「トヨタチームメイト(Toyota Teammate)」共に走るというトヨタ自動車独自の自動運転の考え方「Mobility Teammate Concept」に基づいて開発した最新の高度運転支援技術を、MIRAIにも採用。ディープラーニングを中心としたAI技術も取り入れ、運転中に遭遇しうる様々な状況を予測し、対応することを支援。「Advanced Park」などを採用する。ブラインドスポットモニター[BSM]、パノラミックビューモニター[PVM]を標準装備、センサーを活用した安心降車アシスト[SEA]や後方車両接近通知・追突防止サポート機能も搭載されている。

クラウン「スポーツ」の名にふさわしい独自のサスペンションセッティングを施している

スポーツの名のもと、DRS(ダイナミックリアステアリング)を車両に合わせ最適にチューニング。低速域では軽快感を、高速域ではさらに安定感をバランスさせ、意のままに車両を操る楽しさを感じらる。

トヨタ 新型 クラウンスポーツ エンジンについて

トヨタは新型「RAV4 PHEV」「ハリアー PHEV」(プラグインハイブリッドモデル)同様に新開発のプラグインハイブリッドシステム“THSⅡ Plug-in”を搭載「直列4気筒 2.5L 直噴エンジンD-4S +モーター(THSⅡ)」に大容量リチウムイオンバッテリー(リチウムイオン 電力量 8.8kWh)と強力なモーターを追加したモデルとなる。「RX450+」と同様のシステムとしシステム出力は227kW(309ps)となる、ハイブリッドモデルを172kW(234ps)上回る。EV走行のみの航続距離はWLTCモード燃費93km/Lハイブリッド燃費WLTCは20.5km/L加速性能は0-100km/h加速6.0秒航続距離は1,300km

スペッククラウンスポーツ
RS(PHEV)
クラウンスポーツ
Z(2.5 ハイブリッド)
全長4,725mm4,725mm
全幅1,835mm1,835mm
全高1,690mm1,690mm
ホイールベース2,690mm2,690mm
エンジン直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S 
+モーター(THSⅡ)
最高出力130kW(177PS)/
6,000rpm
137kW(186ps)/
6,000rpm
最大トルク219Nm(22.3kgmf)/
3,600-3,700rpm
219Nm(22.5kgm)/
3,600rpm
フロントモーター
最大出力
134kW(182ps)88kW(119ps)
フロントモーター
最大トルク
270Nm202Nm
リアモーター
最大出力
40kW(54.4ps)40kW(54.4ps)
リアモーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)121Nm(12.3kgfm)
システム出力225kW(306ps)172kW(234ps)
トランスミッション電気式無段変速機電気式無段変速機
バッテリーニッケル水素電池
8.8kWh
ニッケル水素電池
5Ah
駆動方式4WD
(E-Four)
4WD
(E-Four)
乗車定員5名5名
車両重量2,030kg1,800kg
WLTCモード燃費20.3㎞/L(4WD)21.3㎞/L(4WD)
EV航続距離90km/L(4WD)

まとめ

新たな世代を取り入れるためにもセダンスタイルは昔の人に比べ親しみもかっこいいという感覚よりも古臭い、親父くさいなどという印象が強く、やはり「クロスオーバーSUV」とすることで高級な印象とデザインの印象を変えることで40代、30代の人に乗ってもらいたいという意欲を感じる。15代目をあえてマイナーチェンジを飛ばして16代目として4つのボディを全て「クラウン」車種とすることで客のニーズを答えつつ、「クラウン」をトヨタブランドとして残して行く意思と挑戦する気持ちを感じた。筆者としては「クラウンシリーズ」で一番魅力的に見えるのが今回の「クラウンスポーツ」なので市場の注目度も高いと思われる。購入を検討する人は発売日が近づいてきたらディーラーにて早めに注文受付をするべきである。更に全幅1,880mmというサイズは世界的に見れはそこまで大きくないが、日本国内で考えるとどうしても駐車的に少し制限があるので購入前によく検討してから購入してもらいたい。残りのモデルを1年以上かけて発売していくが、半導体の影響が今後更に続くことが予想されるため、苦戦を強いられることは間違いない。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
トヨタ 新型 クラウンスポーツ クラウンシリーズ第2弾 スポーツSUVモデル 2023年10月6日発売

トヨタ クラウン

https://toyota.jp/crown/

crown sports

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次